浮気相手の愛人に対して自分で示談交渉し慰謝料請求する方法【事例付】

浮気相手の愛人に対して自分で示談交渉し慰謝料請求する方法【事例付】

探偵社へ浮気調査を依頼し不貞の証拠を取得した場合、ほとんどの方がその後に浮気相手の愛人に対して慰謝料請求を行うことになります。

実際のケースでは、まず配偶者では無く愛人(浮気相手)に対して先に請求されており、その請求方法については弁護士に依頼するという方法がほとんどです。

しかし、どうしても自分で行いたいという方もいらっしゃり、自分で浮気相手の愛人に接触し示談交渉をされて慰謝料の合意をされているケースも稀にあります。

今回はそういった場合において、どのような点に注意して実施すれば成功するかを解説していきたいと思います。

目次

1.浮気相手の愛人に対し慰謝料請求を自分で行うことの4つのメリット

裏技

(1)自分で慰謝料請求をすると弁護士費用がかからない

通常、慰謝料請求を依頼した場合の弁護士費用としては平均的に60万程度です(内訳として、着手金+成功報酬)

もちろん請求する金額により変化はしますが、そこまで大幅な変化はありません。自分で行う場合は実質コスト0円です。

(2)自分で慰謝料請求をすると気持ちをダイレクトに伝えることが出来るので再発防止につながる

弁護士に依頼した場合、相手と直接会話することは全くありません。自分で直接面談し、不倫が行われている期間に自分がどのような気持ちで過ごしていたか?子供を含め、家庭に対してどれくらい辛い想いを与えたか?ということを当事者として伝えることで、2度と繰り返さないようにさせる再発防止効果があります。

配偶者に不倫されることにより自分だけではなく、子供にも多大な精神的な苦痛を与えたこともしっかりと伝える必要があります。

(3)自分で慰謝料請求をすると慰謝料額が大きくなる場合がある

被害が大きい

これまでの経験上、弁護士による慰謝料請求で回収出来た平均額としては250万円程度です。弁護士が入った場合には法律家という点から相手に対して強い印象を持たせることが出来ますが、常識的な金額に収束していく傾向があります。

一方自分で行われる和解での金額だと、極端な話お互いが合意した金額が慰謝料となりますので、多額の金額で合意されているケースが多く存在します。

(4)自分で慰謝料請求をすると解決までの期間が短い

弁護士に依頼した場合の平均的な解決期間は半年程度ですが、自分で実施した場合には会ったその日に解決させることがほとんどです。

2.浮気相手の愛人に対し慰謝料請求を自分で行うことの4つの危険

悩む男性

(1)自分で直接交渉して慰謝料合意するのはかなり難しい

直接面談した場合、当然素人同士の話し合いになりますので、合意するまでにとても大変です。しかも相手が誠実に対応せず開き直ったりするケースだと、感情的になってしまい話し合いにもならず交渉決裂してしまいます。

(2)強引な慰謝料請求をしてしまい強要罪や不退去罪などに該当してしまう

法律的な一線を超えてしまうような交渉をしてしまったり、知らない内にエスカレートしてしまい警察を呼ばれてしまい立場が悪くなってしまった。ということも多々あります。該当しやすいケースとしては、どうしても合意させる為に、書面に対して署名捺印を強引にさせるような行動です。これは刑法223条の強要罪に該当しかねません。

又、相手の家に訪問したが拒否されて立ち去るように促されたにもかかわらずその場から離れなかった場合には、刑法130条の不退去罪に該当します。

刑法223条 強要罪

生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、3年以下の懲役に処する。

刑法130条 不退去罪

他人の住居、建造物、艦船に、適法に又は過失によって立ち入ったのち、要求を受けたにもかかわらず退去しなかった場合に成立します。法定刑は、3年以下の懲役または10万円以下の罰金です。

その上その話が配偶者が知ることになり、関係修復が不可能になるほどに悪化してしまったということにもなりかねません。

(3)自分で示談交渉し慰謝料請求するのは大変で精神的に辛い

大変

こういった場合において、アポイントをとって会いにいくことは無く、どこかで待ち伏せて会いにいくことになります。その為、長時間張り込みをすることも多々あります。

又、会ったとしても長時間に及ぶ交渉など、慣れていない難しい対応を自分で行うことはとにかく大変です。

(4)自分で慰謝料の示談交渉をして一旦合意しても破られる可能性が高い

双方合意の上で慰謝料額を決め、それで書面を作成したものの、実際に支払うこと無くそのまま反応なし、ということもありえます。又、その時は脅されて気が動転していた為無効だ、と言われたり金額が不当であると言われ開き直られてしまうこともあります。

