GPSを使った調査は違法?浮気調査に活用する上で知っておくべき基礎知識

GPSを使った調査は違法?浮気調査に活用する上で知っておくべき基礎知識

探偵社では、車を使用する対象者を尾行する際にはGPSを使用する事が多いです。

主に磁石などで車底部のバンパーの隙間などに取り付けます。

このGPSは探偵社だけが使用できる物以外でも、性能は落ちますが個人でレンタル出来るGPSも存在しています。

GPSを車に設置しておけば、尾行をしなくても何処へ行っているのかをリアルタイムで知る事が出来て、尾行をする際には見失う可能性がかなり低くなります。

この調査に活躍するGPSについて違法性はないのか?という質問を受けることがよくありますが、これからGPSを利用する方は必ず知っておくべきことがいくつかあります。

今回はこの便利なGPSについてお話ししたいと思います。

1.浮気調査にGPSを使う事は違法ではないの?

なぜ

1−1.配偶者の車は夫婦の共有財産なので、GPSの取り付けに違法性は無い

GPSを使用する際に一番初めに気になる事は、犯罪ではないのかという事だと思います。

不貞の撮影が出来たのはいいけど、後にトラブルになったり、証拠として認められないのではないかという不安が大きいでしょう。しかし、GPSを使った調査が違法とみなされる事はほぼありえません。

というのも、配偶者の車は夫婦の共有財産であり、調査を依頼する側の承諾を得て取り付けることになるからです。

万が一GPSを使っていた事がバレたとしても、自分の仕業では無いと言い張り認めないことで、それ以上の追及はできないでしょう。GPSの所有者情報を探ることは非常に困難であり、よほどの犯罪性が無ければ開示することは難しいからです。

そもそもどの通信会社との契約による機種なのか?を把握することは、一般人では不可能に近いです。

1−2.探偵が特別に取り付けて良い、という権限も法律も無い

探偵だから認められているというわけではありません。探偵社は、探偵業を営む事が認められているだけで、他は一般の方と何も違いはないのです。

しかし、赤の他人にGPSを設置して、追跡していると違法とみなされます。その為、浮気相手の車に設置するのはやめた方がいいでしょう。あくまでも配偶者の使用車に設置して使用しましょう。

2.浮気調査にGPSは必須!?

考える

2−1.対象者の移動手段が車・バイク・自転車なら取り付けを検討する

車を使用しない対象者に対して、バレないようカバンなどにGPSを仕込むのはリスクが高くおススメはしません。また、GPSには必ず誤差が出ます。ピンポイントで反応する場所もあれば500mほどの誤差が出ます。

例えば、徒歩移動する対象者のカバンにGPSを仕込んだところで、その付近の建物を全て探すことが出来るか?というと繁華街などのビルが立ち並ぶところでは、対象者を探し出すことは不可能でしょう。

GPSを取り付けて調査をするのであれば、車やバイク、自転車だけにとどめておくことが現実的です。

2−2.GPSを取り付けたら1〜2週は放置してパターンを把握する

探偵社では車・バイク・自転車を使用する対象者にのみ設置して使用します。

設置した後は1〜2週間はしばらく様子を見ます。怪しいと思っていた時間帯にどこに行っているのかを確認しましょう。

その時間に見る事が出来なくても、一定時間ごとに自動で検索する機能を使えば、後で履歴を確認できます。

2−3.ラブホテルにおけるGPS戦略

ラブホテルに停まっている場合は、屋内駐車場が多いので、GPSの精度が悪くなっている事が多いです。ホテル街近辺で精度が悪くなっていたら、ほぼラブホテルだと思っていいでしょう。

ラブホテルに行っている事をリアルタイムで確認する事が出来れば、友人に協力してもらう等して、対象者が知らない車を使用し、そのラブホテルから出てくる所を撮影すれば、証拠として使う事が出来ます。

この際に重要な事は、写真ではなく映像で記録する事です。写真だと、出てきたその瞬間を捉えなければなりませんが、映像ならホテルの出入り口にビデオカメラを向けて、回しっぱなしにしておけば、目を離していても撮影する事が可能です。

GPSを使った調査は違法?浮気調査に活用する上で知っておくべき基礎知識

2−4.GPSの情報からラブホテルかどうかを判別する方法は?

