探偵が作成する、裁判で使える浮気の証拠【調査報告書】ってどんなもの?

探偵が作成する、裁判で使える浮気の証拠【調査報告書】ってどんなもの?

浮気調査を実施した探偵は、その調査結果をお客様に報告する際に、調査によって得られた情報を調査報告書としてダイジェストで分かりやすく伝えることになります。探偵社や興信所にとって唯一商品と言えるものが調査報告書なのです。

その為、その調査報告書の内容については、いかにもその場に存在して確認していたと思えるような映像や報告書を作成する必要があります。

今回は、調査報告書について詳しく解説していきたいと思います。

1.探偵が浮気調査でお客様に提出する報告図書は何があるの?

1−1.全ての行動を文章と写真にまとめた”調査報告書”

hokokusyo1

調査報告書とは、調査中の対象者や愛人の行動を細かく、時間と画像と共に書いてある書類です。この書類を使って弁護士などに提出し証拠資料とします。

この調査報告書はとても重要で、この中にミスや間違いがあると取り返しのつかない事になりかねないので、細かく確認します。

1−2.対象者の行動が録画された”DVD”

不倫

DVDとは、探偵社によっては調査中に撮影した映像をまとめて編集し、DVDに焼いて依頼者様にお渡ししています。報告書には主に証拠として使える場面を重点的に静止画にして貼り付けています。なので、訪れた場所の雰囲気や対象者の様子などをしっかりと見ることが出来ます。

映像でしか伝えることが出来ない部分がありますので、調査報告書と併用してお客様に状況を伝えることになります。

1−3.内偵調査や潜入調査時に録音した”音声データ”

探偵が作成する、裁判で使える浮気の証拠【調査報告書】ってどんなもの?

あまり重要度が高いものではありませんが、内偵調査や潜入調査など、対象者と接近したり接触した際に録音した音声データも使用することがあります。

例えば、対象者カップルの店内での会話や、室内での性行為の漏れ聞こえる音声などです。特にシティホテルは音声がドアから漏れることもあり、隙間から漏れた音声を録音して補助的な証拠として提出します。

探偵が行っている内偵調査(潜入調査)がどういったものか?については”探偵や興信所が行う内偵調査(潜入調査)とは”に詳しく記載してるので参考にしてみて下さい。


2.探偵が浮気調査で作成する報告図書はどの程度のものなの?

2−1.調査報告書には全ての調査記録を時系列で表示する

調査報告書には調査を開始してから終了するまでの、対象者や浮気相手の行動が時系列で全て記載されています。

対象者が利用した交通機関を始め、通ったルート、訪れた店舗や場所、対象者と浮気相手が接触した場所、利用したラブホテルなどを住所と時間と共に書いてあります。

2−2.映像はテレビ制作と同レベルの編集ソフトで編集する

映像については、調査に入っている探偵全員が撮った映像を、パソコンの映像編集ソフトを利用して編集し作成します。

このソフトはテレビ制作会社がテレビ番組を制作する上で使用するものと同等であり、非常に細かい作業を行うことができます。主に行う作業としては以下の4つです。

edius1

①明るさを変える

調査は夜に行われる事も非常に多く、外灯があるとはいえカメラの映像は実際に見るよりもかなり暗くなってしまいます。そのままだと肝心の対象者や愛人の顔が見えなかったり、依頼者の満足のいく映像にはなりません。なので、編集ソフトを使うことで依頼者様がより見やすい映像にすることが出来ます。

②映像の角度を変える

車での張り込みが出来ず、立って張り込む場合、カメラをカバンの中に隠したり、道端に設置して回し続ける事があります。その際、どうしてもカメラを平衡をとる事が出来ない場面も出てきます。そういった場面で斜めになってしまった映像はとても見にくく、違和感のある映像になってしまいます。

しかし、編集ソフトを使うと斜めになってしまった映像も角度を変えることで、平衡のとれた映像にすることが出来て見やすくなります。

③手ブレ補正

調査中、立ち止まって撮ると怪しくなってしまう場面や、自転車に乗りながら撮影する場面が出てきます。そうすると、映像がかなり揺れてしまってとても見づらい映像になります。カメラ自体にも手ブレ補正機能はついていますが、ちょっとした振動程度でしか効きません。