実際の事例として、浮気された妻が浮気相手の女性と取り交わした合意書等の効力争われ、否定されたケースがあります。

東京地方裁判所 平成19年8月30日 判示

夫の不貞行為を確認した妻が、その浮気相手の女性宅に代理人と名乗る人物と共に訪れ、約6時間の間、合意書に署名捺印を迫られ、疲労困憊した浮気相手の女性は「慰謝料200万円、調査料等150万円の合計350万円」の合意書に署名捺印してしまった。

しかし、その後浮気相手の女性から、本件同意書への署名捺印は自分の意思を欠くものであるという申し立てがあり、裁判所の判決としては本件同意書に署名捺印を求めた行為はいわゆる強要罪(刑法223条)に該当しかねない行為であることから、同意書に基づく請求を法的に認めることは信義則上許されない、としました。

3.浮気相手に示談交渉により慰謝料請求が成功する為の3つのポイント

指さす少年

(1)慰謝料請求示談交渉の取り組み方、姿勢や考え方

冷静に考え、絶対に感情的になってはいけません。これは話合いであり、交渉です。 口喧嘩をして言い負かす必要はありませんし、一時の感情を優先させるべきではありません。 相手と同じ目線で話すのでは無く、一つ上から、そして誘導する(従わせる)ような話し合いをします。 証拠がある以上、あなたが負けることはありません。出る所に出れば勝てる状況なのです。

しかし、問題を長期化させおおごとにすることは、お互いにとって利益にならないものです。 だからこそ、愛人との問題はすぐに決着を付け、次の問題(配偶者との関係)をどう解決するかを決めていきます。 そして一番重要なことは、「その日の内に決める」ということです。

又、話し合いの中で、相手がどこに対してこの事実を公表されたくないか(家族や職場など)を見抜ければ再発防止の材料にすること が出来ます。こちら側の気迫、真剣さを感じさせることが大切です。

(2)浮気相手の愛人との接触から話し合う場所までの誘導方法

道しるべ

基本的にはアポイントをとらず、奇襲攻撃でいきなり行きます。 これは相手に思考させる隙を作らせない為であり、尚且つ強いインパクトを与え動揺させる為でもあります。

調査において習慣的に立ち寄っている場所やルート上で待ち伏せします。 その際、逃げたり、話をすることを拒まれないよう、あくまで話し合いで解決してしまおうという話とし、拒否するのであれば裁判す ることになることを示唆します。

もちろん証拠があるのであなたにとっては確実に負けることになるし、 周囲に知れ渡ることになり多大な迷惑をかけることになる為、 私も本意では無いと伝え、出来るだけ話し合いで解決していきたいという気持ちであることを伝えながら場所へ誘導します。 その際、 携帯電話で外部に連絡をとらせないよう注意して下さい。

(3)話し合いの場所選定、人数、用意するもの

チェックリスト

話し合いをする場所は事前に決めておき、可能であれば予約しておきます。 出来る限り個室は避け、周囲に人がいる状況で話合すべきです。 これは、後々に愛人側が脅迫されたと言い出しても問題にならない様にする為です。

この場に同行出来る人間は、基本的に弁護士のみですが、友人や親族などの利益関係に無い人物であれば同行しても問題ありません。 用意するものとしては、朱肉と誓約書(取り決め内容が分かる文面、誓約した日、誓約者の住所、氏名、捺印(印鑑が無ければ右手の人差し指))などであり、必要があれば録音機があっても良いです。

(4)再発防止の為にも今後2度と会わないように誓約させ違約金を決めておく

持参する示談書に記載すべき内容となりますが、面会・電話・メールなどの手段、方法を問わずに今後一切接触してはいけないという誓約をしてもらい、違反した場合には違約金を決めておきます。

違約金の額は、通常100万円〜200万円です。

4.不貞行為や慰謝料請求に対して可能性のある8つの言い訳

ポイント

(1)結婚されていると知りませんでした

解答案①

メールによるやりとりを全て把握しておりますので、あなたが知らなかった筈は無いです。全て分かっているからこれ以上嘘を重ねる ことはあなたの立場を悪くすることになりますよ。

解答案②

あくまでもそう言い続けるつもりなのであれば、出る所に出ておおごとにしますがよろしいでしょうか?私としてはあくまで話し合いで決着つけれればと思っておりましたが・・・ ・主人から事実を全て聞いた上でここに来ておりますので、あなたが全てを知っている上で行っていたことを誤摩化すことは出来ませ んよ。

