夫に浮気がバレる前に!気付かれない為に妻が注意すべき10のポイント

夫に浮気がバレる前に!気付かれない為に妻が注意すべき10のポイント

夫が浮気に気づくパターンは複数存在しています。探偵社では依頼を受ける際、何故浮気をしていると思ったのかという事は絶対に聞いておきます。なので、探偵はどういった事で浮気がバレてしまうのか、よくわかっています。そして、男女においても気づかれるポイントは異なります。

もし現在、夫に浮気していることを疑われているような状態であれば、気を付けておくべきポイントが存在していますので、今回は探偵目線から、浮気がバレてしまわないようにする為の防止策を紹介していこうと思います。

夫が妻の浮気に気づくポイント・防止法

通話

①メール、LINE、facebookなどの通知

【ポイント】

メールやLINEなどで連絡を取っている事が発覚して依頼に来られる方はとても多いです。 携帯電話を盗み見されたり、通知が来て、知らない異性の名前だったりすると怪しまれてしまいます。

特にLINEは通知が来ると、相手の名前と内容が画面上に表示されるので、携帯自体にロックを掛けていても、通知が見えてしまってバレてしまう事もあります。

facebookでは新しい友達が増えると、全体に通知されてしまいます。本名で登録している事が多いので、相手の素性までわかってしまう可能性があります。通知をしない設定にしていても友達一覧には出てきてしまいます。

自分が投稿する内容に気をつけていても、相手が浮気がバレてしまうような事を投稿する可能性があるので、自分だけが気をつけていればいいというものでもありません。 

【防止策】

LINEの場合設定を変えることで、送り主の名前や内容が表示されなくなります。LINE自体にもロックをかける事が出来るので、本体のロックとは別の暗証番号を設定しておくと、怪しまれてしまう可能性はありますが、確信には至らず、最悪の事態は免れるでしょう。 

facebookの場合、そういった関係にある人は友達登録をしない事が一番重要です。実際に探偵の調査では、対象者のfacebookは必ずチェックします。そこで浮気相手がわかってしまうことがよくあります。

投稿内容を友達以外には見せない設定にしていても、友達一覧は見ることが出来るので、浮気相手は絶対に友達登録をしないようにしましょう。

②携帯の持ち歩く頻度

【ポイント】

浮気調査の依頼の中でも、携帯電話を肌身離さず持っていて怪しいと言う依頼者様がよくいます。携帯電話の内容を見られてしまうと浮気がバレてしまうといった恐怖から、トイレや風呂場までも携帯電話を持っていくと怪しまれてしまいます。

携帯電話の中身を見られてもバレないようにして、携帯電話を見られても構わないといった態度を見せることで、配偶者も安心するとともに、携帯電話を盗み見しようとは思わないようになっていくでしょう。 

【防止策】

メールやLINEは勿論、スケジュールやカレンダー、写真や動画など浮気の痕跡が残ってしまうようなものは絶対に消しておきましょう。連絡まで取れなくなってしまうと不便になると思うので、連絡先は同性の仮名にして登録するなど工夫して登録しておきましょう。

それでも怪しまれてしまい、電話をかけられるといった事もあるので、できるだけ電話番号は登録せず、暗記しておくといいでしょう。それでも写真や動画を残して置きたいなら、写真や動画を隠して置けるようなアプリもあるのでそういったアプリを利用する事も有効です。

③カレンダーやスケジュール帳アプリ

卓上カレンダー

【ポイント】

仕事の予定や休日の予定などを携帯電話のアプリなどで管理している人も多いでしょう。その中に浮気相手とのデートなどを記していて、それを配偶者に見られてバレてしまうということもあります。

【防止策】

夫とのデートをデートなど直接的な表現で記していることは言語道断ですが、マークや食事と書いていても十分に怪しまれてしまいます。定期的であったり、頻繁に同じマークや、友人との食事といった風に書いているとバレてしまいます。