編集ソフトの手ブレ補正機能はとても優れていて、歩きながら撮った映像も、スムーズな映像にしてくれます。

④動画のカット

調査中に撮影した映像の中には、使えない部分やいらない部分も出てきます。編集ソフトを使って動画の一部分をカットしたり、いらない動画を消す事で、無駄な部分を省き、まとまった映像にすることが出来ます。

カットをせずにDVDにしてしまうと、調査の流れがわからなくなったり、同じ様な映像が延々と続くような、クオリティの低い映像になってしまうので、とても重要な作業です。

2−3.編集され実際に完成した証拠映像

ラブホテルから出てくる様子を撮影し編集したものです。出てくる瞬間を撮影し、誰が・どこから出てきているのかを証明する必要があります。

3.探偵が浮気調査の調査報告書を作成する際に注意していること

3−1.調査報告書には2重3重の裏付けされた情報を記載する。

対象者の氏名や、浮気相手の氏名については裏付けがしっかり取れているかどうかを重要視しています。もしこれが間違っていて、全くの他人に内容証明を送付してしまうと、逆に訴えられたり、重大なトラブルになる可能性があります。

それに加えて、日付や時間、住所などが間違っていないか、誤字脱字がないかを再三チェックしています。

3−2.映像は見やすいかどうか?日付記録に間違いがないか?

編集

隠れて撮影することになりますので、どうしても映像が傾いていたり、ピントが合わなかったりすることがありますので、見づらい映像はしっかりと編集して見えやすくします。これが探偵社の唯一の商品ですので、編集で出来る限り見やすい映像にしていきます。

また、日付時刻は間違いなく入っているか、映像の順序はあっているのか、メニュー画面での誤字脱字がないのか等もしっかりとチェックした上でDVDに焼き付け、その後に実際にDVDプレイヤーでしっかりと再生出来るのかをチェックしています。

撮影する際に、カメラの日時が間違えて設定されていて録画された映像は、そのまま間違えた日時で記録されることになります。その場合については記録を改ざんすることになるので使用することが出来ません。探偵は調査に入る前、必ずカメラの日時設定を行いますが、どうしてもカメラの故障により日時を間違えて撮影してしまうケースがあります。そういった映像が無いかどうかをチェックすることが、信ぴょう性のある証拠資料を作成する上でとても重要になります。

4.探偵社や興信所に浮気調査の調査報告書を提出された際にチェックすべき点

調査報告書に間違いがあると、大変な事になってしまいかねません。調査報告書をもらった後に自分でもチェックをしましょう。報告書

4−1.報告概要

調査報告書には、対象者の情報や、調査をした日付などが記載されている「概要」があります。その概要に間違いはないかをまずチェックします。

4−2.日付

続いて、報告書には、日付が入っています。その日付が調査が行われた日付になっているのかしっかりと確認しましょう。

4−3.時刻

時刻はとても重要な要素です。報告書の本文の隣には必ず時刻が記載されています。それに加えて画像にも時刻が刻印されています。その2つが一致しているのか、また矛盾はないのかなど、細かくチェックしましょう。

4−4.住所

対象者や浮気相手が訪れた場所には必ず住所が入っています。その住所に建物が存在しているのかをしっかりと確認しましょう。GoogleMapなどの携帯アプリを使うと手軽に確認できます。調査報告書

5.証拠資料(調査報告書)に時効(期限)はあるのか?

探偵が作成する、裁判で使える浮気の証拠【調査報告書】ってどんなもの?

不貞の証拠を撮った場合、慰謝料請求を実施することになりますが、慰謝料請求の時効は配偶者の不貞行為および浮気相手を知った時から3年以内です。

その為、報告図書を見て事実を知った時からカウントされますので、期間には注意しておく必要があります。

まとめ

調査が終了し、証拠がしっかり取れていると安心してしまいがちですが、証拠となる物なので、少しのミスや誤りも許されません。探偵社の人間も確認はしていますが、しっかりと自分でも確認をしましょう。ミスや誤りがあっては、せっかくの証拠も、証拠能力が下がってしまいます。完璧な証拠を持って戦えるように最後まで気を抜いてはいけません。

探偵が作成する、裁判で使える浮気の証拠【調査報告書】ってどんなもの?