GPSが反応している場所がラブホテルなのかどうか?については、グーグルマップを使用して確認することが出来ます。

GPSで反応している場所のグーグルマップを表示させた上で、付近にラブホテルが無いかを検索すればすぐに判明します。

ほとんどのラブホテルはグーグルマップに登録されているので、GPSが反応している近辺にあることを確認してから現場に向かいます。

2−5.慰謝料請求までを行うのであれば探偵社に依頼すべき

GPSを使用すれば、探偵社に依頼しなくても個人で不貞の証拠を撮影する事は十分可能です。

しかし、慰謝料を請求する場合には、浮気相手の居住先を判明させなければならないので、そこから尾行しなければなりません。

尾行が出来たとしても、浮気相手がマンションに住んでいた場合、不審がられる事無く一緒にマンションに入って、どこの部屋に入って行くのかを確認しなければなりません。

不貞の証拠が撮れたとしても、浮気相手の居住先を調べる際は、探偵社に依頼をした方がより安全に判明させる事が出来ます。

また、ラブホテルではなく浮気相手の家に行っている可能性もあります。仕事時間外に、身に覚えのない住宅街やマンションに停まっていれば十分怪しいでしょう。

GPSには若干の誤差があるので、実際に見に行かなければ特定は出来ません。この時にラブホテルの例と同じように不貞の撮影が出来れば、浮気相手の居住先の判明と、不貞の撮影が同時に出来ます。しかし、マンションの場合は、どこの部屋かを同時に判明させる必要があるので、不貞の撮影しか出来ない可能性もあります。

GPSを使った調査は違法?浮気調査に活用する上で知っておくべき基礎知識

3.スマートフォンをGPS代わりにして浮気調査を行う

携帯チェック

3−1.OSごとの専用のアプリをインストールしておき利用する

GPSは車に設置して使う物だと紹介してきましたが、車を使用しない配偶者の居場所をなんとか知りたいという方もいらっしゃると思います。そういった時は、スマートフォンのアプリで追跡するのがいいでしょう。

GPS機器を仕込んでいると、見つかる危険性が高いですが、本人のスマートフォンにアプリが仕込まれていれば、見つかる恐れはほとんどありません。

iphoneの場合は、元々入っているiphoneを探すというアプリがお勧めです。このアプリはなくしてしまったiphoneを別のiphoneやパソコンから居場所を探す為のアプリです。このアプリを使用するには、配偶者のAppleIDとパスワードが必要です。

ただし精度が非常に悪く、建物の中に居た場合には全く探り当てることは不可能でしょう。

3−2.最強の浮気調査アプリであるケルベロス

Androidの場合でもケルベロスを代表とするスパイアプリと呼ばれる、GPS機能を使用してその居場所を表示するようなアプリが複数存在しています。

特にケルベロスだと、アプリ表示自体を出さないように設定できたり、カメラを勝手に起動して撮影できたりします。誰と通信しているのかまで丸わかりなので、最強の調査アプリでしょう。

4.GPSの精度ってどのくらい?

GPSは周りの環境によって制度が変わります。

屋外を走っている時にはほとんど誤差はなく、10~50m程度の誤差になります。

しかし、屋外と言えど、山の中など携帯電話の電波状況が悪くなるような場所だと、GPSの精度も悪くなってしまいます。500m~数キロの誤差が出てしまうか、圏外になってしまってどこにいるのかわからなくなる可能性があります。

他には、地下駐車場や立体駐車場などの屋根のある駐車場に入っても精度が悪くなってしまいます。この場合は大体500m~1km程度の誤差になります。

しかし、逆に言うとそのくらいの誤差が出ていれば、地下か屋根のある所にいると判断出来るので、周辺の地図を確認すれば何処に停まっているのか予想がつくことが多いです。屋根のある所にいるという程度では圏外になる事はまずありません。

海や湖のそば、山の中や高度の高い場所は、特に誤差が出やすくなります。

5.浮気調査に使えるGPSはレンタル出来る!

