【1年後の事例で紹介】浮気調査して夫婦関係が修復した4組のケース

【1年後の事例で紹介】浮気調査して夫婦関係が修復した4組のケース

浮気調査を実施して、証拠を撮ってからどのようにその証拠を使用しているか?そしてその後どうなっていったのか?というのは、浮気調査を検討していらっしゃる方であればとても気になる所だと思います。というのも、依頼される前の多くの方が浮気調査をしてしまうことで配偶者との修復は難しくなってしまうかもしれない、と思っていらっしゃったり、愛人への慰謝料請求をすることで配偶者が逆ギレして夫婦関係の修復は絶望的になる、と思っていらっしゃったりします。

浮気調査を行う理由は、有利な離婚をする為だと思っていらっしゃる方が多いですが、実はほとんどが離婚目的では無く夫婦関係の修復が目的であり、実際に調査後に関係が修復の方向で進んでいるケースも数多くあります。

そこで今回は、当社で浮気調査を行われたお客様で、1年後に夫婦関係を修復されている4つのケースについて紹介していきます。

1.妻の浮気。一度は家を追い出したが子供の為に修復

  • 依頼人:片岡様(41歳)男性 自営業
  • 調査目的:夫婦関係のやり直し
  • 1年後の結果:夫婦関係は修復中。愛人男性2名に対しては慰謝料請求
  • 調査料金:80万円
  • 弁護士費用:0円(自分で示談交渉した為)

調査のきっかけは毎週末の朝帰りと知人の目撃

飲み会1毎週末になると、奥様が夜の20時くらいから飲みに行くと出かけ、毎回朝帰りを繰り返している。自分と子供を置いて毎週朝まで飲みに行っているのは誰に聞いてもおかしいと言われるし自分としても嫌ではあったが、飲むのが好きで友達と飲みに行っているから放っておいて欲しいと言われ何も出来ず放っておいていた。飲みに行っている地域は自宅から近く知り合いも多いのだが、ある日知人が男性と一緒にいる奥様を目撃し連絡があった。本当のことを知っておく必要があると思い調査を依頼されました。

2名の男性が出現し不貞行為を確認

調査としては、外出する週末の行動を見る為、自宅を出るところから張り込み、行動を尾行しました。その結果、最初の飲食店内で男性と待ち合わせしており、その後3軒飲み屋を男性と共にハシゴして、最後はタクシーを拾ってラブホテルに行きました。泥酔して深夜1時にラブホテルに入ってから朝5時頃に出てきた2人を確認し、タクシーに乗って帰宅する男性を尾行し自宅を判明させました。

別の日についても再度調査を実施しましたが、驚くべきことに、奥様にはもう一人浮気している相手がいることが判明し、その相手はご主人もご存知の方でした。

愛人男性2名ともに慰謝料請求し、別れさせた

調査結果を見てからというもの、どうしても妻を許すことが出来なかったので、離婚を前提として一度は妻を家から追い出しました。しかし、それからしばらくして幼稚園児と小学校1年の子供がおかしくなってしまいました。子供の為にも、どうしても母親を連れ戻すしかなかったので妻を許そうと思い連れ戻しました。妻も戻ってきたかったようなので喜んで戻ってきた。私はこの経験を経て自分の悪かった点などを振り返り、子供の為にも良い家庭を再び作りたいと思い頑張っています。妻は反省し、今では外出することもなく男遊びもしなくなった為、関係修復に向かっています。

愛人男性の1人とは示談交渉中ですが、おそらく裁判になるだろうと思います。というのも、最初自分で示談交渉し条件として慰謝料200万と調査費用分を上乗せして請求しましたが、全く払うそぶりが見受けられなかったり反省しているような態度でも無く、その言動に怒りを感じた為に徹底的にしようと思い裁判にしようと思っています。

もう一人の愛人男性については40万だけ慰謝料請求して承諾して支払いに応じました。何故40万なのか?は1回だけしか肉体関係を結んでいないと自白し反省した為です。本人が言っていることが本当か?は不明ではありますが、片岡様としては、相手が素直に反省して謝罪していたので、長引かせたり大事にするつもりは無かったのでそれで手を打ちました。

