浮気している人がよく使う嘘とそれを見破る方法まとめ

浮気している人がよく使う嘘とそれを見破る方法まとめ

全ての男女に当てはまるわけではありませんが、交際相手にうまく隠し切って、浮気をしている人もいます。

最近パートナーの残業や付き合いが増えて、以前より帰りの遅い日はありませんか?一緒にいる時に電話が鳴って、よそよそしく席を外す事はありませんか?

自分たちは上手くいっていると思い込んで安心しきっていると、こんなわかり易い変化も、相手の言葉を信じて見逃してしまうかも知れません。今回は浮気する人がよく使いがちな嘘のパターンと、それを見破る方法をまとめてみました。

浮気をすると当然行動が変わる

浮気している人がよく使う嘘とそれを見破る方法まとめもし付き合っているパートナーが浮気をすると、無意識に少しずつ行動が変わっていき、相手の身の回りに変化が起きてくるものです。まずそうした浮気のサインが出ていないか、思い返してみるのも良いでしょう。

1.ファッションや髪型の好みが変わってきた

あなた以外の異性の好みに合わせている可能性があります。普段の会話や出来事の中で、相手の好みが変わってきたことに心辺りがない場合、他に異性の存在があるのも理由の一つかも知れません。あくまで可能性ですが、意外な趣味が増えたり、部屋の中に新しい物が増えたりした時も気を付けるポイントです。

2.デートコースが変わってきた

これまでのデートコースから少しランクが下がってきて、あきらかに出費を抑えでしていると感じたら浮気の可能性があります。単純に他に異性がいれば、デートやプレゼントの回数は増えるので、当然お金もそれだけかかります。また、デート内容にも変化があったら気を付けましょう。極端に趣向が変わった時は要注意です。あなたとのデートで、レストランやデートスポットの下見を兼ねている場合もあるからです。

3.おひとり様の予定が増えた

残業や飲み会などありがちな口実に加えて、おひとり様の予定が増えてきたなと感じたら、これは浮気のサインの可能性があります。複数人での口実を理由にすると、共通の友人がいる場合や、忘れた頃に話を持ち出された際、辻褄があわなくなるケースもあります。自分で自分の首を絞めてしまいかねません。「買い物に出かける」だとか「仕事の調べ物で図書館へ」などの理由で、おひとり様の予定が増えたら浮気を疑うポイントです。

浮気をする原因は何?

1.異性として見れなくなった

付き合ってマンネリを迎えたカップルや、結婚をして子供が出来た夫婦にありがちな理由です。付き合っている期間が長くなってきて、お互いの認識が徐々に変化してくるのはすごく自然な事です。夫は妻のことを子どもの母親として意識するため、女性として見る機会がなくなってしまい、長年連れ添うと妻も夫を異性というより家族として認識するようになります。こうした夫婦は「家庭は家庭」と考えて、外に割り切った関係を求めてしまうのが原因のひとつとして考えられます。

2.時間などのすれちがい

共有できる時間が減っていくので、コミュニケーション不足から寂しさを感じた、関心が薄れてしまったなどの理由で、すれちがいは浮気に発展する原因となってしまいます。こういったシチュエーションでは、寂しい気持ちを紛らわせるために、常に相談に乗ってくれる身近な異性と恋に落ちてしまったり、職場の同僚のような、自分の置かれている環境にあった相手と浮気をする傾向にあります。

3.恋愛経験が少なかった

今のパートナーと知り合うまで、あまり異性と恋愛をしてこなかった人にありがちな理由です。ある年齢になると、落ち着く前にもっと他の人と恋愛をしておけば良かったという後悔の念から浮気をすることがあります。また、パートナーに不満が溜まっている時に出会った違うタイプの異性に、興味を持ってしまい気が付いたら好きになっていたなどは、恋愛経験の少なさからくる原因と考えられるでしょう。

浮気でよくある嘘は?

あくまでも疑わしい、浮気の可能性がある、といった前提では一般的にどういった嘘があるのでしょうか?ありがちな嘘についてみていきたいと思います。

嘘その1「友達と~」

他の異性と会うときにもっとも多くつかれる嘘かも知れません。「友達と飲みに行ってくる」「友達の家に泊まりに行っていた」「友達と旅行に行ってくる」など、付き合っているパートナーがいても友達と出掛けるのは全く普通の事ですが、友達付き合いを理由に出かける頻度が増えたら、誰と何処に?とか何の付き合い?くらいちょっと詳しく話を聞いておいた方が良いでしょう。

こういう場合は共通の友達を作っておくのがポイントで、もし相手が友達をアリバイ作りに使っていたら、後々話の裏をとる時に役に立ちます。非常に疑わしいと感じたら、少し時間をおいてもう一度同じ質問をしてみましょう。

嘘その2「仕事で~」

二人の約束で予定を急に変更したり、キャンセルしてきたりした時に「仕事がまだ終わらない」「取引先と打ち合わせがある」「急な出張に行かないといけない」など仕事を口実にされては、つい遠慮をしてしまいがちかも知れません。

パートナーの同僚に知り合いがいれば確かめようもありますが、そういった人がいない場合は、仕事内容について「どういった仕事を任されているのか?」「打ち合わせの相手は?」「出張先の予定は?」などとそれとなく一歩踏み込んで聞くことが必要です。

