探偵が【不貞の証拠】を撮る際にラブホテルで張り込む方法とは?

探偵が【不貞の証拠】を撮る際にラブホテルで張り込む方法とは?

浮気調査を行っている中で、そのほとんどの時間を張り込みに費やします。

特に重要なのがラブホテルでの張り込みであり、出て来る所をチャンスを逃す事無く確実に撮影しなければなりません。ラブホテルの出入りを撮影出来るかどうかが、浮気調査を行う上で最大のポイントであると言っても過言ではないのです。

その為には張り込む位置が大切になりますので、しっかり撮影出来る良いポイントを確保しなければいけません。

又、ラブホテルでの張り込みには様々なトラブルが起こる可能性があり、注意しておくべき点があります。もし自分で浮気調査を行われる場合には必ず把握しておいた方が良いでしょう。

今回は、探偵がラブホテルにおける張り込みにおいて、どのようにして決定的な証拠撮影をしているのか?詳しく解説していきたいと思います。

目次

1.ラブホテルに張り込み、どのような映像が必要なのか?

対象者がラブホテルに入った場合、どのような映像を撮影することが証拠になるのか?解説していきます。

1−1.1番はホテル出入口から出て来る様子が分かるもの 

ラブホテル出2-2

探偵が【不貞の証拠】を撮る際にラブホテルで張り込む方法とは? 

良い張り込み位置で撮影をする為には、そもそも証拠として使える映像がどう言った物かを知らないといけません。その為に、まずは証拠として必要な映像の説明をしましょう。

探偵は、ラブホテルを張り込む際には、対象者がホテルの出入り口から出て来る瞬間の映像を最も重要視しています。次に対象者が車でホテルを利用していた場合は、敷地内を歩き車に乗り込む姿になります。最後に敷地の中から車が出る映像となります。

車では無く、徒歩でホテルを利用した場合は、敷地内を歩く姿は撮れない可能性もあります。何故かと言うと、直接外に出る扉から出る可能性があるからです。

1-2.探偵が実際に撮影しているラブホテルでの浮気証拠映像

探偵によって実際に撮られた浮気の証拠(不貞行為の証明)です。

ラブホテルから出てくる瞬間を撮影しておき、滞在していたことを証明し、言い逃れが出来ないようにします。

1−3.張り込み時間全て録画しておきホテル内に1時間以上滞在していたことを証明

ラブホテルへの出入りする瞬間が撮影出来ただけでは、言い逃れが可能な証拠となってしまいます。

重要な点としては、ホテル内にどれだけの時間滞在していたのか?を証明する必要があるのです。

最近、ラブホテルにいたものの短時間だった為に肉体関係は無かったという判例が出たこともあるので、最低でも1時間以上はホテル内にいたことを証明する為にも、探偵の張り込み中は、終始カメラを録画状態にしておき、出てきていないことを証明します。

2.ラブホテルにおいてベストな張り込み場所はどんなところ?

ラブホテルでの張り込みはとてもトラブルが多いです。

張り込みを行うシチュエーションごとに注意すべき点を解説していきます。

2−1.探偵が車内からラブホテルを張り込む場合

DSC00528

ラブホテルから出てくる場面を撮影することは、証拠能力として重要度が高く、この映像が撮影出来なければ調査をする意味が無いと言っても過言ではありません。それだけ重要度が高いため、撮影準備にも神経質になります。

2−1−1.対象者が車や自転車、バイクでホテルに来ている場合

車や自転車、バイクでホテルを利用している場合ですが、まずは駐車場の確認をします。次にホテルの出入口の確認を確実に行います。その上で、対象者が使用するであろう出口を予測します。出入口が一カ所であれば特に問題ありません。出口から出て来る所が撮れ、更に使用車両に向かう姿が撮れる位置に陣取って下さい。

2−1−2.入口専用か出口専用かをきちんと確認しておく

問題は、入口が幾つもある場合になります。

こういった場合に良くあるのが、入口専用と出口専用の扉があるタイプです。入口専用から対象者が入った事を確認した為に、出る時もそこから出ると思い込んでしまい、そこを張り込んでいたら出口専用から出られてしまったなんて事もあります。必ず出入口の確認をする時に専用口が無いか、扉が開くか開かないかの確認をしましょう。