そういった予定はなるべく記憶しておく事が一番です。どうしても記憶出来ない場合は、Gmailなど、携帯を見られたとしてもバレないようなメールサービスの下書きなどに書いておけば、バレる事はまずないでしょう。この同じGmailアカウントを共有し下書きでやりとりする方法は一時期テロ組織が実際に仲間間のやりとりで使用していました。

セキュリティー

④やたらと休みの日の予定を聞いてくる

【ポイント】

浮気相手と安心してデートをする為に配偶者の予定をしつこく聞いてしまうと、怪しまれてしまいます。聞くにしても、さり気なく聞き、なぜ?と聞き返された時の言い訳がないと怪しいと感じてしまいます。

【防止策】

相手にバレないようにカレンダーや手帳などの予定を見たり、既にわかっている配偶者の予定に合わせてデートをする等、自分の都合だけを考えるのではなく、配偶者に合わせて予定を組んだ方が、スムーズに安心してデートを出来ます。

⑤下着の好みが変わる

浮気

【ポイント】

日頃付けている下着のタイプが急に変わってしまうと、すぐに怪しまれてしまいます。付けていなかったとしても、洗濯物やタンスの中を見られて、見知らぬ下着が入っていると怪しいので、別の場所に隠しておくなど対応が必要になるでしょう。

特に女性が浮気を始めると、顕著に出るのが下着の変化であり、夫に気づかれるポイントの一つです。

【防止策】

タイプの違う下着を買ったとき、自分から配偶者に見せて、感想を聞くというのも一つの手です。夫が自分の為に買ったと思ってくれる可能性があります。隠して置く場合は、夫が居ない内に洗濯をして、普段は夫の目の届かない所に隠しておき、着替えを見られないようにするか、家以外の場所で付け替えるなどすれば、バレる可能性が低くなります。

洗濯物の中に入れておいた下着をチェックされ、精液のようなシミを確認する方もいらっしゃいますので、コインランドリーなどで洗濯出来るのであればそうした方が良いでしょう。

⑥音楽の趣味が変わる

【ポイント】

特に女性は音楽の趣味が付き合っている相手によって変わってしまいがちです。一般的にも付き合っている相手によって変わる事はよくあることだと思われているので、急に音楽の趣味が変われば十分に怪しまれてしまうでしょう。

【防止策】

音楽の趣味が変わったとしても、CDなどは買わず、スマートフォンなどを使って聞くとバレにくいです。どうしても家で聞きたい場合はイヤホンを付けるなど、相手に聞こえないように聞くことが大事です。一番は夫の居る所では、元々自分が好きだったジャンルの曲だけを聞いておく事です。一緒に住んでいる分自分の変化には夫はすぐに気づいてしまうので、音楽なども十分に気をつけましょう。

⑦手帳の記載

【ポイント】

女性の浮気がバレる理由で最も多いのが手帳です。手帳に記載されている文章や意味深なマークなどを夫が発見し浮気の確信を持たれることが多いです。

生理的な面での確認の為に手帳をつけられる方は多いですが、そこに浮気に関することを記載してしまうことでバレています。

【防止策】

手帳には浮気に関する事実を一切書かないことです。ハートマークが定期的に書いてあったり、アルファベット1文字だったり、浮気相手の住所を書いていたりすることでバレていますので、一切記載しないようにしましょう。

⑧洋服の系統

服装

【ポイント】

洋服は隠しにくく、系統が変わってしまうとすぐに気づかれてしまいます。特に定期的に浮気をしている場合、ある曜日だけ違う系統の洋服を着るなどしていると、不自然になり、すぐに気づかれてしまうでしょう。 

【防止策】

付き合っている相手の好みの服装をしたいのはわかりますが、曜日が決まっているなど、一定の法則を持ったような着方は避けたほうがいいでしょう。買ってきた際、配偶者に見せて感想を聞くのも一つの手です。感想を聞くだけではなく、夫と出かける際にも着ていくなど、悟られないようにしましょう。

