離婚せずに浮気相手から高額な慰謝料をもらうための重要なポイントとは?

離婚せずに浮気相手から高額な慰謝料をもらうための重要なポイントとは?

この記事にたどりついた方の中には、夫または妻が不倫をしていて非常に腹立たしいが、今後のことを考えて簡単に離婚できないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

不倫に関しては、不倫をしている本人達がなにより悪い。

それなのに、なぜ不倫をされた側はただ黙って見過ごすしかないのか?と、やるせない気持ちになりませんか?

そんな時は相手に慰謝料の請求をすると、不倫されたという事実は消えなくても納得して前に進めるかもしれません。

1、慰謝料は離婚する時にだけにもらえるものではない

離婚せずに浮気相手から高額な慰謝料をもらうための重要なポイントとは?

「浮気が原因で離婚した場合は慰謝料がもらえる」、慰謝料に関してそんなイメージをお持ちではありませんか?

実は、慰謝料は離婚時のみに請求できるものではありません。

もちろん婚姻関係(=結婚している)にないと慰謝料は請求できませんが、そもそも慰謝料とは「平穏な婚姻生活を浮気という行為で侵害された」ということで発生する一種の損害賠償請求なのです。

「平穏な婚姻生活」に対しての損害賠償請求ですので、慰謝料はなにも離婚する時にのみ請求できるものではありません。

夫または妻が相手の浮気により平穏な結婚生活を「害された」と判断すれば、慰謝料を請求される可能性もあるのです。

2.慰謝料を不倫相手からもらいたい場合

さて、あなたは夫または妻から不倫をされた場合、誰のことを一番恨むでしょうか?夫または妻でしょうか?または、その不倫相手でしょうか?

不倫は一人でできるのもではありません。相手があって起こることですので、慰謝料は

夫または妻、そして不倫相手の双方が支払う義務を負うことになります。

離婚せずに浮気相手から高額な慰謝料をもらうための重要なポイントとは?

しかし、こう考える方がいます。

「夫が不倫してもまだ離婚はしたくない。夫に慰謝料を請求して夫が私に支払ったら、夫の財布=家の財布に響くから、できれば不倫相手からだけ慰謝料をもらいたい」。

この場合は、どうすればよいのでしょうか?

本来であれば、夫または妻と不倫相手の双方で償うべき慰謝料ですが、実際の裁判では不倫相手だけに慰謝料を請求するというパターンも認められています。

しかし、一方的に不倫相手だけにあまりに高額な慰謝料を請求すると、失敗することもあります。

なお、慰謝料請求された不倫相手は一方的に夫または妻から慰謝料を請求された場合、いったんは支払わなくてはなりません。けれども、それが不満の場合はその後夫または妻に対し慰謝料を請求することができるのです。

こうなってくると、本当にドラマのようでコワイですよね。

離婚せずに浮気相手から高額な慰謝料をもらうための重要なポイントとは?

3.不倫相手からもらえる慰謝料の相場は?

離婚せずに浮気相手から高額な慰謝料をもらうための重要なポイントとは?

さて、不倫相手からのみ慰謝料をもらうことも可能ですよ、という話を致しましたが、実際にもらえる額はどの程度なのでしょうか?

不倫の慰謝料の相場ですが、数十万円~300万円程度と幅があり、平均的なところでは200万円前後と言われています。

4.不倫相手から高額な慰謝料をもらうためのポイントは

離婚せずに浮気相手から高額な慰謝料をもらうための重要なポイントとは?

さて、ここまで慰謝料は離婚時の時にのみ請求できるものではなく、不倫時にも請求できるものである、ということをお伝えしてきました。

それでは、どのように不倫相手から高額な慰謝料を請求できるのか?具体的なプランについてご紹介していきます。

①慰謝料請求するための条件を確認

離婚せずに浮気相手から高額な慰謝料をもらうための重要なポイントとは?

結婚相手が不倫をしていれば、即慰謝料につながる、という訳でもありません。ここであなたが慰謝料請求したい不倫相手の行為が慰謝料請求に相当するかの条件の確認をしましょう。

【条件1】男女関係がある

いわゆる肉体関係があったかどうか、そしてそれを証明できるかどうかが慰謝料請求において重要なポイントです。

【条件2】故意または過失がある

不倫相手があなたの夫または妻に配偶者がいることを知っていたかどうか、これも重要なポイントです。家族があることを知っていながらデートの誘いにのる、よく考えたら気づけることができたのに気付こうとしなかった、という場合も慰謝料請求に相当します。

【条件3】不貞行為により夫婦関係の破たんが認められる

夫または妻が第三者と不倫をする以前から、既に夫婦関係が冷え切っていたという場合もあるでしょう。その場合は、不倫が夫婦の仲を引き裂いたとはいえないので、慰謝料請求することができません。

②不倫の証拠をとる

離婚せずに浮気相手から高額な慰謝料をもらうための重要なポイントとは?