2−1−3.最高の場所に張り込み出来たら何がなんでも死守する

利用する可能性がある出口を絞り込めれば、絞り込んだ出口を中心に撮影位置を決めます。本来は全ての扉に対応し、どこから出て来ても撮れる様にしなければなりません。しかし扉の数に対して調査員の数が足りない場合もあります。そういった場合は敷地内を歩き車に乗り込む姿を確実に撮れる場所を確保しましょう。

そして、必ず車両に乗り込む対象の面(顔)が分かる映像を撮影して下さい。毎回最高の撮影位置で映像が撮れる訳ではありません。

良い場所を確保出来た時は、何が何でも死守しましょう。

2−2.探偵が立ってラブホテルを張り込む場合

立ち張り

調査員が路上に立った状態での張り込み(通称:立ち張り)による証拠撮影は、車内からの張り込みの場合と違って目立つ為、慎重にしなければなりません。

撮影したい内容としては車両を使用した張り込みの場合と同じですが、張り込める場所が違ってきます。ではどの場所から撮影するのが好ましいのでしょうか?

2−2−1.ラブホテルを立って張り込む場合には敷地外から

ラブホテル敷地内駐車場での撮影は立った状況では厳しい為、敷地の外からの撮影になります。

ホテル敷地内から敷地外に出る姿を撮影するイメージになります。出口が一カ所であればこの方法で問題無いのですが、沢山有る場合は違います。

狙った場所から確実に出てきてくれる訳では無い為、この撮影方法を用いると撮れるか撮れないかの掛けになってしまいます。証拠撮影を撮るのに、博打を打ってはいけません。

確実に撮影出来る場所と方法をあきらめずに粘り強く考え、探し出して下さい。

3.探偵がやっているラブホテルの張り込み方法

実際にプロの探偵は、どのようにしてラブホテルでの張り込みを行い、確実な証拠を撮影しているのか?主なテクニックを紹介していきます。

3−1.2名以上で調査をしている場合はホテル内の待合室に1名待機する。

この方法はホテルによっては厳しい所も有りますが、待機出来るホテルでは是非活用して下さい。

ホテル内での2ショット映像が撮影出来るだけでなく、出て行く扉を特定出来るため、外で待機している調査員が焦る事無く撮影出来ます。

3−2.ホテルの塀より高い位置から撮影する。

ラブホテルに良くあるのですが、入り口に暖簾が付いていたり壁を高くして見えない様に目隠しをする所が多くあります。しかし、屋根部分が以外と空いているホテルが多く、入り口が丸見えと言ったケースがあります。ホテルの向かいが雑居ビルの場合は、案外、非常階段からバレる事無く撮影出来ます。

良い撮影場所が見当たらなくても、木や電信柱があればそれもまた良い撮影場所になります。それ以外にも探せばいくらでもポイントは見つかるはずです。立ち張りで撮影を試みる為には、妥協せずに根気強く撮影場所を探す事が大切になります。

3−3.可能な限り車内からの張り込みを行いカメラをセットする

張り込みは車内で出来るにこしたことはありません。

探偵の姿を晒さず調査を行える上、撮影用のカメラをセット出来るからです。駐車場があるラブホテルでは後部座席に隠れ、カメラを録画状態で出口を撮影しつつ、出てくる瞬間を待ち続けます。

決してトイレに行こうとして車外へ出たり、暑かったり寒かったりという理由でエンジンをかけてはいけません。

4.ラブホテルを張り込む際に起こりやすいトラブル

ラブホテルを出入りする対象者が撮影出来るか否かは、探偵にとって最も重要なことです。しかし、ラブホテルでの張り込みにはとても多くのトラブルがつきまとい、これを回避しなければいけません。

探偵がどのように注意してトラブルを回避しているのか?解説していきます。

4−1.車で張り込む場合には従業員に見つからないよう注意!

