浮気調査において弁護士の役割とは?

浮気調査において弁護士の役割とは?

浮気問題を解決するには探偵社だけではなく、弁護士にも依頼する事になります。

但し、弁護士事務所では不貞の証拠を集める事は出来ませんので、浮気調査をして、確実な不貞の証拠を得ることが出来るのは探偵社となります。弁護士事務所の役割としては、集められた不貞の証拠を武器にして、法的に動いてもらうのが役割となっています。

探偵社と弁護士というのは密接な関係にあり、お互いの仕事がお互いの仕事をカバーし合える存在です。今回は「弁護士」が浮気問題に対してどのような働きをしてくれるのか、探偵社と弁護士の関係性についてなど紹介していきたいと思います。

1.弁護士って浮気調査はしてくれるの?

尾行

浮気調査を行うのは探偵社や興信所の役割

配偶者の浮気に悩まれている方は数多く存在しています。そんな方々の中にも、いきなり弁護士に相談して見ようと考える方が少なくありません。但し、弁護士というのはあくまでも依頼者が持ってきた証拠を使って、配偶者の浮気を証明してくれるものであって、証拠集めまではしてもらえません。

弁護士に出来る事は慰謝料についての相談や、子供の親権・養育費について、財産分与についてなど、法的な事であり、証拠を集める事は探偵社や興信所の仕事となります

証拠が掴めたら出来る限り弁護士に依頼すべき

証拠を持って弁護士に依頼をすると、弁護士は依頼者に出来るだけ有利に事が進むように、持ち込まれた証拠品を精査し、配偶者や浮気相手がどれだけ依頼者を苦しめたのかをしっかりと伝え、慰謝料の額を引き上げたり、親権を獲得出来るように動いてくれます。

それに加えて相手が逃げられないように強制的に支払わせるような手続きを行って貰えたりもします。なので、証拠をしっかりと掴んだからと言って、自分で話し合いによって解決しようなどとはせずに、しっかりと弁護士に依頼しましょう。

2.弁護士はあくまでも法律の専門家

浮気問題が発生したら、まずは不貞の証拠を探偵社で集めること

弁護士に相談に行った場合、証拠をどうやって集めればいいのか、どういった証拠を集めればいいのかなどアドバイスを受ける事は出来ます。そして「まずは不貞の証拠を集めましょう」と言われ、今後のどのような流れになるのか等の説明を受ける事が出来るでしょう。

あくまでも弁護士は調査業ではありませんので、まずは探偵社などに相談や依頼に行き、証拠を揃え終わった後に弁護士に依頼に行くとスムーズです。

しかし、弁護士が優秀な探偵社と関係を持っている場合もあります。そういった弁護士は日頃からその探偵社から依頼者を紹介して貰っている事が多いので、その探偵社はより有利な証拠を撮れる可能性が高いです。そういった弁護士を探してみるのも良いかもしれません。

逆に弁護士を紹介出来る探偵社も存在しているので探してみるとよいでしょう。

3.どうやって不貞の証拠を集めればいいの?

裁判などで慰謝料や有利な離婚を求めるのなら、不貞の証拠が必要になってきます。先述の通り弁護士は証拠の収集はやってくれません。その為、自分で調査をするか探偵社に依頼するかの2パターンがあります。

自分で調査をするのはオススメしません。必ず協力者が必要であり、車両なども必要です。カメラやGPSなどの機材まで揃えた上で、経験もなく調査をして発覚してしまったり警戒を与えてしまい、証拠の撮影が不可能になってしまったら元も子もありません。どうしてもやりたい場合には【探偵が教える】自分で浮気調査する為の完全マニュアルを参考にしてください。

弁護士に紹介をして貰ったり、自分で調べるなどして、信頼の出来る探偵社に依頼する事が一番です。ここで収集した証拠が弱ければ、いくら優秀な弁護士に依頼したとしても限界があるので、妥協することのないようにしましょう。探偵社や興信所を選ぶ前には探偵社や興信所に浮気調査を依頼する前にチェックすべき23のポイントを参考にしてください。

