プロの探偵に浮気調査を依頼してバレる可能性はあるのか?バレる原因は何か?

プロの探偵に浮気調査を依頼してバレる可能性はあるのか?バレる原因は何か?

浮気調査を探偵に依頼したとして、調査相手にバレてしまう可能性はあるでしょうか?

実の所、浮気調査の依頼を受けた場合において、相談者様よりよく聞かれるのが「絶対に調査がバレないか?」ということです。

みなさんももし浮気調査を依頼するのであれば、絶対に失敗しないところに依頼したいですよね。

探偵が浮気調査を行う際には、発覚(=バレる)しないことを一番の注意点として細心の注意を払い調査を実施します。又、万が一バレそうになったとしたら、すぐに調査を中断し痕跡を残さないようにします。プロである以上、一番大切なことは対象者の警戒をすぐに察知する危機管理能力です。

但し、そうは言っても調査がバレることも実際にはあります。今回はどういった場合にバレてしまうのか、そしてバレてしまった際の対処法について詳しく解説していきます。 

1.浮気調査がバレる可能性は?

プロの探偵に浮気調査を依頼してバレる可能性はあるのか?バレる原因は何か?

これまで3万件以上の浮気調査を実施してきた経験から言いますと、依頼される調査全体の3%くらいは発覚(=バレる)する可能性があります。100件に3件程度の割合です。

浮気調査においてバレる一番の原因のほとんどは、探偵による調査では無く依頼者様が起因していることがほとんどで、これまでの経験上9割以上は依頼者様側からの発覚なのです。

依頼されている時点で既に対象者の警戒心は非常に強い状態で、探偵が調査に入り駄目押ししてしまったというケースがほとんどです。もちろん探偵側からバレることもありますが、プロの探偵はバレる前に現場から去ることを徹底しています。

バレなければ次のチャンスを狙える為ですが、例外として離婚を前提にしていてバレてもいいので証拠を撮ってほしいというケースもあります。

2.浮気調査がバレやすいケースはあるのか?

(1)依頼者も一緒に調査しようとする

対象者が家を出た後に心配になって自分でも途中までついてきたり、何故か張り込んでいるところに突然現れたりするような方の案件は、対象者が異常に警戒しています。又、探偵社に調査を依頼しているにも関わらず、心配で自分でもGPSをつけたり、携帯に追跡アプリを入れて確認していたり、ICレコーダーを仕込んでいたりしていると、大体行動が不審で警戒していることがほとんどです。

(2)初回の調査が一番バレやすい

発覚しやすいケースとしては、初回の調査が一番可能性が高いです。調査前までの夫婦間でどのようなやりとりが行われていたか分からない為、警戒レベルが分からない上、対象者の行動パターンや癖を見抜けない、という点があります。

(3)対象者が女性の方が圧倒的にバレやすい

男性よりも女性の対象者の方が圧倒的に発覚しやすいです。女性は周囲に対する観察力が高く、人物や服装を覚えることが得意です。

又、調査に対して警戒している他に、痴漢や強盗などに対する警戒心も強い為、特に夜の尾行や宅割(自宅特定)の難易度がとても高いです。夜に同じエレベーターに乗ったりすると違う階で降りて非常階段で移動したりもします。そんな所についていくとほぼ間違いなく発覚する上警察を呼ばれたりもします。

女性が既婚者だった場合には、不倫が発覚するリスクが男性よりも大きい傾向にある、という点も女性の警戒心が強い理由のひとつになります。

3.浮気調査が気づかれているかもしれない兆候は?

このような兆候が見られた場合には、探偵はすぐに調査を中断するか判断していきます。

  • 路上で突然立ち止まる
  • 何度も同じ方向に曲がる
  • 曲がった所で立ち止まっている
  • エレベーターに何度も乗る
  • エスカレーターで登りきり、そのまま逆に降りだす
  • 電車やタクシーに飛び乗る
  • 鏡張りの窓で自分を見ているふりをして後部を確認している
  • キョロキョロしながら携帯で電話している(誰かと相談している)
  • ビルやお店に入り通り抜けする
  • 信号無視をして反対車線に渡る

4.もし、浮気調査をしていることに気づかれてしまったらどうなる?

どうなる

気づかれそうになった場合、絶対にダメなのは特定されるまでついていって捕まってしまうことで、危険を察知したら即座に現場から立ち去ることが一番重要です。

但し、その場で拘束されたり逃げたとしても身元がバレる場合には、逆に警察に連絡してもらい警察官に話を聞いてもらいます。警察の方には事実を伝え、調査であり正当業務行為であることを理解してもらいます。その上で自分達の身分を明かさないようにお願いし、対象者を納得してもらいます。依頼があって調査していることや、自分達が探偵であることを明かしてはいけないという守秘義務があることを警察の方も理解してくれますので、絶対に調査していることは明かさないようにしてもらいます。もし、その場から逃げてしまうことで捜査されその上で特定されてしまったらほぼ確実に事件扱いとなり、処罰が下される可能性が出てきてしまう上、確実に事情が公開されることになります(軽犯罪法のつきまといや条例違反)

そうなった場合、探偵社や興信所は「不安若しくは迷惑を覚えさせるような仕方」等に該当するような尾行を行なったということで探偵業法違反となり処分の対象となります。

5.そもそも探偵の経験値が低いことでバレることも!?

探偵社や興信所を選ぶ際において、「聞いたことがある社名だから」であったり「全国各地に事務所があり大きいから」という理由で信用され依頼されることがありますが、それは要注意です。

というのも、聞いたことがある社名だったり全国各地に事務所がある会社というのは、ほとんどがフランチャイズの探偵社だからです。

フランチャイズというのは、お金を払えば簡単なノウハウを提供してもらい、誰でも開業出来る仕組みです。その為、脱サラをした方が実務経験なく運営している探偵社に依頼してしまう可能性もあります。探偵の技術を向上させるのは間違いなく実務経験です。経験こそが実力となり成果に繋がります。

フランチャイズの探偵社というのは、同じ名前を使用し運営することが出来る仕組みなので、聞いたことがあるような社名だったとしても注意してください。

まとめ

浮気調査において、絶対にバレないということはありえません。やる以上はバレる可能性が少なからず存在するからこそ、どういった状況でバレるのか?そしてバレた後の対処や、そもそもバレないような調査が可能な探偵社の探し方を知っておくことが大切だといえます。

慰謝料を請求するために、浮気調査を探偵に依頼する予定の方は、下記サイトを必ずご確認ください。失敗しないために必要な情報となります。

【探偵社や興信所に依頼する方は必見】浮気調査を依頼する前に必ずチェックすべき23のポイント

プロの探偵に浮気調査を依頼してバレる可能性はあるのか?バレる原因は何か?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です