友達のプレゼントと言っておけば、その友達と出かけるので着ていくといった言い訳も出来るので、有効です。やはり一番は、浮気相手に我慢してもらい、いつも通りの服装で行くことです。浮気相手が一人暮らしなら、相手の家で着替えて、服を置いてもらって置くのもいいでしょう。

⑨ホテルのアメニティグッズ

【ポイント】

ホテルには歯ブラシやヘアゴム、化粧水、タオルといった便利なアメニティグッズがたくさん置いてあります。一見普通の物でも、ロゴが入っていたり、入っていなかったとしても、見知らぬ道具が置いてあると怪しまれてしまいます。 

【防止策】

決して持って帰らないという事に尽きます。アメニティグッズなどは不貞の状況証拠にもなってしまいかねません。どれだけ上手い言い訳をしたとしても、夫に怪しまれてしまったら元も子もありません。アメニティグッズは使い捨てが出来たり、便利なのはわかりますが、絶対に持って帰らないようにしましょう。

ホテルのアメニティグッズがパートナーに見つかったというケースは、女性よりも圧倒的に男性の方が多いです。

⑩クレジットやICカードの履歴

レシート

【ポイント】

クレジットカードやICカード、ETCカードなどは、毎月履歴が家に送られて来ます。それを見られて、バレるというのはよくあることです。郵送だけなのか、携帯電話やパソコンからも見ることが出来るのかなど、チェックするポイントはいくつかあります。 これらのカードは何に使ったかだけではなく、どこで使ったのかもわかるという事を頭に入れておきましょう。

【防止策】

一番は使わない事ですが、 どうしても使いたい場合は、自分が何と言って家を出てきたのかをよく思い返して、矛盾するような場所やお店などでは使わないようにしましょう。家を出て来る理由は嘘をついたとしても、行き先は本当の事を言っておけば、より利用しやすくなります。

特にETCカードの履歴でバレてしまう事が多いので、十分に気をつけましょう。夫に嘘の行き先を教えている場合は、ETCカードは使わずに、現金で高速道路を利用しましょう。高速道路のゲートがETC/一般になっている所はETCカードが優先されてしまうので、車に乗った時にETCカードは抜いておかなければなりません。

まとめ

特に付き合い始めなどは舞い上がってしまい、夫の事がよく見えなくなっていると思います。急に携帯電話を肌身離さず持っていたり、趣味嗜好が変わってしまったりすると怪しまれてしまいます。少しでも怪しいと感じさせてしまうと、あなたにバレないようにfacebookやLINEなどのSNSをチェックしたり、普段は見なかったとしても、手帳や各種カードの履歴などを見るキッカケになってしまいます。しっかりと意識して、今まで通りの生活を続けることが一番です。

夫などもうどうでもいいと思っているかもしれませんが、もし浮気がバレて夫が探偵社に依頼し、不貞の証拠を取られてしまうと、莫大な慰謝料を支払わなければならなくなったり、離婚の際に子供の親権も相手に取られてしまう可能性が生まれるなど、かなり大きなリスクを背負ってしまっているという事をしっかりと認識しましょう。

しかし、一番は浮気をしない事です。夫の事が嫌になり、別の人と付き合いたいと思っているなら、しっかりと夫と話し合い、離婚が成立した場合に、別の人と付き合い始める事が一番です。原因が夫の浮気やDVなどであれば、しっかりと証拠を取ることで有利な離婚が成立します。バレないように気を使って、不安に思いながら付き合わず、独り身になってなんの不安もなく付き合って行ったほうが、より良好な関係を築くことが出来るはずです。

私達探偵は浮気により家族が崩壊していくのを数多く見ています。浮気により最も傷つくのは子供です。両親の不仲や不倫の事実を知ることは、大きな精神的ショックを与えることになり、後々の人生に大きなトラウマを残してしまうことになります。しつこいようですが、浮気には大きな代償が伴うからこそどうしても継続したいのであれば離婚することをまずは優先して行動していきましょう。

夫に浮気がバレる前に!気付かれない為に妻が注意すべき10のポイント