注意点

ラブホテルの敷地内駐車場にて張り込む場合、車で入った時点で監視カメラにより従業員さんから確認されています。その為、巡回などで確認され、立ち退きを求められたりすることがあり、張り込みを継続出来ない状態になることがあります。

その場合には、「デリヘルを待っている」と言って時間を稼ぎますが、駄目な場合には調査員の一人がチェックインし、もう一人は後部座席に隠れて監視を継続することになります。

とにかく従業員さんの目につかず、隠れ続けて調査出来るかどうかがポイントになります。

4−2.男女の探偵で調査を行い張り込む

従業員からの立ち退きを回避する方法としては、男女の探偵で車内から張り込みを行います。

深刻そうに話し合っているようにしてみたり、揉めているように見せかけることで、注意されたり不審に見られないようにします。

素人の方が自分で張り込みを行う場合には、異性の知人友人と一緒に調査をすることで、周囲からの警戒の視線は回避することが出来るでしょう。

4−3.立ち張りの場合には通報を回避する

長時間ホテルの前に立ち続けていると、嫌でも店員に声を掛けられ営業妨害と警察に通報されます。更に、ホテルに出入りする客に通報を受ける場合もあります。どちらにしろ、対象者が出てくる迄はその場から決して動く事が出来ません。

肝心なのは、通報される前に対応する事です。隠しカメラを設置しその場に姿を見せない様にしたり、定期的に場所を替え、不審者に思われない様に勤めましょう。

どこで張り込みを行っていても、肝心のカメラは出入り口をずっと録画している状態だけは確保し、絶対に撮影漏れが無いようにします。

隠しカメラ隠しカメラ

証拠写真を撮影する為に必死になるのは大切ですが、調査を継続出来ない状況になっては意味がありません。周りに敵を作らない様に撮影場所を確保し上手に張り込みをしましょう。

5.ラブホテルにはどれくらいの時間張り込むの?

探偵がラブホテルを張り込む場合において、ホテル側が設定している利用時間や対象者の行動パターン、属性などから、おおよその張り込み時間を推測していきます。

5−1.サービスタイムやホテルの仕組みを把握する

ラブホテルにはサービスタイムや時間の区切りがあります。

それを目安に張り込むことになりますが、時折、一日中と言った様に長時間利用する対象者も居ます。

どのくらい張り込むの?と考えるのでは無く、対象者が出てくる迄張り込み続けると考えるしかありません。下手な推測が油断を生み、最高の映像を撮影を取り逃がしてしまうことに繋がります。

5−2.入った時間・曜日や、対象者の属性などによっておおよその推測をする

ラブホテルに入った時間帯が昼間なのか?それとも夜なのか?によって出てくる時間は変わってきます。又、週末なのか?それとも平日なのか?によっても違います。

対象者にとって翌日が休みなのか?朝帰りしても平気なのかどうかによっても違ってきます。

浮気相手の属性が既婚者なのか独身か?によっても違うでしょうし、年齢によっても異なってきます。

平日の夜にラブホテルに入り、朝帰り出来ない対象者の場合には終電の時間がタイムリミットになってきます。そういった対象者の属性も考慮して張り込みを行っていきます。

6.張り込み前にどんな準備する?準備するものとは?

6−1.ラブホテルを張り込む場合に用意しておきたい12の道具

(1)簡易トイレやオムツ

嘘のような話ですが、張り込み時間が長くなった場合に実際に必要になります。多少であれば我慢出来ますが、一日中張り込まなければならない場合もあります。用意してあって損はありません。

くれぐれも、使用した場合は忘れずにその日のうちに処分しましょう。

(2)発電機、バッテリー

ホテル敷地内駐車場で張り込みを行う場合、エンジンを切っておかなければなりません。その為、カメラの充電や携帯電話の充電が無くなる恐れがある為、発電機を乗せておく事が望ましいです。

間違っても一昔前の混合ガソリン式の発電機は使用しないで下さい。エンジンを切る意味がありません。

(3)カーテン

後部座席から後ろの窓全部と、前・後部座席の間に付けます。カメラを後部座席にセッティングした時に、あらゆる角度から見えない様にする為です。

光を遮断出来れば、人の目で見る事が出来ないことを念頭にします。

(4)車用サンシェード

サンシェードにカメラ穴を空けて使用します。意味合いはカーテンと同じですが、より対象物の近くで撮影出来る為、鮮明な映像が撮りやすくなります。

カーテンと併せて使えばより完璧になります。

(5)飲食料

張り込みには何時間かかるか分からず、対象者の動き次第となります。長時間集中力を持続させなければなりませんのでしっかりと栄養補給をします。

飲み物は特に夏場の暑い時期重要になりますが、トイレに行くことも出来ない為、利尿作用があるようなコーヒーやお茶は控え、種類には気をつけます。

(6)予備バッテリー(カメラ、携帯電話用)

