ストーカーされているのであれば、自分を守るためにも証拠が絶対必要に!

ストーカーされているのであれば、自分を守るためにも証拠が絶対必要に!

現代社会において凶悪犯罪やストーカー事件は決して珍しいことではなくなってしまいました。忌々しいストーカー事件によって、尊い命が奪われるニュースも記憶に新しいでしょう。ストーカーされているのでは?と感じた時には、何かがあったときでは手遅れですので、すぐにその対処を始めることが大切です。ストーカー被害を受けている場合、通常は警察に被害届を出すことになりますが、ストーカーの相手が分かっている場合でも、よほどの事件性や悪質な被害が出ていないとなかなか本腰を入れて取締をしてくれません。

ストーカー被害や相談というのは大変多く、どうしても事件性の低いものは後回しにされがちのようです。

しかし決定的な証拠を入手することができていれば対応も変わります。つまり、しっかりとした証拠さえあれば、警察の援助を受けられますので、警察に助けを求めるためには、ストーカーされている証拠が非常に大切になります。

今回は、どんな証拠を集めておけばよいのかをご紹介致します。

1.警察に助けてもらうための証拠の集め方

(1)着信履歴、留守番電話は絶対に残しておく

録音

警察にストーカー被害を訴える際には、その証拠となるものは必要不可欠です。多くの場合は電話を証拠として提出できますので、加害者からの連絡はたとえ気持ちが悪くても削除してはいけません。

特に着信履歴や留守番電話は、意図しなくても自動的に記録がされるものです。

加害者からの着信がどれほどの頻度で来ているのかや、どのようなメッセージが残されているのかを見せることができれば、警察も具体的な動きをしやすくなります。

最近の携帯電話などではそれらを保護しておく機能も備わっています。

他の着信やメッセージで証拠が流れてしまわないよう、迅速に記録や保護をするようにしましょう。

現行の法律では、SNSサービスなどは規制の対象に入りません。ですから着信履歴や留守番電話の証拠としての価値は非常に高いことを覚えておきましょう。

(2)手紙、メールは絶対に残しておく

メール

手紙やメールなどは気持ち悪くて捨ててしまう人も少なくありません。

しかし、それらのものは大切な物証になる為必ず手元に残しておくことが大切です。

この証拠により、警察の援助が受けられることがあります。

(3)知り合いに動画や写真を取ってもらう

ストーキング

ストーカー被害を立証するために、動画や写真を知り合いに協力してもらいストーカーされている写真や動画を用意することができるととてもよいでしょう。

たとえば自分が加害者に尾行されている様子を知り合いに撮ってもらう場合は、自分と距離を空けて後ろを歩いてもらい、その間に加害者を入れるという構図が理想的です。

もし直接傷付けられるようなことがあれば、その傷を撮影しておくのも忘れてはいけません。そして警察などへ被害を訴える際には、その知り合いに付き合ってもらい証言をしてもらいましょう。1人で掛け合うよりもずっと説得力が増します。

協力者がいれば、この方法も取れますが、リスクを伴うため、なかなか協力してくれる方を探すことが難しい現状があるかも知れません。

(4)プロの探偵に動画や写真を取ってもらう

動画

証拠となるのは実際にストーカー行為を行っている際の動画や写真となりますが、一般の方ではこれらを記録するのは困難を極めます。そこで重宝するのが探偵で、彼らは日頃から身辺調査や素行調査を行うプロですから、警察に提出できるレベルの証拠を簡単に押さえることができるのです。

もちろん費用はかかってしまいますが、自分でも今まで遭った被害を記録したり伝えることで行動パターンが絞られ、より早い証拠固めが期待できるのです。

2.どんな証拠があれば、警察は動いてくれるのか?

検証

ある人からストーカーされた場合には、何とかそのストーカーから逃れるために警察に相談をする必要がありますが、何の証拠もない場合には警察が動いてくれることは殆どないです。

警察としては証拠がなければ本当にストーカーされているのかどうか分からず、もしかしたら被害者を装ってある人を罠に仕掛けようとしているのではないかと考えてしまうこともあります。

それも一理あるので証拠がないと警察が動かないと言うのはある程度納得出来ることですし、民事不介入の原則があることも大きな要素となっています。

しかし本当にストーカーされていることが分かったら警察は動いてくれるので、そのためにも証拠を残すことが大切なのです。

上記でご説明した、電話、メール、手紙、動画、写真などがあれば、警察が動いてくれると考えてよいでしょう。

まとめ

警察に助けてもらうために、電話、メール、手紙、動画、写真などの証拠を取ることが非常に大切になります。

ストーカー被害にあわれているのであれば、絶対に証拠を残しておいてください。

 

ストーカーされているのであれば、自分を守るためにも証拠が絶対必要に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です