【静岡県】で浮気調査を依頼するなら!浮気調査の特徴と探偵社の選び方

【静岡県】で浮気調査を依頼するなら!浮気調査の特徴と探偵社の選び方

静岡県は東西に愛知県や神奈川県といった大都市があり、県内でも繁華街やデートスポットが多くある浮気調査がよく行われる地域といえます。

現在、静岡県でパートナーの浮気問題で悩まれている方の為に、静岡県での浮気調査の特徴や、探偵社の選び方などを記していきます。また、静岡県で実際にあった浮気調査の事例をあげ具体的な浮気調査の内容を紹介していきます。

1.静岡県での浮気調査の特徴

(1)エリア分けからみる調査の特徴

【静岡県】で浮気調査を依頼するなら!浮気調査の特徴と探偵社の選び方

静岡県を大きく分けると西部エリア、中部エリア、東部エリアになります。立地条件から考えると中部地方位と関東地方それぞれの文化や風土の影響をうけいるといえます。

浮気調査をする際のエリア分けをすると、浜松・浜名湖エリア、焼津・藤枝エリア、静岡・清水エリア、富士・御殿場エリア、熱海・伊豆エリアの5エリアに分かれます。

浜松・浜名湖エリアや静岡・清水エリアでは企業や繁華街も多く、都心部での調査が多く行われます。反面、熱海・伊豆エリアでは観光地や自然が舞台になる浮気調査が行われ、各エリアに上手く対応できる調査能力が必要になります。

浮気問題を解決するにはまず、対象者が行動するエリアをしっかり把握していく事が重要になります。パートナーの生活パターンを記録し、移動手段を特定しておくだけでも調査に着手する際に整理されたデータとして反映する事ができます。

(2)人口からみる調査の特徴

静岡県の人口をみると約370万人で静岡市、浜松市、富士市などが人口ランキングの上位にあがっています。

それぞれ人口の多いエリアでは、浮気調査がよく行われる都市部や住宅地といった人口密度の高い場所がそろっています。

浮気調査では対象者の行動するエリアが都心部と郊外では調査方法が大きく異なってきます。パートナーの行動範囲が何処まで広いかや、行動するエリアの昼夜の人口にどれらい差があるのかを把握しておく事で調査方針が立てやすくなります。

エリアを広げて人口データをみると離接する都道府県の人口は愛知県が約726万人、神奈川県が約907万人と日本代表する大都市に挟まれる構図がみえます。他府県での浮気の可能性を想定しておく事も重要です。

2.静岡県で浮気調査を探偵社選ぶ方法

【静岡県】で浮気調査を依頼するなら!浮気調査の特徴と探偵社の選び方

(1)全国で調査を展開している探偵社

静岡県の浮気調査で予想される調査範囲は、愛知県や東京まで広がる可能性があります。

浮気調査では必ずしも同じエリアだけで、調査が進行していく訳ではありません。愛人との旅行やデートといったシチュエーションでもしっかり対応できる探偵社に依頼する事が重要です。

また、全国で浮気調査を行っている探偵社の中でも静岡県での調査を多く行っている探偵社に相談する事も浮気問題解決の近道といえます。

静岡県で実際によく不貞に使われる御殿場IC、沼津IC、浜松ICなどのラブホテル街を把握して調査方針を立てる探偵社がお薦めです。

3.静岡県での浮気調査で対象者が行くデートスポット

【静岡県】で浮気調査を依頼するなら!浮気調査の特徴と探偵社の選び方

(1)浜名湖

浜松・浜名湖エリアにある、日本で3番目に大きな湖です。

夏場には、海水浴や潮干狩りといったデートを楽しむカップルも多くみられます。

周辺にはウナギ店が並びグルメデートにもぴったりです。

(2)高草山山頂

焼津市にある夜景スポットです。

静岡県内でも指折りのドライブデートによく使われるコースです。

山頂付近には駐車スペースもあり、焼津市内を一望できます。

(3)静岡市街

静岡県の中部エリアで定番のデートスポットです。

中心地にはパルコやマルイもあり、エリア最大の繁華街といえます。

都会派のデートでは頻繁に登場します。

(4)御殿場プレミアムアウトレット

御殿場市にあるアウトレットモールです。

御殿場ICからすぐとアクセスも抜群で、ショッピングデートに人気のスポットです。

200を超える店舗数がありファツションからグルメまで楽しめ、観覧車から富士山を見る事もできます。

(5)初島アイランドリゾート

熱海市にある離島、初島にあるリゾートです。

南国を感じられるロケーションの中でランチやBBQが楽しめます。

都内からも近く、人気のデートスポットです。

4.静岡県で実際にあった調査事例

(1)ご依頼内容

ご依頼者様は静岡市内にお住まいの30代女性で専業主婦をされています。

結婚して5年目で、夫(対象者)は40代で静岡市の中心部の商業施設でマネージャーをしています。日頃から帰宅時間は遅く、行動が不明な点が多くありました。

どんなに遅くても深夜には帰宅ていましたが、最近は出張が多くなり、言動も辻褄の合わない事が増えてきた。

浮気を疑う言動が増えてきたので、問い詰めると離婚ををチラつかせてきた。真実を知り、浮気が判明した場合は離婚も考えているというご相談でした。

(2)調査1日目 対象者の行動パターンを調べる

今回の調査では日頃、対象者がどういった行動パターンをしているか不明な点が多くありました。対象者がどういった勤務体系で働いているのかや、勤務後は何をしているのか等を行動調査を進め、不明な点を明確にしていきます。