片岡様のように、自分で浮気相手と示談交渉しようと思っている方はここに詳しく内容を書いています。

参考:愛人に対して自分で示談交渉して慰謝料請求する方法を紹介【事例付き】

浮気調査をやってみた感想

浮気調査については、今となって思うと本当にやって良かったと思います。当初は本当に妻が不倫までをしているのか?ただ遊び歩いているだけでは?と思っており、そんなことにお金をかける必要があるのか?という葛藤があり躊躇していた所もあります。しかし妻の行動内容を伝えた相談員の方が絶対に男性がいる、と断言されたので思い切って実施してみました。あのまま何もせず事実も知らないまま生活していたと思うとゾッとします。

2.夫の浮気。愛人女性とは別れさせ現在修復中

  • 依頼人:木下様(40歳)女性 専業主婦
  • 調査目的:夫婦関係のやり直しと、愛人女性への慰謝料請求
  • 1年後の結果:夫婦関係は修復中。愛人女性に対しては慰謝料請求
  • 調査料金:60万円
  • 弁護士費用:62万円

勤務医である夫が当直を理由に帰宅しなくなる

医者勤務医である旦那様が、半年くらい前から帰宅することが遅くなったり帰ってこなくなりだした。元々仕事で時間はバラバラであったり当直で帰宅できなくなるというような不安定な生活だったので気にしていなかったが、3週間くらい前からほとんど帰宅しなくなりだし、そんな中で浮気相手とのメールを発見した。その件について追求したら言い争いになり離婚を言い出した。結局浮気のことも全く認めず誤魔化された。子供もまだ小さく自分に経済的な余裕も無い為、浮気をやめさせて夫婦関係の修復を目指したいということでした。

自分でやった尾行がバレた上での調査

調査結果としてはとても難易度の高い調査となりました。というのも実は一度奥様がレンタカーを借りて旦那様の勤務先を張り込み、そこまで迎えに来た女性の車に乗り込む旦那様を確認して尾行したことが警戒されていたのです。探偵は勤務先から張り込み旦那様の行動を見ていましたが、やはり勤務先から出てくる旦那様は異常な警戒を見せ、とにかく発覚しないよう注意して調査を行いました。そんな慎重な調査の甲斐があり、女性の車で動きまわっていることがわかりました。そして毎週日曜にはラブホテルに行くパターンも掴み、ラブホテルに行っている所を2回撮影した上、2人のデートシーンを撮影し不貞行為を証明しました。女性は元々旦那様が勤務している病院の看護師だった女性で、バツイチで子供と生活をしていました。

調査して1年後の結果

やり直しをしています。夫とはまだあまりうまくいっていませんが少しずつ夫婦関係も改善してきていると実感出来ています。知り合いの弁護士に愛人女性に対して300万の慰謝料請求を行ったが200万にしてくれと言われ、長引かせることもしたくなかったのでそれで合意しました。旦那とはうまくは行っていないが、子供も小さく、離婚をすることは全く考えられないので、これからも修復に向けて頑張っていこうと思っております。

浮気調査をやってみた感想

ひとまず証拠を持っていることでお守りになっていることが、調査をやる前と比べて大きな精神的な安定になっています。調査をやって証拠をとっておいて良かったと思っております。一時期は本当にどうなるか分からず、主人の勝手な言動に振り回されていたので、ひとまずその状況を改善する為にも調査はやっておいて良かったと思います。

3.妻の浮気。全てを許して再出発したケース

  • 依頼人:工藤様(59歳)男性 会社員
  • 調査目的:夫婦関係のやり直し
  • 1年後の結果:夫婦関係は修復中。愛人男性に対しては慰謝料請求
  • 調査料金:45万円
  • 弁護士費用:35万円(紹介価格)

パートに行き始めてから身だしなみに気をつかうようになる

浮気半年前から奥様が近所のスーパーで勤務するようになり出してから、少しずつ様子が変わりはじめた。身なりに気を使うようになり、これまでやりもしていない脱毛などもやっている。携帯を肌身離さず持ち歩いており、おかしいと思っていたので隙を見て携帯の中身を見たらパート先の社員と思われる男性とやりとりしており、次に会う日程が分かった為に、ひとまずここは証拠を撮っておきたいという理由から依頼されました。

予想通り思っていた通りの男性のラブホテルへ

調査としては、指定された日に奥様を自宅から追跡しました。案の定、とある駅で待っていた男性の車両に乗り込み、そのままラブホテルに行きました。ラブホテルから出た後も、ショッピングモールを腕を組みながら行動しており大胆な行動をしている様子を確認しました。

調査して1年後の結果

探偵社から紹介された弁護士に依頼し、愛人男性には慰謝料請求を行い150万円の支払いを受けました。相手の男性との縁も切れており、相手は職場も辞めたようなので再発はしないと思います。

