探偵や興信所が行う内偵調査(潜入調査)とは

探偵や興信所が行う内偵調査(潜入調査)とは

探偵社や興信所における調査方法の代表的なものとしては、尾行や張り込みです。それ以外だと聞き込み調査などもありますが、これ以外に時折行う調査方法の一つに内偵調査というものがあります。この内偵調査は潜入調査とも呼ばれており、情報を入手したい先の企業に潜入したり、調査対象者が勤務している会社に潜入して情報を入手したりします。

浮気調査時においてよくあるのは、浮気相手の女性が水商売や風俗店勤務だった場合に、客に扮して内偵(潜入)し直接情報を収集します(通称、直調)

それ以外にも、親からの依頼で子供が勤務する風俗店に潜入し直接情報を入手することもあります。この内偵調査(潜入調査)について事例も含め解説していきたいと思います。

内偵調査(潜入調査)には2種類存在する

企業に潜入して情報を盗む企業潜入調査

潜入調査

内偵調査(潜入調査)とは、情報を入手したい先の組織に、その一員として潜入して情報を得る調査です。この場合においてよくある調査が、どうしても情報を収集したい企業に社員として就職して潜入し、企業情報を入手する企業潜入調査です。

ライバル企業などから依頼を受け、中途採用枠で入れるキャラクターを設定し、就職することができれば調査は可能となります。もしくは就職可能なスキルを持った人材を調査専用にリクルートすることもあります。

調査対象者の職場に潜入して調査対象者の人物像を把握する内偵調査

飲み会1

調査対象者が勤務している職場に潜入し、調査対象者に直接接触(直調)をはかり情報を入手していきます。その多くは調査対象者が水商売や風俗店に勤務しており、客を装って情報を入手していくことになります。

浮気相手がクラブのホステス、キャバクラ嬢、風俗嬢などの際に、そこへ探偵が客のふりをして潜入し直接情報収集を行うというものです。絶対に身分を明かすことなく情報を入手する必要がある為、事前のキャラクラー作り、シュミレーションがとても大事になります。

依頼者にとって浮気相手がどのような人物なのか?はとても大切な情報であり、配偶者との交際が本気なのか遊びなのか?を知っておくことで、その後の対応は変わってきます。

又、調査対象者と仲良くなることが出来れば、配偶者との不倫における情報を収集することが出来ますので、不貞を行う日が特定出来たりします。

内偵調査(潜入調査)で注意すべき点

まず大前提としては絶対に自分の身分(正体)がバレてはいけないということです。探偵として調べに来ているということがバレた時点で、調査は失敗となります。

又、痕跡を残してはいけません。携帯番号やラインのアカウントなどは仮のものを用意し、それ以外にも名刺や自分に関する情報は全て後で調べられても分からないようにきちんと事前に設定しておきます。

内偵調査は聞き込みが得意でなければ務まりません。会話が得意であり、なおかつ人間的に好感が持たれやすい人間しかできません。ある意味調査対象者を惚れさせるだけのキャラクターが演じれなければ難しいといえる調査です。

内偵調査(潜入調査)にかかる費用とは?

企業潜入調査は300万以上は必須

企業潜入調査は、就職から始めて一定期間は働く必要があります。まず欲しい情報にリーチ出来るまでには長い期間をかけて信用を得る必要があります。そして欲しい情報が取得出来たとしても、すぐに退職し不信感を持たれてはいけないのです。立つ鳥後を濁さず、の諺通りゆっくりと存在感を消していき退職していきます。

その為、期間にしては半年から1年というのもザラであり最低でも300万円以上はかかってきます。又、実費で発生した経費なども含めれば、調査期間にもよりますが500万~1,000万年以上というのが平均となります。

浮気相手の職場に潜入する内偵調査は10万+実費

浮気相手が勤務しているクラブ、キャバクラ、風俗店などに潜入し直接情報を収集する場合には、大体1回につき10万円程度とプラス実際に発生した費用がかかります。キャバクラや風俗店であれば2,3万円といったところですが、銀座や北新地、祇園のクラブだと10万円程度かかることもあります。

内偵調査(潜入調査)の調査方法

浮気相手がキャバクラ嬢だった場合の調査方法

水商売

浮気相手がキャバクラ嬢であった場合には、浮気相手を指名して内偵調査を行います。この場合において最も大切なのが、連絡先を交換し今後やりとりが出来る間柄になることです。それにより相手の行動パターンやスケジュールが少しでもわかるようになり、今後の浮気調査を実施する日程が絞り込めるからです。

