探偵にお金を払ってまで浮気の証拠を集めるメリットとは?

探偵にお金を払ってまで浮気の証拠を集めるメリットとは?

探偵社や興信所に対して浮気調査を依頼することは、とてもハードルが高く、なかなか簡単にはしづらいものだと思います。しかし、ちょっとした勇気で行動を起こすことにより、今まで考えられなかったような知識や、精神的な安定を得ることが出来るようにもなります。そして身に起こっている問題に対して解決していけるようにもなるのです。

悩んでいる時間や辛い時間を小さく、そして短く出来る可能性があるのが浮気調査であり、探偵に依頼するメリットなのです。

今回は探偵社や興信所に浮気調査を依頼するメリットとデメリットをそれぞれ紹介していきたいと思います。

目次

1.探偵社や興信所に浮気調査を依頼する10のメリット

見る

(1)裁判で使える確実な証拠が撮れる

自分で調査を行って、裁判で使えるほどの不貞の証拠を撮ろうと思ったとしても、発覚する可能性があったり、いざ撮れたとしても裁判に使えるまでの証拠を撮ることがほとんどであり、結局は泣き寝入りすることになります。そうなってしまったら、そこから挽回することは極めて難しくなってしまいます。

(2)相談することで、自分の気持ちが整理出来る

夜も寝れなかった毎日モヤモヤした気持ちで過ごしていた時間を、相談することにより先が見えて、やるべきこととやってはいけないことの整理がつくようになります。その結果、自分の気持ちを整理することが出来るようになり明るさを取り戻すことが出来るようになります。どうすれば良いかわからない気持ちから解放されることになります。

(3)証拠の使い方を教えてもらえる

証拠は使い方次第で、明暗がはっきりします。要するに証拠の使い方一つ間違えてしまったら慰謝料請求することも出来なくなり、かえって立場が悪くなってしまいます。又、修復できた関係が、使い方を間違えて修復不可能になってしまう可能性もあります。

(4)浮気という相談しにくい内容に対して打ち明けれる相手が出来る

浮気問題は身近な人間や親族などにとても話しづらいことだと思います。相談された側も迷惑になるケースが多いので、適切なアドバイスが出来る人が身近にいることは少ないのです。そんな中で間違いの無いやり方をアドバイスしてくれて、何でも打ち明けられる存在というのはとても心強く、それにより夫婦関係の修復にも繋がる可能性も高くなります。

又、打ち明けられる相手ができたことにより、自分に自信がつき、明るい気持ちに転換出来るきっかけを作れるようになります。

(5)浮気相手の間違いない情報を得ることが出来る

人づてに聞いた情報であったり、自分でフェイスブックやラインを見たりして判明する情報は、嘘が混じっているケースも多く、その情報が正確である裏付けが無いので法的な行動に出ることが出来ません。探偵社や興信所に依頼すると、慰謝料請求が可能なレベルの正確な情報を得ることができます。

(6)依頼することで安心を得ることが出来る

確実な証拠が、普段通りの生活をしながら得ることが出来るので、周囲にバレたり気付かれたりすることが無く、なにより心の負担が緩和されます。真実を明らかに出来ない不安を払拭することが出来ます。

(7)今まで感じていた不安を解消出来る

本当のことを知りたいと思いながらモヤモヤと生活したり、毎日メールを見たり、帰宅時間を気にしたり、下着をチェックしたりするストレスから解放されます。メールを見たりラインを見たりしていることが相手にいつバレるのか?という不安から解消されますし、浮気相手とのショックを受けるやりとりを見ないで済むことになります。

(8)法的な権利を得ることが出来るので慰謝料請求が出来る

調査力や調査料金にはには各社バラツキがあるものの、探偵社や興信所は浮気調査のプロです。裁判に勝てる証拠がどういったものなのか分かっているので、法的な権利を得ることができます。

最近の探偵社や興信所には顧問弁護士がいる所が多い為、そのまま慰謝料請求や有利な離婚を引き続き依頼することが出来ます。探偵社や興信所の顧問弁護士は慰謝料請求の経験が豊富な為、他弁護士よりも良い結果が得られます。

(9)プロに依頼することにより失敗しない方向にすすめられる

数多く浮気問題を経験している為、先々が見えています。依頼者の要望を叶える方向にもっていくことが出来ます。又、間違ったやり方をしている方に、勝てる方向に持っていくことが出来ます。だからこそ失敗しない結果が得られます。

夫婦問題は統計上、受けた相談数によって正しい答えがわかるようになります。

(10)普段通りの生活を行いながらも証拠が撮れることにより法的な権利を得ることが出来る

配偶者の浮気問題を抱えている方は、感情のコントロールが出来なくなり、普段通りの生活が出来なくなり、夜眠れなかったり、食欲がなかったり、何もする気がせず、仕事に手がつなかったり、子供の面倒を見ることが出来なくなるケースが多くあります。

探偵社や興信所に依頼することにより心のストレスから解放される為、普段通りの生活が出来るようになります。又、本当に苦しい時にタイムリーにアドバイスを受けることも出来ます。

予約して行かなければならない精神科医には不可能であり、探偵社の相談員だからこそ出来るサービスです。

2.探偵社や興信所に浮気調査を依頼する5つのデメリット

悩む男性

(1)お金がかかる

探偵社や興信所の調査料金は、各社バラバラではあるものの、安くても20万、高ければ500万などの料金が証拠を撮るまでに発生する場合があります。

(2)浮気相手との見たくも無いシーンを見なければいけなくなる

ほとんどの探偵社や興信所は、調査の内容を映像に収めますが、その中には浮気相手とラブラブなシーンが撮影されているので、見たくもないそんな映像を目の当たりにすることになります。