4.証拠が撮れたら浮気相手の素性を知ろう

愛人

必ず必要なのは氏名・住所・勤務先・家族構成

不貞の証拠が撮れたとしても、浮気相手がわからなければ意味がありません。というのも、慰謝料を請求する際に浮気相手の氏名(フルネームで漢字)や住所、勤務先などが必ず必要になってきます。探偵社に調査を依頼したら、必ず浮気相手の身元の割り出しまでをしっかりとやってもらいましょう。

又、家族構成も把握しておく必要があります。既婚者なのか独身か?によっては対応は変わりますし、実家住まいであれば別れさせる為にご両親への報告も検討していくからです。

その際に、配偶者のメールやLINEなどで浮気相手の名前などがわかっていれば、調査の成功率も上がってくるので、わかっていたら探偵社に情報提供しましょう。不貞の証拠と不倫相手の身元が分かれば、いよいよ弁護士に依頼をする事になります。

5.もし配偶者の浮気を探偵社を使わず「弁護士」のみに依頼したら

弁護士風

弁護士から大丈夫と言われても裁判所の判断は違う可能性がある

弁護士や探偵社に依頼しようと考える方のほとんどは、配偶者の浮気にほぼ確信を持っている状況であり、何かしらの証拠を掴んでいる事が多いです。しかし、不貞の証拠というのは、性行為をしている所であったり、性行為をしていると十分に考えられる様なものだけです。例えば、ラブホテルの出入りであったり、浮気相手宅に宿泊をした後の出入りなどに限定されます。

浮気調査をせずに手に入る証拠というのは、携帯電話内のメールやメッセージアプリ、2ショットの写真、ホテルなどの領収書といったかなり弱いものになります。そういった物を数多く集めることで、示談といった形で浮気相手からお金を請求することは出来るかもしれませんが、もし肉体関係を否定されてしまった場合、それ以上の追及は不可能です。そして浮気の疑いを持っていることが相手に分かった以上、それ以上の証拠集めは非常に厳しいものになります。

もしラインのやりとりや、個人写真などの証拠で担当した弁護士が証拠として大丈夫であると言ったとしても、最終的な訴訟段階において判断するのは裁判所となります。過去の判例では、ラブホテルに行っていることが分かっていたとしても肉体関係は無かった、という判例すらある程なので、やるなら水面下で徹底して調査し証拠を集めておくことをおすすめします。

不十分な証拠であったとしても大丈夫と言って受任してしまう大手弁護士事務所に注意

過剰な広告をかけ、不倫慰謝料請求の依頼を受けている弁護士事務所の中には、証拠が不十分であったとしても受任してしまうところがあります。受任した場合には、その後の結果がどうであれひとまず着手金をもらうことが出来るからです。

弁護士の報酬形態は着手金と成功報酬金に別れていますが、着手金で30万円から高いところだと50万円などかかってきます。仮に裁判で勝てなかったとしても、着手金や訴訟費用などを発生させて料金をとるところがありますので注意しましょう。

6.弁護士を使わずに自分で解決出来るのか

証拠を持っているのであれば絶対に弁護士へ依頼すべき

弁護士に依頼をせずに自己解決をしようとした時に、相手側だけが弁護士に依頼し弁護士に入れ知恵をされていると、とても危険なことになりかねません。話し合いの場を設けた時に、相手側に挑発的な態度をとられたり、反省の色を全く見せない時にあなたは冷静でいられるでしょうか。

感情的になってしまって、相手を中傷したり暴行を加えてしまうと、せっかく証拠をとって有利に進められるはずがあなたが有責と認められてしまうかもしれません。法律というものは完全ではなく、弁護士はより自分たちに有利にとれるような解釈をして、あなたを陥れようとするでしょう。最悪の場合、あなたが感情的になって相手を中傷したり、暴行を加えた所を撮影し、逆に慰謝料を請求されるという事もありえるのです。

なので、法律が大きく関わってくる離婚問題・慰謝料請求といった問題は、法律のプロである弁護士に依頼するべきで、料金はかかりますが、より多くの慰謝料を引き出して貰えるでしょう。

7.探偵社は弁護士の紹介もしている!

