探偵社や興信所が行う聞き込み調査の方法とは?

探偵社や興信所が行う聞き込み調査の方法とは?

探偵社や興信所による聞き込みは、主に行方調査や婚前調査などで行います。対象者の親族や友人、立ち寄り先の人に、対象者について変わったことが無かったか、どこにいった可能性があるかなどを聞いて回ります。婚前調査であれば本人や家族の評判(風評)を聞き出します。

ただ単純に聞けばいいというわけではなく、いかにして相手に真実を話してもらうか、有力な情報を引き出すのかが重要です。警察機関と違い、正式な捜査権限は無い上に、身分を明かしたり聴き込む目的を知られてはいけない分、非常に高度な技術が必要になってきます。

今回は探偵社や興信所が行う聞き込みの方法について紹介したいと思います。

1.探偵社や興信所が行う聞き込みに大切なことは誠意

聞き込み

聞き込みをするといっても、どういう風にするのか想像もつかないと思います。聞き込みをする時に大事な事は相手の立場に立つという事です。急に人を探していると言われても詐欺であったり、捜しだして危害を加えようとしているのはといった疑惑を持つのではないでしょうか。

また、誰々はどういった人物だったのか?その家族は近所からどのように見られていたのか等を疑惑をもたれることなく聞き出すことが、探偵社や興信所による聞き込みの重要なポイントです。

聞き込み先には最大限を誠意を示すこと

大切なのは相手に対して誠意を示す事です。まずは、服装にも気を使いましょう。あまりにもカジュアルすぎる格好をしていると、まともな人ではないと思われてしまいます。だからといってスーツを着ていくと、訪問販売や詐欺ではないかと疑われてしまいます。誠実な印象を持たれるスッキリと清潔感のある服装を心がけます。

次に人と話すときにはまず自分の名前を名乗ることが大切です。対象者から見て遠い立場の人には、探偵であるなど身分を明かして聞き込みをする事もあります。自分の親族や友人なら誰に対しても身分を明かしても問題ないでしょう。

2.礼儀正しく丁寧な会話で誠意を示し、聞き込みをする

当然ですが、聞き込みをする時は礼儀正しくしっかりと話をしましょう。探している相手が親兄弟であったりするとつい感情的になってしまい、一方的に話をしてしまう可能性があります。絶対に相手の話をさえぎらないように、冷静な気持ちで聞き込みをしなければなりません。

聞き込み時の必死な気持ちが相手を動かすこともある

相手が嘘をつく可能性もありますし、何か隠していると感じることもあるでしょう。だからといって無理やり聞き出そうとしてしまったら余計に話してはくれません。相手に必死で捜しているという気持ちが伝われば、相手も喋ってもいいと思うかもしれません。そういった思いを引き出すことが出来るように意識して聞き込みをしましょう。

3.聞き込み先には手土産や報酬を準備しよう

聞き込みをする相手によっては手土産を持っていくとより効果的です。絶対に持っていかなければならないというわけではありませんが、初めに名乗った後、手土産を渡せば相手の心が開きやすくなり、より有力な情報を引き出せる可能性が上がります。

また、有力な情報を話してくれた相手には報酬を渡すことも大切です。どんな情報でもただ話しただけだから、お礼は言葉だけで十分といったスタンスで聞き込みに臨むのはよくありません。

4.大人数での聞き込み調査は逆効果

NG

聞き込みをする時はなれていなければ心細いもので、不安だと思います。しかし、あまりにも大人数で押しかけてしまうと相手が怯えてしまったり、警戒を与えてしまいます。最多でも2人までで行きましょう。1名は女性だとより効果的です。男性はどうしても警戒されてしまいやすい傾向にあります。それに比べて女性はあまり警戒を与えずに聞き込みをする事が出来ます。