又、ツイッターやインスタグラムなどのSNSをやっている場合にはそのアカウントを聞き出すことができれば大収穫になります。そのアカウントをすぐさまフォローし逐一発信している内容をチェックしていくことで、行動を確認していきます。

出来る限りお金に糸目をつけず金払いの良いお客として好感を持ってもらい、連絡が頻繁にとれて近い間柄になれれるようにします。そうして出勤日や休みの日などを把握しつつ、対象者と接触する日が絞り込めないかを探っていきます。探偵も出来る限り接近して好感を持たれ、多くの情報が聞ける間柄になれれば成功といえます。

内偵調査(潜入調査)の事例

妻がデリヘルで勤務していたケース

夫からの依頼で、どうやら妻が風俗で働いているかもしれないという相談を受けることがあります。依頼者が調べたところ、もしかしたらここかもしれない、という風俗店のHPに妻らしき人物がモザイク入りで写っていたので確認したいということでした。

その風俗店に電話して妻と思われる女性を指定したところ、やはりその妻でした。依頼者より妻だった場合にはプレイしないで欲しいと言われていた為、調査員は適当にやり過ごしてサービス提供を拒みつつ、何故風俗店で勤務しているのか?といった話をしました。

聞けばどうやらその妻は離婚をしたいと思っているらしく、その為の資金を貯めているということでした。夫が家計を管理しておりもらえる生活費は少なく、モラハラなどもあるということでした。話を聞けば聞くほど同情的な心境となる内容ばかりで、胸が痛んだ内偵調査でした。当然、その内容の一部始終を依頼者に伝えたところ、かなりショックを受けておりしょんぼりと反省している様子でした。風俗店で勤務していることを責めたところで何も事態は変わらないどころか、より一層離婚の意思を固められてしまう、というアドバイスを行いより優しくすべきということを伝え理解してもらいました。

子供が風俗店で勤務していたケース

最近になって一人暮らししている娘様が急に派手になり、お金も沢山持っているようなのだが、その理由が分からない。何か危ないことに手を染めているのではないか?と心配になったお父様より依頼を受けました。ひとまずお子様の行動を把握すべく素行調査として自宅を張り込んだ所、夕方頃自宅から出てきた娘様は、迎えに来た男性の車に乗り込み大きなビルに入っていきました。そのビルを張り込んでいたところ、ひっきり無しに男性と派手な女性が出入りしています。車に乗って帰ってきたり、建物から出て車に乗って発進していったりする様子から、このビルはデリヘルかホテヘルの待機所であることが分かりました。

娘様が建物から出てきて男性と一緒に車に乗り込んだ為、その車を追跡したところ案の定ラブホテル前で娘様が降車して一人でホテル内に入っていきました。

待機所と思われるビルにある会社で検索したところ、かなり大手の風俗店が入居しているビルであり、そのグループの若い娘専用店に娘様が掲載されているのを発見しました。お父様にその事実を伝えた所愕然とされていましたが、直接潜入し本人から何故風俗で働いているのかを聞いて欲しいということでした。自分で聞いた方が良いのでは?とも言いましたが、父親が本人に言うことは与えるショックも大きく、そして本人も本当のことを話さないだろうから第三者として聞いてきて欲しいということでした。

当然ですが、こういった場合においてもきちんとサービスを受けることにはなります。というのも、変わった客と思われたりしないようにする為です。

聞けば娘様は現在医療系の専門学校に通学しているものの、お金が足りず風俗で働いているということでした。ご両親に頼ってみては?という問いに対して、どうしても頼りたくないという一点張りであり我々が関知できない親子のいきさつがあるのだろうと思いました。とても素直で純粋な子という印象でしかなく、ある意味自分の信念を持って行動しているという印象を持ったほどでした。

まとめ

探偵者や興信所の調査方法は、対象者と直接接触をはからない尾行や張り込みがメインであり、それにより9割以上の情報を入手していきます。その反面、内偵調査や潜入調査は対象者に直接接触して情報を収集して残りの1割の情報を集める方法です。

しかしこれには高い技術力と経験が必要であり、下手をすると大問題になってしまう調査方法で諸刃の剣でもあります。成功した場合にはとても貴重な情報が入手出来ますので、バレないことを前提に実施してみても良いでしょう。依頼する場合には調査力が高く経験が豊富な探偵社に依頼しましょう。