発見

浮気相手との示談交渉を探偵がやるのは法律違反

探偵社の仕事というのは浮気などの証拠収集であり、その後の離婚解決への道のりに関してはプロでは無く関わってもいけません(非弁活動)

非弁活動(ひべんかつどう)

法律で許されている場合を除いて、弁護士法に基づいた弁護士の資格を持たずに報酬を得る目的で弁護士法72条の行為(弁護士業務)を反復継続の意思を持って行うこと。

弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、異議申立て、審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。

違反すると「2年以下の懲役又は300万円以下の罰金」(同法77条)となる。また、弁護士法72条の規定に反する委任契約は無効とされる結果(最高裁判所昭和38年6月13日判決民集17巻5号744頁)、非弁行為によって支払われた報酬は返還請求の対象となる

この法律の趣旨としては、弁護士以外の人間による法律を扱う行為にはトラブルが発生する可能性が非常に高いので、知識と経験を備えた専門家である弁護士が行うべきであるという点です。

浮気相手との交渉をしてくれるといって交渉の場に一緒について行くと言われても、それは法律的にアウトである上、それにより決定したことであった場合には返還請求の対象となる為に意味が無いです。

経験豊富な探偵社であれば優良で経験豊富な弁護士を紹介出来る

確実により強力な証拠を収集する為に尽力しますが、その証拠を使って離婚問題を解決するのは弁護士の仕事です。しかし、証拠を撮って依頼者様にお渡しし、はいさようならではありません。

その為、探偵社では依頼者に満足して頂けるよう、また依頼者様が離婚問題を有利に解決し、人生の新たな一歩を踏み出して貰えるように、優良で経験豊富な弁護士を紹介するサービスを行っています。また、そういった弁護士を紹介出来るという事は、弁護士からも信頼されているという事でもあり優良な探偵社だと言えるでしょう。

8.探偵社と弁護士の密接な関係

注意

探偵社と弁護士というのはお互いにWin-Winの関係にあります。探偵社では証拠を集める事は出来ますが、法律を利用し依頼者を有利な離婚に導く事は出来ません。反対に弁護士は持ち込まれた証拠を使って依頼者を有利な離婚に導く事は出来ますが、その証拠を集める事は出来ません。

その為、探偵社では弁護士を紹介する事によって依頼者が弁護士を探す手間を省くことによってサービスの質を上げる事が出来、満足度を高める事が出来ます。弁護士側は依頼者の証拠が不十分だと感じた際、探偵社を紹介する事によって、より強力な証拠を使って戦う事が出来ます。そうすれば、成功報酬を採用している弁護士はよく多くの成功報酬を受け取る事が出来るのです。

お互いに紹介し合う事により、お互いの仕事量も増えて、依頼者の為にもなる、と良いことづくめなのです。

9.探偵社と弁護士は法律的に紹介料がとれない

弁護士と探偵社はWin-Winの関係だといいましたが、紹介料が発生するのではないかと心配された方もいるのではないでしょうか。実は弁護士などの法律関係の業者を金銭などの取引によって紹介する事は法律により禁止されているのです。その為、探偵社や弁護士はお互いを紹介する際に紹介料はとっていません、むしろとれないのです。その為、探偵社と弁護士は良きビジネスパートナーとして存在しているのです。

お互いに悪質な企業を紹介するわけにはいきません。その為、弁護士と密接な関係である探偵社や探偵社と密接な関係である弁護士は、より良質なサービスを提供している可能性が高いと言えるでしょう。

10.裁判では不貞の証拠が全て!

実際に証拠をとってから弁護士に依頼すると、どのくらいの料金がかかるのでしょうか。

探偵社の料金は会社によっても違いますし、何日間の調査で証拠を撮る事が出来たのかによっても違うので一概には言えませんが、だいたい30~40万円としましょう。それに加えて弁護士への依頼料ですが、着手金を払った後に成功報酬は実際に受け取る事が出来た慰謝料から16%~20%前後となっています。

相場ではだいたい合わせて40~60万円となっています。そこから考えると探偵社の費用と弁護士費用をあわせて70~100万円前後となります。高額に感じるかもしれませんが、回収可能な慰謝料の相場で考えるとそうでもありません。

11.探偵社と弁護士への依頼料が払えない場合

疑う

余程のお金持ちでなければ探偵社への依頼料と弁護士費用を支払っても全く問題ない、高いと思わないなどといった事はなく、ほとんどの人は高くてとても心配だと思われるでしょう。どうやってその資金を作りだすのでしょうか。その答えは慰謝料にあります。