(3)自分の個人情報を伝える必要がある

探偵社や興信所に依頼する場合には、自分の個人情報を全て伝える必要があります。きちんとした会社であれば問題ありませんが、中にはその個人情報を悪用するような悪質な会社もあります。

(4)必ず浮気の証拠が出るわけではない

浮気していると思って依頼したものの、勘違いで浮気の事実が無いということもありえます。

又、探偵社や興信所の調査レベルには大きく違いがありますので、浮気があったとしてもそれを証明出来ずに調査が終了してしまう可能性もあります。

(5)調査をすることにより知りたくもなかった真実を見なければいけなくなることもある

浮気を疑って調査依頼したが、調査した結果、全く違う真実がでてくる可能性もあります。過去にあったケースでは、夫が同性愛者であったり、女装趣味があったり、薬物中毒者であったり、リストラされていて仕事をしてなかったりしたことがありました。

又、妻が風俗で勤務していたり、子供への虐待があったり、自分の親族(兄弟、義理の親、義理の子供など)と浮気していたなどです。

受け止めることがなかなか難しい真実が出てきてしまうことがあります。

3.自分で浮気調査をするリスクとは?実際にあった失敗例

(1)調査していることを配偶者に発覚してしまう

発覚した場合には、99%浮気相手の味方をして、浮気相手の前で自分が責められたり、場合によっては殴られたりすることもあります。

こうなった場合、自分の立場は相当惨めな状況となり、浮気相手をより一層調子に乗らせます。浮気相手の方が愛されているという証明を自らしてしまうことになります。

(2)子供や両親などの身近な存在にバレてしまう可能性ある

調査をすることによって自分の行動パターンが違ってくることになるので、身近な人にはすぐに分かってしまいます。それによって家族問題が大きくなってしまい、修復出来たものが出来なくなってしまうことにも繋がります。

又、調査をした経験が無い中で調査することにより、周囲にはバレバレですので、本人の耳に入ってしまうことにもなります。

(3)車での尾行時に慣れていない為事故を起こしてしまう

車での尾行はとても危険です。尾行に気をとられるあまり、周囲の交通状況に対して注意力が低下してしまい、事故を起こしてしまうのです。

又、車以上に危険なのがバイクです。バイクの場合、事故によっては命の危険もあります。

(4)肉体的にも精神的にも強い負荷がかかる

調査することは昼夜逆転の生活をすることになるので、かなりの体力が必要とされます。又長時間の張り込みは忍耐力を必要とします。

配偶者の浮気を目の当たりにするということは、多大な精神的ストレスがかかり、冷静に対処していくことが難しくなります。

4.こんな探偵社や興信所には気を付けて!

注意点

(1)個人情報を漏洩させる、金銭目的で売却する

浮気調査を依頼される場合には、自宅や勤務先などの個人情報を全て伺う必要があります。その情報を使って脅しに利用したり、どこかに情報を売って金銭を得るというような探偵社や興信所が未だに存在しています。

(2)調査対象者に調査していることをバラす

調査対象者に接触し、調査していることをバラした上で、浮気の事実を公開しない代わりに金銭を要求するような会社があります。

(3)高額な調査費用をとる

浮気調査において、どんなにかかったとしても200万円以上は法外であると言えます。会社によっては500万円のプランや1,000万円のプランなどがある会社もありますが、そこまでの費用がかかる調査というのは現実的に存在していません。

会社によってはお客様によっては見せる料金表を変え、取れる人からは出来るだけ取るという方針の会社もあります。ホームページに記載されている料金と異なる場合は要注意です。

(4)調査時間、調査内容を誤魔化す

調査を実施していないにも関わらず調査をしたと報告したり、調査内容のデータを改ざんして実施していたと誤魔化す会社があります。

(5)カウンセラーの資格を持っている相談員がいない

専門の知識がある相談員に相談することによって、精神的なストレスから解放出来たり、支えてもらえることで調査中に動揺しないで済むことになります。その結果、調査中に対象者に気付かれたり勘付かれることがなくなります。調査における発覚のほとんどは調査期間中の依頼者の動揺によって、対象者が警戒することがほとんどなのです。

(6)調査力や経験がほとんど無い為に別人を追跡する

張り込みしている場所から出てきた人物を、対象者かどうかを見分けることが出来ずに追跡しており、全て別人の調査をしていた、ということもありえます。

(7)証拠として使えない映像や報告書が提出される

全て後ろ姿の映像であったり、肝心なラブホテルからの出入りの際の映像が撮れていなかったり、撮れたとしても顔がわからず誰だか分からない、というような証拠だと使えません。裁判に通用する証拠が撮れる能力のある会社に依頼すべきです。

(8)調査料金を前納したものの、調査結果が無い

報告図書すら無かったり、電話一本だけの報告で終わってしまうような会社があります。ほとんどが前納制ですでに料金を支払ってしまっているので、返金されることもありません。

まとめ

探偵社や興信所に依頼することはとてもハードルが高い為、相談することすらなかなかしにくいですが、探偵社や興信所に依頼することにより、確実な証拠を撮ることが出来る安心感と、その安心感を持つことで夫婦関係を改善することが出来たり、一歩引いて客観的に配偶者を見ることが出来るようになります。

又、安心感を持っておくことでイライラすることが減り、その結果、調査結果を待たなくても夫婦関係がやり直しの方向に行くケースもあります。いずれにせよ調査を依頼することによって修復しやすい環境を作ることが出来るようになります。

浮気調査を頼もうとご検討中の方は、下記サイトを是非ご確認ください。

【探偵が教える】出来る限り浮気調査を安く依頼する為に知っておくべき11のポイント