【浮気が原因で離婚したい方へ】絶対おさえたい浮気の証拠とは?

【浮気が原因で離婚したい方へ】絶対おさえたい浮気の証拠とは?

パートナーの浮気が原因で離婚をしたい場合でも、何も証拠がなければ、パートナーが離婚に同意しない限り離婚する事は出来ません。よくあるケースとして、パートナーが会話の中で不貞行為を認めるような話をしたとしても、土壇場になって否定されてしまった場合、決定的な証拠がなければ同じ条件での離婚となってしまいます。

慰謝料を請求しない場合であれば、多少証拠が不十分であったとしても、複数の証拠を組み合わせることによって離婚を成立させる事が出来る可能性がありますが、慰謝料を請求する場合はしっかりとした不貞の証拠が必要となってきます。

そこで今回は、パートナーの浮気があって離婚を検討している方が、持っておくべき証拠について解説していきたいと思います。

1.慰謝料請求せず離婚したい場合におさえておきたい証拠

以下に紹介するものは不貞を示す証拠にはなりませんので慰謝料を請求することは難しいですが、裁判の前に相手に浮気をしていたと認めさせる事が出来れば、十分に離婚を成立させる事が出来る可能性があります。

裁判になれば、これらの証拠は1つ2つだと、離婚を成立させるには難しいです。このような不貞ではない証拠だと、必ず複数の証拠が必要となってきます。 

(1)ラブホテルなどの領収書、風俗店の利用、クレジットの明細

レシート

ホテルの領収書があれば、宿泊をしたという証拠にはなりますが、誰と宿泊したのかなど不確定な点が多く、不貞の証拠にはなりません。

但し、明らかに怪しいラブホテルの利用履歴、風俗店を利用している履歴、不倫していることが分かるような領収書やクレジットカードの履歴などで、離婚を成立させることが出来る可能性があります。

(2)メールやLINEなどの履歴

LINE

メールやLINEでのやりとりがあり、内容的にどう考えても浮気しているであろうと推測されるような場合において、浮気相手と連絡を取り合っていたという証拠なので、裁判の前に相手に浮気をしていたと認めさせる事が出来る可能性があります。

テキストデータを保存しておいたり、スクリーンショット画面を印刷をするなどしてとっておきましょう。内容的に肉体関係を想起させるものであれば慰謝料請求の対象にもなります。

(3)電話の通話履歴

頻繁に特定の異性と連絡をとっているという事を証明できるものです。こちらも、メモに取っておいたり、印刷をするなどしてとっておくとよいでしょう。但しこの場合において必須なのは、連絡をとっている特定の電話番号相手が誰であるのか?の裏がとれていることです。そして、その携帯電話が会社用では無いことも重要です。

通話している内容までは分かりませんので、万が一会社用だった場合には、言い逃れが可能になってしまいます。

(4)キスをしているような2ショットの写真

恋愛体質

キスをしているだけでは不貞とは認められませんが、相手に浮気を認めさせるには十分な証拠となり得ます。離婚するだけであれば離婚理由の一つである「婚姻関係を継続しがたい事由」に該当します。

データを送信したり、印刷をしてしっかりと残しておきましょう。

(5)ボイスレコーダーなどの録音データ

配偶者に浮気をしている事を認めさせ、それをボイスレコーダーなどの録音機器で録音しておけば、証拠となる可能性があります。録音した後に文書などにして置いておくと良いでしょう。

(6)浮気相手からの手紙

浮気相手からの手紙なども、浮気を認めさせる事が出来る可能性があります。内容にもよりますが、言い逃れをされてしまう可能性が高いため、単体では証拠とするのは難しいですが、印刷などでも良いので、残しておいた方がいいでしょう。

2.慰謝料請求しつつ離婚もしたい場合におさえておきたい証拠

以下に紹介するような証拠を集めて弁護士などに依頼する事で、慰謝料を請求する事が出来ます。

自分や友人の協力などによって、これらの証拠を集める事は不可能ではありませんが、一度浮気相手にバレてしまうと、これらの証拠を撮影する事はかなり難しくなってしまいます。

確実に慰謝料を請求出来るよう、初めから探偵社に依頼した方がリスクが少なく、安全に証拠を集める事が出来ます。

(1)ラブホテルへの出入りしている瞬間の写真や映像

0780 2

ラブホテルの場合は一般的に性行為をする場所と認識されているので、3~3回程度の撮影が出来れば十分慰謝料を請求できる証拠となります。

慰謝料請求する上で最も確実な証拠となりますが、顔が鮮明に写っており1時間以上は滞在していたことが証明出来るような映像が必要となります。

(2)浮気相手の住居などへ出入りしている瞬間の写真や映像

浮気相手の住居に入った場合において、性行為をしているのかどうかはわかりません。なので、宿泊をしているという証拠が2~3回程度なければ、言い逃れをされてしまう可能性もあります。

出入りしている映像の他、外でのデートシーンなどがあれば確実です。

(3)性行為をしている事がわかる、もしくは十分に推測できる写真や映像

H

性行為を確実にしているという証拠があれば完璧な証拠となりますが、現実的に撮影するのは難しいでしょう。

ただ浮気や不倫している人の中には、行為の最中の撮影をしている人がいらっしゃり、そういったデータをパソコンやUSB、SDカードなどから発見して証拠にすることがあります。注意すべき点としては、そういった映像や画像には、相手しか写っていないケースが多いです。

その場合において、配偶者との肉体関係を証明することが難しい為、行為を行っている双方の顔が写っていた方が良いです。

(4)デートシーンなどの写真や映像

浮気 女

デートシーンだけでは不貞の証拠にはなりませんが、1~3の証拠と組み合わせる事によって、証拠能力を強くする事ができます。

どの程度の関係性なのか?によって密着度も異なりますので、ただ手をつないでいるよりも、腕を組んで時折キスしたりボディタッチが多いなども関係してきます。

まとめ

離婚を成立させるだけなら、状況証拠や2ショットの写真などで、相手に浮気を認めさせる事が出来れば、十分に離婚を成立させることが出来ます。

しかし、慰謝料を請求しようと思えば、性行為をしているという証拠が必要となってきます。ラブホテルなどへの出入りも1度だけなら言い逃れをされてしまう可能性もあるので必ず複数回の出入りを証明できる写真などが必要となってきます。それらの証拠を集める為には探偵社への依頼が一番リスクが少なく、確実性があります。慰謝料を請求したいと思っている方は是非探偵社にご依頼ください。探偵社に浮気調査を依頼する前にチェックすべき23のポイント

【浮気が原因で離婚したい方へ】絶対おさえたい浮気の証拠とは?