カメラは張り込んでいる時だけで無く、ホテルから出た後も必要になります。張り込みの分だけを計算するのでは無く、調査終了迄を考慮し準備します。

(7)大容量のSDカード

長時間撮り続ける為にも、最低でも64G以上を用意しましょう。「後で見直したら容量が足らず撮影出来ていなかった」と、言った事ほど最悪な事はありません。

余裕があるに越した事はありませんので、多すぎるかな位の気持ちで準備しています。

(8)折りたたみ傘

車の外で立って張り込む場合、雨が降っても立ち続けなければなりません。自分の体が濡れるのも避けたい所ですが、それ以上に外に仕掛けたカメラを守らなくてはいけません。水が入ってしまうと証拠を撮る為の大切なカメラが故障し、撮影出来なくなってしまいます。

(9)黒のビニールテープ

カメラに貼付ける事により反射する部分を消す事が出来ます。隠しカメラとして使用する場合は特に必要になります。

対象者以外の通行人からも見えない様にしなければいけません。

(10)コンビニ袋

雨が降ってきた場合にカメラに被せ、黒のビニールテープでグルグル巻きにします。機械類に水は天敵です。雨対策をしっかりとします。

(11)虫除けスプレー

夏場であったとしても、気配を消す為に車のエンジンをかけて張り込みはしません。その為、窓を開けた状態にしますが、確実に蚊との戦いになります。こまめにスプレーし、集中力を切らさない様にします。

(12)カメラ用の三脚

車内でカメラを仕掛ける場合、三脚があると非常に便利です。ラブホテルでの張り込みの際には、出入りする可能性の高い出口に向けて終始録画状態のカメラを設置することになりますが、車の駐車位置次第ではカメラが向けづらいこともあります。

しかし三脚があれば、全方向に向けて安定してカメラを設置することが出来ます。

探偵が【不貞の証拠】を撮る際にラブホテルで張り込む方法とは?

7.探偵泣かせ!ラブホテルの中でも厄介なモーテル型

ラブホテルにも色々な構造のものがありますが、田舎の方に多くあるモーテル型のラブホテルは非常に厄介です。

モーテル型というのは部屋がそれぞれ独立した形となっており、一般的なラブホテルであれば出入り口が共通であるのに対して、出入り口が独立している形状になっています。そして、それぞれ専用の駐車場になっており、カーテンで車や出入り口が隠されてしまう作りになっています。その為、人物の出入りを撮ることがほぼ不可能に近く、車が出るのを撮影するのがやっとと言った形状になっているのです。

車のフロントガラス越しに顔が映れば良いですが、そういった所は薄暗いのでほぼ絶望的になってしまいます。その為、ラブホテルから車で出てから降車するタイミングで人物を撮影出来るようにピッタリと追跡しなければなりませんが、大抵の対象者はラブホテルから出た後にとても警戒するので、発覚するリスクに怯えながら慎重に調査を進めていかなければいけません。

探偵が【不貞の証拠】を撮る際にラブホテルで張り込む方法とは?

まとめ

張り込むホテルの立地条件により、車両を使った方が良い場合と、立ち張りした方が良い場合があります。基本的に、押さえたい映像は車だろうが立ち張りだろうが同じです。

「車両パターンだから絶対にこうしなければいけないんだ」と考えるのではなく、頭を柔軟に使い、臨機応変に対応して下さい。双方の利点を思う存分に生かせば、最高の映像を撮影する事が可能になります。

何度も説明してきましたが、ラブホテルの出入りを撮影することは浮気調査を行う上で最も重要であり、確実な証拠となるからこそ、撮影するポイントと張り込み方には最大限注意すべきです。

どのような証拠が不貞の証拠となるのか?どのように調査すべきなのか?について、より詳細に書いた記事も参考にしてみて下さい。

【探偵が教える】自分で浮気調査する為の完全マニュアル