起こってしまったことは今さらどうすることもできない為、とにかく前向きに進みます。1年経った今ももやもやが晴れた訳ではないが、これから少しずつでも良い方向に向かっていきたいと思っています。私にも責任はあり、20年近く夫婦であることが当たり前な行動をしており努力しなかったと思います。妻とは色々と話しをしていますが、子供のこともあるし愛情も残っているので前向きにやっていこうとしています。時々、ふと思い出して忘れられない分もあるがなんとかやっていこうという感じもあります。

浮気調査をやってみた感想

浮気されたことも調査したことも初めての経験で、常にどうすれば良いかわからなかったが、当事者になってみると最終的には全て受け入れれるものだと思いました。調査していなければ、このような結果となってなくて何も分からないまま過ぎていき、いろいろと想像ばかりして生きていくような辛い生活を繰り返すだけだったと思うので、調査をしてはっきりとした証拠を出してもらって本当に良かったと思います。

4.夫の浮気。絶対に離婚しない為に浮気調査し不貞を証明

  • 依頼人:久保様(58歳)女性 専業主婦
  • 調査目的:離婚を拒否する為と、愛人女性への慰謝料請求の為
  • 1年後の結果:別居状態での協議中。愛人女性に対しては慰謝料請求
  • 調査料金:90万円
  • 弁護士費用:80万円

毎週末外泊し、交際もメールで判明

高校学校の教頭をしている夫が、元教え子と交際していることがメールの内容で分かり、毎週末に相手の家に泊まりに行っている様子で、そんななか離婚を要求されている状態で依頼を受けました。久保様の希望としては、いきなり切り出された離婚に応じるつもりは無く、これまで通りの生活を維持する為にも愛人と別れさせ、夫婦関係を修復していきたいということで調査を依頼されました。

元教え子の住んでいるマンションに入り浸り状態

撮影15調査の結果としては、元教え子の住むマンションに泊まっている様子を2泊撮影し、スーパーなどで買い物している様子なども撮影しました。元教え子の女性は都内の事務員として勤務していることも判明しました。

調査して1年後の結果

現在別居中で代理人を立てて話し合いをしている状態です。調査後しばらくは同居生活を継続しつつ、愛人に対する慰謝料請求を行っていましたが、その後夫は家を出ていき、弁護士をたてて離婚を要求されている状態です。知り合いの弁護士に依頼して弁護士同士の話し合いをしている最中です。主人に対して愛情が残っている訳では無く、こんな身勝手な行動をしていることが許せず、ただ単純に離婚したくないという思いです。まだ子供も成人している訳では無い為、成人するまでは離婚はせず生活費と子供の学費は支払い続けてもらうという方向で調整しています。

浮気調査をやってみた感想

shutterstock_124102780思った程、話がすぐに進まなかったのが不満であり、いくら証拠を持っていてもこちらの要求を全て通すことは難しいんだなと痛感しました。ただ、調査結果がしっかりと出たのが本当に良かったと思っています。

というのも、夫の本性があまりにも酷くここまでの仕打ちをするような人だと思っていなかったので、万が一証拠が無い状態で夫が家を出ていき好き勝手な要求をされていたかも、と思うと怖くあります。当初は何故好き勝手に行動している夫の為に費用を払ってまで調査しなければいけないのか?という憤りを感じておりましたが、権利の保全という意味でも思い切って調査を依頼しておいて良かったです。

まとめ

今回ここで紹介した4人の依頼者にとって、浮気調査を実施したことで劇的に環境が改善しているか?というとそうでは無いんだな、と思われたのではないでしょうか。恐らく4人の方にとっても十分な結末だ!とは思っていらしゃらないでしょう。

しかし、浮気調査によって真実を確認したことについては、誰もが口を揃えて「やって良かった」という感想をお持ちです。「真実を知っておいて良かった」「いざという時の為に保険として持てて良かった」「愛人に対して慰謝料請求することがひとつの区切りになった」というのが主な理由であり、何もせずにいるよりも全然良かったということを実感されていらっしゃるのだと思います。

もし今、浮気調査を検討している状態なのであれば、まずはこちらを参照してみてください。

【探偵社や興信所に依頼する方は必見】浮気調査依頼する前にチェックすべき23のポイント

【1年後の事例で紹介】浮気調査して夫婦関係が修復した4組のケース