まず、対象者の移動手段や勤務状況を確認して行動パターンを掴みます。事前情報では対象者は普段は昼前に自宅マンションを出て、電車で3駅先の職場に向かうという事でした。帰宅時間は速くても22時で、遅くなる時はタクシーを使っている可能性も予想さます。

対象者が自宅マンションから出たのは、11時頃でした。

対象者のマンションから最寄り駅までは徒歩で5分程度の距離で、職場の商業施設までは約30分の通勤時間です。最寄駅から電車に乗った対象者は、静岡市の中心にある職場の商業施設に入りました。

対象者がスタッフ専用出入り口を使用して職場に入った事を確認して調査を一時中断しました。

調査を再開したのは、対象者が勤務先を出る可能性が高い19時からです。

対象者が勤務先を出たのは21時頃でした。

同僚と思われる男性とスタッフ専用口から出た対象者は、徒歩で5分程度にある居酒屋に入りました。男性との飲食という事もあり、店内の様子は最低限の監視に留め、距離をおいた慎重な調査を続けます。

対象者と同僚は1時間程で居酒屋を出ました。静岡の中心地にある駅で同僚と別れた対象者は、自宅方面の電車に乗車し帰宅しました。帰宅後は外出する事の無い対象者であった為、帰宅確認し1日目の調査を終了しました。

(3)調査2日目 女性との接触

調査は2日目は対象者の勤務後の動向を調査します。

調査開始時間は19時から始めます。対象者の姿を確認したのは、21時半頃で1人で職場である商業施設を後にしました。

静岡市内の中心部を徒歩で5分程移動した対象者は、通り沿いに面したビルの前で立ち止まり携帯電話で話している様子でした。

しばらくすると、男子数名のグループが近づき、対象者と合流しました。対象者を含めたグループの内訳は、男性が2名、女性が2名という構成で待ち合わせをしていたという印象です。

合流した対象者と男女のグループは、歩いてすぐの場所にある飲食店に入りました。女性もいる状況という事や、外から監視しやすい環境から、出来るだけ店内での行動を把握できる近距離での監視を行います。

対象者と男女のグループは飲食店でお酒も呑んでいる様子で、この飲食店で2時間程過ごしました。

飲食店を出た対象者と男女グループはそれぞれタクシーを拾い別れました。タクシーに乗った対象者は帰宅した為、2日目の調査を終了しました。

(4)調査3日目 不貞の証拠を撮る

3日目の調査もこれまでの調査と同様に対象者の勤務後の行動調査を行います。

調査開始時間は17時で、対象者の勤務先である商業施設から始めます。

対象者が職場から出たのは19時半でした。勤務先を出た対象者は飲食店街も集まる静岡市内の中心地を徒歩で移動します。5分程度移動したところで、対象者は1人で飲食店に入りました。

店内は個室に近いの構造で、店内での対象者の行動は監視しにくく、出入り口を中心に監視を行います。

飲食店の監視を続けていると10分程度たった頃、前回の調査で対象者と飲食していた男女グループの中に居た女性が1人て店内に入りました。

店内で対象者と接触している可能性が高く、飲食店を出た後の追尾も行える調査員の配置を行います。

1時間半後、対象者と女性は2人で飲食店から出ました。飲食店から出た対象者と女性は、腕を組み歩き、顔を寄せる様な行動もみせました。

10分程度の尾行を続けていると、対象者と女性は通り沿いにあるラブホテルに入りました。

女性が浮気相手である事が判明し、不貞の証拠を撮る作業に入ります。同時に浮気相手の自宅を判明させる必要があり、追尾できるように調査員の配置も行います。

対象者と浮気相手がラブホテルから出てきたのは3時間後でした。ホテル内で呼んだと思われるタクシーが横付けすると、自動ドアから手を繋ぎ出て来た対象者と浮気相手は2人でタクシーに乗車しました。

対象者と浮気相手の乗ったタクシーは静岡市内を15分程走り、マンションの前に止まりました。タクシーからは浮気相手が1人で降りました。浮気相手の自宅を判明させる事を優先し、対象者の監視は解除します。

対象者の乗るタクシーを見送った浮気相手は、タクシーの停まったマンションに入りました。不貞の証拠と、浮気相手の自宅を判明する事ができ、3日目の調査を終了しました。

(5)調査4日目 浮気相手(第二対象者)の背景を調べる

調査は浮気相手(第二対象者)の職場や同居人の確認をする段階に入ります。

第2対象者の住むマンションから追尾し、第二対象者の勤務先を調べます。

調査開始は7時からで、第二対象者が自宅マンションから出たのは10時半頃でした。自宅マンションから出た第二対象者は、マンション敷地内に駐輪していた自転車に乗り出発しました。

自転車に乗り10分程移動した第二対象者は最寄り駅で自転車を駐輪しました。

駅に入った第二対象者は静岡市の中心部に向かう電車に乗り、3駅先で降りました。

駅から出た対象者は静岡市の中心部にあるアパレル店に入りました。店内で仕事する様子を確認し、第二対象者の勤務先がこのアパレル店である事を確認しました。

第二対象者の自宅の監視も続けていましたが、出入りは無くマンションも単身向きであった為、1人暮らしと判断し4日目の調査を終了しました。

まとめ

静岡県での浮気調査は全国的にみても、調査事例が多くあります。

街中や観光地など様々なシチュエーションでの調査環境が考えられる静岡県での浮気調査では、プロである探偵社への依頼する事が重要なプロセスになります。

探偵社に依頼を考えている方の中には、浮気問題に悩まれている方もたくさんいらっしゃると思います。本文が少しでも、そういった方々の参考になればと思います。

【静岡県】で浮気調査を依頼するなら!浮気調査の特徴と探偵社の選び方