やはり普段の会話が違和感や変化を感じ取るポイントでしょう。また、電話で不自然に席を外したり、携帯電話の画面を下に向けて置いたり、用心深くなったら要注意です。

嘘その3「浮気なんて~」

パートナーの浮気を疑っていて、確信を得る前に気持ちを打ち明けてしまった時に「浮気なんてしてない」「浮気なんてする筈がない」「私の事を信じてない」と否定されても、すぐに引き下がってはいけません。証拠を掴まれていないと察したら、当然そんな簡単に認めるわけはありません。

まず少し冷静になって、過去に疑わしいと思った出来事をそれとなく振ってみて、帰ってきた返事に「あれ、あの時は~さんと」みたいに軽くカマをかけて相手の反応を見てみましょう。もし本当に心当たりがあれば、必要以上に強く否定したり、話題をすり替えてきたりと仕草や言動におかしな点が出てくるかも知れません。

嘘を見破る方法は?仕草編

1.目は口ほどに物を言う

昔からことわざに「目は口ほどに物を言う」とあります。いざ相手の反応を見る時は、視線や目の動きを注意深く観察するのも、嘘を見破るのに役立つでしょう。たとえば一般的に、男性はやましいことがあると視線を逸らし目を合わせないようにするのに対して、女性は相手の目をじっと凝視して視線を合わせてくる特徴があるそうです。

また視線の置き方の他にも、動揺して目が泳いだり、驚いて目が皿になったり、腹をくくって目が据わったりと、目の動きから心理を読み取る事もできるので、まずは視線や目の動きをチェックしてみましょう。

2.口調に変化がある

パートナーに浮気を疑っていると言葉を投げかけた時、相手の口調にいつもと違いはありませんか?普段よりやたら早口になったり、饒舌に聞いてもいない事を口走ったり、図星を突かれて声が裏返ったりしていませんか?

また、何かバレたのかもと顔色が青くなって、口数が減ったりしてませんか?声がいつもより大きかったり、小さかったりしていませんか?話し方や声の調子からも自信がなく不安な様子や何か隠している様子は感じ取ることができます。

3.腕や脚を組む

もちろんこれだけでは断定できませんが、ある専門家の説によると身を置かれているシチュエーションによっては、腕や脚を組むといった仕草は、自分を守ろうとしている防衛の心理からくる場合もあるそうです。

腕や脚を組むといった仕草だけではありません。焦りから貧乏ゆすりをしてみたり、落ち着きなく自分の顔や髪を触ったり、緊張から喉が渇いてやたら水を飲んだりと、手足の動きや行動で、相手の心理を察する事ができます。

嘘を見破る方法は?話し方編

1.「聞いた話なんだけど」

こちら側から話の持っていき方として用いると良いでしょう。浮気を疑っている事を切り出しにくい状況の時に「友達の話なんだけど」「噂になっている話なんだけど」「知り合いから聞いた話によると」など、第三者の話として遠まわしに脈略を作ってから「そういえばあの時」みたいに、自然な会話の流れから入るのも賢い方法です。

突き付けるように話題に入るとお互い感情的になって、本来したかった話がうやむやになってしまう場合もあります。冷静に話し合いたいなら、話の順序に工夫も必要でしょう。

2.具体的に話を聞いていく

なんだか今日の「会社の飲み会」が疑わしいと思った時は、少し質問の仕方を変えてみましょう。実は飲み会に行かず、異性と会っていたなどのやましい事があるなら、それらしい答えを用意しているものです。

なるべく「誰と一緒だったのか?」「何を食べたのか?」「どんな話をしたのか?」「何時くらいまでその店にいたのか?」など詳しく聞いて、ちゃんと具体的に答えられるか試してみたら2、3日後にそれとなく同じ質問をしてみましょう。

3.話題を変えようとしている

話題をすり替えて話の方向を変えようとしたり、沈黙する時間が多くなってきたりしたら、辻褄が合わなくて嘘が苦しくなってきたとも考えられます。

しかし、ここで無理に追及すると機嫌が悪くなって、話を強引に打ち切られてしまうケースがあるので、わざと相手の話題に乗り、少し泳がせてみるのも賢い作戦のひとつです。話題を変えて誤魔化そうとしていたり、黙りこんで不機嫌な表情を見せていたりする時は、追求から逃れたい気持ちが表れている可能性があるので、仕草や話し方、表情などあわせて冷静に観察しましょう。

浮気の予防に良いのは?

浮気している人がよく使う嘘とそれを見破る方法まとめ

交際しているパートナーに浮気されないためには、やはり日頃から会話やスキンシップなどのコミュニケーションを、欠かさない事です。普段から関心を持って接していれば、些細な変化を見逃さずに気付く事も出来るでしょう。

少しマンネリ気味だと感じたら、共通の趣味を持ってみてはいかがでしょうか?趣味を通じて経験と時間を共有することで、今まで知らなかったお互いの、新しい一面を見つけられるかも知れません。パートナーの嘘を見破ってしまった時に、片目をつぶって見逃すか、とことん追求して決着をつけるかはあなた次第です。