上記の条件に当てはまる、是非不倫相手に慰謝料を請求したいというあなたが次にするべきことは、不倫の証拠をとることです。不倫の証拠は、あなたの「夫または妻」が「不倫相手」と「いつ」「どのくらいの頻度で」会っていて、「男女関係にあった」という決定的なものである必要があります。

しかし、不倫の証拠って具体的にどうやってとればいいの?と疑問に残ると思いますので、以下の4種の証拠に分けてご説明します。

(1)メール文面・LINEなどのキャプチャー

あなたの夫または妻と不倫相手の交わしているメールやLINEの文面がわかる画面(キャプチャーデータ)やテキスト文書を入手しましょう。キャプチャーデータは、別名スクリーンショットとも呼びます。

いずれも、文面を交わしている年月日やメアド・アカウント情報などの詳細がわかる方がより望ましいです。

キャプチャーの取り方ですが、スマホの場合は該当画面を表示させ電源ボタンの長押しをするとスクリーンショットを選択できるようになります。スマホの機種により操作方法が違うので、あらかじめネット検索して確認します。

PCの場合は、同様に証拠となる画面を開いたうえでctrlキーとPrint Screenキーを順に押せば画面のコピーが完了です。あとは、それをWordなどのファイルにctrlキーとvキーで貼り付けて保存すれば完了です。

(2)電話の通話記録

離婚せずに浮気相手から高額な慰謝料をもらうための重要なポイントとは?

電話の通話記録は、通話内容ではなく何月何日にどの番号とどれくらい(パケット量)通話した、という明細です。そのため、この記録がある=不倫をしている証拠、ということにはなりません。しかし、特定の相手と頻繁に電話をしているということは、補助的な証拠にはなるでしょう。

通話記録は、原則電話の契約者本人でないと取り寄せる事はできません。しかし、妻の携帯電話を夫が家族契約として代表で契約している=名義人本人の場合は、取り寄せる事は可能です。

通話明細は通常紙・WEBの2種があります。紙で欲しい場合は、初回契約時に申し込みしていないのであれば電話して請求しましょう。キャリア(電話会社)により、完全無料の場合と1通のみ無料などの取り決めがあります。WEB明細の場合は、キャリアのマイページにログインして請求情報を確認しましょう。その中で、通話明細が見られる箇所があります。プリントアウトすれば証拠として提出できます。

(3)不倫相手とのデート写真

離婚せずに浮気相手から高額な慰謝料をもらうための重要なポイントとは?

夫または妻がデート中の写真があれば、これは決定的な証拠となります。デート中といっても、単に道を歩いているだけの写真ではなく、男女関係にあることがわかる写真がベストです。ラブホテルからの出入りや、車でのお迎え時の写真など、いわゆる有名人がよく不倫現場としてスクープされているような、あの写真です。

(4)各種領収書

ラブホテルの領収証があれば、これも重要な不倫の証拠となります。レストランや映画館での領収書は、残念ながら不倫関係にあったと証明できるものではありません。

(5)探偵・調査会社の報告書

離婚せずに浮気相手から高額な慰謝料をもらうための重要なポイントとは?

探偵や調査会社は、あなたやあなたの夫・妻と元々関係のない第三者です。あり得ない話ではありますが、もしあなたや不倫相手がどんなに不倫に関しての報告書を作成したとしても、実際の当事者ですので自分に都合の良い内容にするでしょう。

そのため、探偵や調査会社の作成した報告書は、「不倫問題に関係のない第三者が作成した、事実確認ができる冷静なレポート」として評価されます。

参考:裁判で通用する浮気や不倫の証拠ってどんなもの?上手な証拠の使い方と集め方を紹介

4.より高額にするには?

離婚せずに浮気相手から高額な慰謝料をもらうための重要なポイントとは?

ズバリ、より高額な慰謝料にするには、不倫によるダメージが大きい、とアピールすることが重要です。

そのため、「不倫により自分自身が病気になった。診断書もある」、「子供がひきこもった」などの家庭崩壊をイメージさせる証拠があるのであれば、合わせて提出した方が高額な慰謝料を目指せます。

まとめ

いかがでしたか?不倫による家庭崩壊は、決して楽しいものではありません。まずは不倫がないことが一番ですが、どうしても平穏な結婚生活を持続できない、という時の1つの手段としてお伝えしました。

不倫に関しては、決して一人で悩まないでください。信頼できる他の家族や友人、また時には探偵事務所や弁護士にも相談しましょう。

離婚せずに浮気相手から高額な慰謝料をもらうための重要なポイントとは?