5.聞き込み調査には知識が必要

探偵が聞き込みをする場合、どうしても探偵だと明かせない事もあります。そういった場合にはなにか設定を作り、別の人間になりきります。アンケート調査をしているといったり、不動産業者だと名乗ったり、状況によって様々なキャラクターを設定します。しっかりと細部まで設定を練り、絶対にボロがでないようにしなければなりません。

6.間接的な聞き込み調査

聞き込みのテクニックとして、間接的な聞き込み調査があります。例えば、Aさん、Bさん、Cさんの3人がいたとします。その場合に以下のように聞き込みをします。

  • Aさんに対して:「Bさんは対象者に対してどう思っているのか」
  • Bさんに対して:「Cさんは対象者に対してどう思っているのか」
  • Cさんに対して:「Aさんは対象者に対してどう思っているのか」

といった風にあなたはどう思っているのかと直接聞かない事によって、聞き込みをした相手が周囲に聞き込みをされた事を話す可能性を減らす事が出来、なおかつ有力な情報を引き出しやすくなります。

婚前調査における風評を聞く際には、この手法を多用して評判を聞いていきます。

7.聞き込み時には探偵の観察力を発揮する

取材

探偵にとって観察力というものは、重要な能力の一つです。尾行にも役に立ちますし、もちろん聞き込みにも役に立ちます。話をしている時の相手の表情や目の動き、体の動きをしっかりと観察する事によって、何かを隠そうとしている、嘘をついているといった事が判る事もあります。その為には相手の一挙手一投足を見逃さず、相手をしっかり観察をする事です。

他にも、聞き込み相手の家を訊ねた時に玄関の様子や飾ってあるものを観察する事によって話の糸口を探す事が出来れば、聞き込みもスムーズに行えるでしょう。

8.聞き込み時における会話内容を考えよう

聞き込み調査をする時の会話の内容ですが、急に人を探していますと言われても相手は困惑してしまうだけです。一つの方法として相手の趣味の話などの世間話から始まり、少し打ち解けた上で本題に入るという方法があります。

そのタイミングですが、なるべく会話の初めの方にする方がいいでしょう。相手が警戒してしまわないうちに、世間話を振って打ち解けなければなりません。相手が警戒してから不自然に世間話を振っても余計に不振がられるだけで、逆効果です。一度相手に不振がられてしまってはそう簡単に話をしてくれるようにはなりません。

また、ボロを出さず、自分のペースで話を進めて行く為には、自分で作り上げた設定を細部までしっかりと作りこみ、必要な分野について勉強する事です。決して手を抜かないようにしましょう。嘘をついている事がバレてしまうと二度と本当のことを聞き出せなくなるだけではなく、周りの人にも言いふらされてしまい、聞き込みを出来なくなります。

9.聞き込み調査における失敗

聞き込み調査が失敗する原因として多いのは、対象者に近しい人物や近隣への聞き込みです。聞き込みをした先で対象者が現れて、出会ってしまうという事もあり得ます。

また、1人に対して長時間に及ぶ聞き込みはやめましょう。逆に質問攻めにされ、話さなくても良いことまで話してしまう可能性があるからです。それを防ぐためにも、聞きたい事や思いついた事を簡潔に相手に伝わるように話す事が重要です。相手を怒らしてしまったり、気分を損ねた場合は丁寧に謝罪し、場合によっては逃走する事も考えましょう。

まとめ

探偵にとって聞き込み調査というのはとても難しく奥が深い調査方法です。色々な知識が必要となるので、生半可な気持ちで聞き込みに行ってはいけません。しっかり勉強し、対象者の事で判っている事はしっかりと頭に入れておきましょう。

尾行調査よりも万全な事前準備が必要です。豊富な話題作りの為にも日々のニュースや教養を養っておく必要があります。しっかりと勉強しておけば自ずと自信がわいてきて、自信を持って聞き込みが出来ます。逆に言えば、聞き込みが怖い、不安だという気持ちが出るようなら、まだまだ準備不足と言えるでしょう。