解答案③

過去に、この言い訳が通用しないという判例が出ています(付き合っている相手が婚姻しているかどうか、事実を知ろうとしなかった、確認しなかった、というのが過失にあたる為)

(2)肉体関係は無かった、ただの同僚で友達だった

白黒ハートたくさん

解答案①

ではその肉体関係が無かった証拠を出してみて下さい。私もお金を払って調査会社に依頼しこの証拠を撮った上で来ております。それ に、出るところ出ればそんな言い訳通用しませんよ。

解答案②

ラブホテル(や愛人宅)に出入りし、過去に裁判所が認めているだけの証拠を用意しているので、その言い訳は通用しませんよ。 裁判で勝てる証拠を持っているんで、出る所にでればあなたを徹底的に追求することは出来ますが、そうなった場合全てが明るみにな ってしまいます。それはあなたにも辛いことかと思いますよ。

(3)あなたのご主人(奥様)から、夫婦関係はすでに破綻していると聞いている

ストレス

解答案①

私はこれまでも現在も、夫婦関係を改善するように努力してきました。それを破壊したのがあなたなのです。

(4)誘われただけ、断ることが出来なかった

解答案①

成人している大人である以上、行動に責任はついてまわります。それは通用しません。

(5)そんなお金ありません

お金1

解答案①

それは私に関係ありません。もしお金が無いというのであれば親御さんや友人、その他サラ金なんかもありますんで、それで払って下さい。 これまでの精神的苦痛をこれだけの金額で清算するというのは、私にとっても納得が出来るものではありません。 あなたが行ったことは、私だけでなく子供にも強い影響を与えました。 徹底的にやるつもりではありましたが長期化させたくないので、この条件で済んでいるということを理解して下さい。

(6)誰かと相談させて下さい。

解答案①

駄目です。私としては本日中に決着をつける為に来ました。もしこの条件をのめないというのであれば、私は次の行動に出ようと思 っております。それを実行することは、とても労力のかかることですが、私も妥協出来る問題ではありません。

(7)あと○○日待って下さい

お願いする男性

解答案①

それは無理です。待てません。もう行動のスケジュールを決めておりますので、ここで決めてもらえないのであれば、本意では無いものの、おおごとにして対応させていただくことになりますがよろしいですか?

(8)私だけの問題では無い、ご主人に対して請求して下さい。

解答案①

それはこちらの問題であり、夫婦間の問題なので、あなたにとやかく言われる問題ではありません。私はあくまで、あなたが行った行為によって受けた苦痛の分を請求しているだけです。 これは法律に基づいて請求しているのですよ。 あなたは共同不法行為を行った一方だからこそ、請求をさせてもらいます。

求償権とは?

愛人から慰謝料が回収出来た後、愛人から配偶者に対して請求することがあります。求償権と言われるものですが、求償権の放棄についても記載しておく必要があります。

和解協議書(求償権)

求償権の放棄に関する記載

5.自分で浮気相手の愛人と示談交渉して慰謝料請求した2つの事例

(1)浮気相手の愛人女性と示談交渉し200万円の慰謝料を回収したケース

香山様(仮名)は40代後半の女性で、学校の教師をされています。会社員である夫が、同じ会社の契約社員である女性と不倫していることが分かり浮気調査をされました。結果的には週末の仕事終わりに、少し離れた町で待ち合わせをしてラブホテルに行ってました。

香山様がこの女性に直接会って、慰謝料請求したいというのには訳があり、それはこの女性が自宅マンションにも来ていたことが判明した為で、それがとても許すことが出来ないということでした。

香山様は女性の退勤時間前に勤務先付近で待ち構え、会社から出てきた女性をキャッチしファミリーレストランで話し会いされました。その際に、調査した結果があること、これまでの行動を全て把握していること、愛人女性に家庭があることも知っていること、などを伝え、他に口外しないことを前提として、希望としては300万円のところを200万円で慰謝料の合意としました。事前に作成していた合意書に署名捺印させ、後日慰謝料が支払われることとなりました。

(2)浮気相手の愛人男性と交渉するも、支払いを拒絶され裁判になったケース

木村様(仮名)は30代前半の男性で、自営で建設業をされています。専業主婦である妻は、昼間に出歩いており、派手になったり脱毛や眉毛エクステなどに通うようになりだした。携帯も常に肌身離さず行動していることから、男性の影があると思い浮気調査を依頼されました。結果的には、朝子供を幼稚園に預けてからそのまま男性の住むマンションに通っていることが分かりました。男性はIT系の自営業者でした。