弁護士では成功報酬制度をとっていることがほとんどです。この成功というのは、「慰謝料を獲得出来た」という事です。慰謝料さえ獲得出来れば、弁護士費用で赤字になるという事はまずありません。なので、弁護士費用を支払い、残ったお金で探偵社の費用をカバーし、余った分を貰えるといった形になります。

浮気が原因で離婚をするという前提ならば慰謝料は平均200〜300万円と言われています。その為、探偵社の費用と弁護士費用を支払っても十分に手元にお金が残ると言えるでしょう。

12.慰謝料は通常300万円から請求

お金が絡んでくるものには必ず「相場」というものがあります。慰謝料を請求すると言っても、いくら請求すればいいのか全くわからない人が多いと思います。裁判になった場合は弁護士の先生と相談して、請求額を決めていく事になりますが、裁判をせず示談になる場合は、慎重に請求額を決めなければなりません。

裁判をしない場合は当事者間の交渉によって決めることになります。請求する分には上限などはないので、弁護士と協力しながら、相手との話し合いによって決める事になります。

13.慰謝料が決まる過程には様々な要因がある

請求

慰謝料をどの程度請求できるのかというのは、様々な要因によって決まり、請求する際にはどういった要因でその金額になったのかという事を明確に示さなければなりません。では、どういった要因が慰謝料に影響を与えるのでしょうか。

代表的な要因は、元々の夫婦関係、子供の年齢などの状況、どの程度の期間浮気をしていたのか、浮気が発覚した後に反省しているのか、浮気によって夫婦関係が修復不能になった、子供に悪影響を与えている等です。

例えば、配偶者が浮気をし始めた時期に家庭内別居状態にあったり、実際に別居していた場合はどうなるでしょうか。こういった場合は、夫婦関係の破綻の原因が配偶者の浮気であるという事が難しく、慰謝料の請求が少額になったり、全く出来ない可能性もあります。

子供がいるかどうかも重要なポイントです

子供が居るのと居ないのとでは浮気が与える影響が違ってきます。その為、子供が居たほうが、慰謝料の請求額が高くなります。また年齢によっても変わってくるので、弁護士とよく相談しましょう。

浮気をしていた期間や配偶者と浮気相手がどの程度の関係なのかといったことも影響してきます。たった一回1~2時間ラブホテルに居る所を撮るのと、1ヶ月に3~4回行っている所を撮るのとでは慰謝料の請求額にも関わってきます。予算に余裕があるならば、探偵社に依頼した際に、複数回の不貞の証拠を撮って貰いましょう。

慰謝料の額というのは証拠の質や夫婦の関係によって全く変わってきます。しっかりした知識を持ち、信頼の出来る探偵社と弁護士に依頼することで、出来るだけ多くの慰謝料を請求できるようにしましょう。

まとめ

このように、浮気問題解決において弁護士というのはかなり重要な存在です。弁護士に依頼しなければ、探偵社に依頼して強力な証拠を得たとしても、高額な慰謝料や有利な離婚をすることは難しいでしょう。

探偵社と弁護士はお互いに足りない部分を補い合い、助け合っている良きビジネスパートナーなのです。浮気問題に悩んでいて、探偵社や弁護士に相談に行こうと思っている方は、相談に行った際、弁護士を紹介して貰えるのか、探偵社を紹介して貰えるのか、一度聞いてみるとよいでしょう。そこで紹介して貰えるようなら、優良な企業である可能性が高いと言えるでしょう。

探偵社への依頼料や弁護士費用を捻出する為にも、より多くの慰謝料を請求できる証拠を集め、より多くの慰謝料を請求できるよう戦ってくれる探偵社と弁護士のコンビを探し当てる事が出来ると、安心して依頼する事が出来るでしょう。

弁護士法人が運営している探偵社だと、弁護士費用を安くしてもらえます。又、弁護士が調査内容を監修しているので調査結果もきちんとした内容を提出してくれるでしょう。

浮気調査を頼もうとご検討中の方は、下記サイトを是非ご確認ください。

【探偵が教える】出来る限り浮気調査を安く依頼する為に知っておくべき11のポイント