喜び

5−1.GPSレンタルサービスの料金比較

探偵社では普段からGPSを使用していますが、探偵社が使っているGPSは浮気調査において利用しやすく改造されています。具体的には、バッテリーなどのハード面、多様な検索が可能なソフト面などです。

しかし、それほど高性能では無いものの手軽に利用出来るレンタルGPSもあります。個人で利用したい方向けに貸し出しをしている業者が多数存在しています。一般の方だと、不貞の証拠が撮り終われば使う事はほとんどないでしょうから、レンタルを利用するという選択になりますが、実際のところ想定していた以上の時間がかかり期間を延長した方が8割以上にのぼっています。

結局のところ2ヶ月以上の利用をした、という方が多いので、レンタルで2ヶ月借りるよりも購入した方が安上がりになった、となるかもしれません。

GPSにも種類は多数存在しており、移動が開始されるとメールで知らせてくれるといった物もありますが、レンタル品だと単純に検索だけが出来るというものがほとんどです。

5−2.GPSレンタル業者4社の料金比較

レンタルGPS業者の比較と購入した場合
期間 料金 特徴
A社 60日間 89,800円 紛失したら賠償金発生・利用者がバレる可能性あり
B社 60日間 69,800円 紛失したら賠償金発生・利用者がバレる可能性あり
C社 60日間 32,000円 品質が悪く使いものにならない
D社 60日間 74,800円 レンタル品では最も性能が良いが、紛失時の賠償金が高額
購入した場合 1年間 64,800円 紛失したとしても料金発生せず、利用者もバレない。性能も良い

レンタル品について業者によって料金は異なっていますが、大体2ヶ月で6万から8万円前後が多いようです。どうしても探偵社に依頼するようなお金が無いといった方は、GPSのレンタルを検討してもいいのではないかとは思います。

但し、比較表を見てもわかるようにレンタル品には「紛失したら賠償金が発生する」ことや「見つかった場合において利用者情報がわかる可能性がある」というようなデメリットがあります。

又、レンタル品の品質は一律という訳では無く、中にはリアルタイムで検索ができなかったり、精度が悪いものもあります。

5−3.購入してしまった方が料金的にも品質的にも良い

GPSを使った調査は違法?浮気調査に活用する上で知っておくべき基礎知識

GPSというのはずっと使い続けるような物では無いので、レンタルで利用したいと思われることがほとんどです。しかし、浮気の証拠を取ろうと思った場合において、大体平均が1ヶ月前後であることを考えると、購入してしまった方が料金的に安上がりになるという傾向があります。

購入した場合は調査期間がいくら伸びたとしても、1ヶ月程度の利用であれば料金もほとんど変わりません。長期になればなるほど料金がお得になっていく可能性がありますので、購入も候補として考えてみてはいかがでしょうか。

5−4.浮気調査の為にGPSを購入した場合のメリットデメリット

メリット

  • どれだけの期間を利用しても同一料金なのでじっくりと証拠を取ることが可能
  • レンタル品に比べて高性能なGPSを利用出来る
  • GPSがバレたとしても利用者情報が分からない
  • 機能面での使い勝手が良く、浮気調査に向いている

デメリット

  • 紛失・故障した場合には買い直しする必要がある
  • 1ヶ月以内の短期間使用の場合には割高になってしまう

購入した方が良い理由については、以下の記事に詳しく記載しています。

自分で浮気調査をする場合に使用するGPSは、レンタルよりも購入した方が良い8つの理由

まとめ

GPSを使う調査は、尾行の必要がないので、一般の方でも不貞の撮影が出来る可能性が十分にあります。違法だといって、その証拠が無効になるといった事はほとんどないので安心してください。しかし、堂々と「GPSを使った」とは言わない方がいいでしょう。

GPSはレンタルで気軽に利用する事が出来ますし、長期間利用する可能性があれば購入してしまうという方法もあります。家に届くとバレてしまう可能性があると心配なら、郵便局留めで送って貰いましょう。

今や探偵社とGPSは切っても切れない関係にあります。浮気調査を確実に成功させるためには必須といってもいいアイテムです。あなたもGPSを使って探偵気分を味わってみてもいいかもしれません。

参考:GPSを使って自分で浮気調査をする方法!

GPSを使った調査は違法?浮気調査に活用する上で知っておくべき基礎知識