事実を知った木村様は我慢出来ず、結果を聞いてすぐに男性宅に乗り込みました。マンションのインターホンを押し、面会を求めるものの拒否されてしまいます。ずっと粘りますが、管理人が出てきて立ち退くように言われ、管理人にも事情を説明して粘っていた所、警察も呼ばれてしまいました。瞬時に奥様からも連絡が来て取り乱している様子だった為、その日はやむなく帰宅することになりました。

男性に対して納得いかない木村様はすぐに弁護士へ依頼し内容証明郵便を送りましたが、弁護士宛に連絡してきた男性からは反省の色はなく、奥様が既婚者であることを知らなかったと主張し、その上で家に押しかけてきた際に立退かなかった事や、関係のない第三者(管理人)に調査結果を一部伝えたことがプライバシーの侵害にあたると主張してきました。

事態はおさまる様子が無く、その後訴訟となり1年後に30万円の慰謝料が認められました。1年間という長い裁判により奥様との関係も悪化し、結果的には離婚となってしまいました。やり方次第ではもっと高額な慰謝料が回収出来、離婚することも無く解決出来た事案でした。

6.慰謝料請求を確実に成功させるためには絶対に弁護士に依頼すべき

フェイスブック

(1)自分で慰謝料請求した場合において半分以上が失敗している

これまでメリット、デメリット双方から解説し、実施する方法も記載してみましたが、本当に自分で実行するのであれば相当慎重な段取りを組んだ上で行う必要がります。

これまで述べたように、自分で慰謝料請求を実施することは不可能ではありませんし、実際の成功事例もありますが、それでも半分以上の方が自分で交渉を実施して失敗し、泣き寝入り状態になっているという事実もあります。

不貞行為の慰謝料請求訴訟を受任することになる弁護士の立場からすると、浮気や不倫の事実が発覚した後にお互いが面談して、独断でいろいろな行動に出てしまうことは、逆に紛争を拡大させる上に非常に危険性の伴う行為でもあります。

(2)慰謝料請求に関して弁護士以外に依頼すべきでは無い理由とは?

慰謝料請求における業務については、弁護士以外にも司法書士や行政書士などの法律家へ依頼することも可能ですが、業務に限りがありおすすめできません。特に最近では、行政書士の方が示談書を格安で作成して代理交渉するなどという所もありますが非弁行為となりますし、金額をきちんと回収するところまで考えると弁護士に依頼すべきです。

参考:慰謝料を払わない確率は80%以上!?慰謝料をキッチリ回収するための方法とは?

探偵社やNPO法人、その他離婚カウンセラーなどに至っては、慰謝料請求に関する法律相談を行うことは法律で禁止されています。しっかりと慰謝料を回収するのであれば、最初から最後まで対応可能な弁護士に依頼すべきです。

浮気相手の愛人に対して自分で示談交渉し慰謝料請求する方法【事例付】

(3)弁護士に慰謝料請求依頼した場合の費用とは?

弁護士に慰謝料請求を依頼した場合には「着手金」「報酬金」「実費」が発生することになります。

着手金

依頼する際に支払う金額となります。一般的には20万円から30万円というのが相場となります。

報酬金

実際に獲得出来た慰謝料額の15%〜20%が相場となっています。(慰謝料額が200万円だった場合30万円〜40万円)

実費

交通費、通信費、郵便代、印紙代、内容証明費用、訴訟実費、弁護士会照会費用、公正証書印紙代などです。

万が一、調停や審判・訴訟となった場合において同席する必要があった場合には、日当が発生することになります。

まとめ

当然ではありますが、自分で実施する場合に一番気をつけて欲しい点としてはカッとなって暴力をふるわないということです。それを起こすことで全ての努力は水の泡になってしまいます。持参していく書面については事前に作成し2部持参して行きましょう。朱肉も忘れないようにしてください。内容についてはネット上にサンプルが多数ありますので、それを参考に作成すれば良いかと思いますが、もし不安ならば法律家に相談し作成してもらいましょう。書類作成だけであれば行政書士に依頼すれば3万円程度で作成してくれるかと思います。

ただし、今回紹介したように成功した事例もあれば失敗してしまった事例もあります。取り返しのつく失敗であれば良いですが、夫婦の問題は失敗が許されず人生が大きく変わってしまうことになります。きちんとした浮気の証拠が撮れたのであれば、余程のことがない限り弁護士に依頼することをお勧めいたします。

「最初から相談に来られていたら何とかなったのに・・・」というケースを多く見てきているので、可能な限り確実な方法である、弁護士への相談をまずは優先させてみてください。

浮気問題や離婚問題に強い弁護士の選び方

実際に不倫慰謝料請求の経験豊富で強い弁護士事務所なら

四ツ橋総合法律事務所