【埼玉県】で浮気調査をするなら!埼玉県での浮気調査の特徴や事例

【埼玉県】で浮気調査をするなら!埼玉県での浮気調査の特徴や事例

埼玉県は東京のベッドタウンとして、非常の多くの人口と規模のある都市となります。地域ごとによって大きな違いがるのも特徴で、大宮や浦和などの都市部と、川越や秩父などでは大きく街の印象が異なるのが特徴です。

埼玉県に住んでいる方は、職場が東京であるケースが非常に多いため、電車で移動するところを尾行することが多い調査になります。車を所有している方も多いですが、休日のみ使用という方ばかりなので、基本的には徒歩尾行が多くなる地域となります。

埼玉スーパーアリーナなどの施設が充実した話題にのぼる事の多い埼玉県ですが、浮気問題を抱え悩まれている方も多くいらっしゃいます。ここでは、浮気問題の解決に役立つ、埼玉県での浮気調査の特徴や実際にあった調査事例紹介していきます。

1.埼玉県での浮気調査の特徴

【埼玉県】で浮気調査をするなら!埼玉県での浮気調査の特徴や事例

1-1.埼玉県の地理からみる浮気調査の特徴

埼玉県の地理的な特徴をみると、関東地方で神奈川県を除く、5都県に隣接しています。更に山梨県や長野県とも隣接しており、7都県と隣接している土地環境から考えれば、行動パターンが多様化する傾向が予想されます。

しかし実際の浮気調査の傾向では、やはり都会でのデートや密会をする不倫カップルの数が多いと言えます。ベットタウンとしても人気の埼玉県では、東京都に調査範囲が広がる可能性があるか判断する事もポイントになってきます。

探偵社では、対象者がとるであろう行動を入念に検討し様々な準備をして調査に臨みますが、対象者の行動が明確に解っている状況である方が当然確実な調査を行う事ができます。

調査目的のメインである不貞の現場が、埼玉県内であるかどうかを想定しておくだけでも、調査員の配置や車両・機材の選択が違ってきます。対象者と浮気相手の接点を見つけ出す事が調査方針を決めるうえで、重要なポイントになります。

まず、パートナーの浮気を疑いだした経緯や言動の矛盾を整理し、移動手段や交友関係を明確にしておくだけで、探偵社に相談に来られた際にスムーズに調査方法を立てる事ができます。

1-2.埼玉県の人口からみる浮気調査の特徴

埼玉県は人口は約720万人を誇る大都市といえます。

全国の人口ランキングでも、東京都、神奈川県、大阪府、愛知県に次ぐ5位というデータでもわかる浮気調査がたいへんよく行われる県です。

不貞の現場の代表格であるラブホテルの数も全国で上位になっており、浮気が起こりやすい環境も背景としてみえてきます。人口の多いエリアを中心に浮気調査を考える事で改めて対象者の行動予測や、浮気相手の生活エリアが浮かび上がる事もあります。

埼玉県は全国で最も市の多い都市で40の市がありエリア分や各市の特徴は複雑です。その中で人口の多い市町村は、政令指定都市のさいたま市が約129万人と目立って多く、次いで川口市が約56万人、川越市が約34人と続きます。

この3市はかたまって位置しており、東京都に近いエリアに人口が集中している事がわかります。都心部と郊外との環境に大きな差がある事がわかるデータでもあり、対象者の行動範囲がこういったエリアに集中している様であれば、浮気相手の背景もみえてきやすいといえます。

デートスポットが自然環境の中であったり、ショッピングモール等の大型施設であったり埼玉県では地方都市のデートの特徴も強く、カップルの趣味嗜好で調査のステージは変わります。

突然に浮気相手との約束を発見してしまうケースも浮気調査ではよく有りますが、日頃からパートナーの行動をさりげなく監視し、怪しい行動や行き先をチェックする事もばれない程度なら有効です。

1-3.埼玉県の県民性から考える浮気調査の特徴

全国の離婚率ランキングをみると、埼玉県は20位前後にあり、決して離婚率の高い県民性ではありません。離婚問題が浮気によるものだけで無く、地域の特徴や環境に影響される事もこういったデータから想像できます。

浮気問題が離婚問題まで発展した時に、ポイントになってくるのは、やはり金銭面での解決方法になります。慰謝料や養育費といった離婚問題に関連する費用も、地域の経済状況と無縁ではありません。
埼玉県では全国展開されている飲食店や服飾店をはじめ、大型ホームセンターの本社がおかれている点も経済面の大きな特徴になっています。

浮気が継続的に行われいる場合、デート等で普段以上にお金を使う事は容易に想像できます。パートナーや浮気相手の背景は浮気調査の中で重要な情報になってきます。浮気を疑っている段階では、先々の問題点まで見通す事は難しいと思います。

パートナーへの要求だけでなく、浮気相手へどういった要望が可能なのか的確にアドバイスしてくれる探偵社を選ぶ事も後悔しない浮気問題解決方法です。

2.埼玉県で実際にあった調査事例

【埼玉県】で浮気調査をするなら!埼玉県での浮気調査の特徴や事例

ご依頼内容

ご依頼者様は30代の女性で、さいたま市で専業主婦をされています。夫(対象者)とは結婚して10年、お子さんが2人という家族構成です。対象者は40代で、東京都内の建築事務所で設計士をしています。

会社の女の子と浮気している様子で、朝帰りもたまにあるそうです。ラインのやり取りも確認していて浮気相手の目星はほぼ付いています。会社の飲み会が有り、その日の行動を知りたいとのご依頼でした。

調査1日目

調査はまず、対象者が自宅から職場に入るまで監視し、服装や顔・体格の確認から始めます。対象者が自宅から出たのは、朝7時半頃でした。スーツ姿で自宅を後にした対象者は、電車で1時間20分程度の場所にある都内の職場に入りました。調査は、ここで一度中断し、夕方に再開する事になります。

調査を再開したのは夕方17時です。30分後に対象者を含む男女10名のグループが会社より出た事を確認します。同グループが向かった先は、歩いて10分の距離にある居酒屋でした。

グループの中には、浮気相手と思われる女性も含まれており、居酒屋を出た後の行動を見る事を優先した調査員の配置を行います。同グループが居酒屋を出たのは2時間後でした。近くの駅で半数のメンバーが別れ、埼玉県内に入った頃で残っていたのは、対象者と女性2名でした。

浮気相手と思われる女性も同じ方面の電車内に残っています。途中の駅で女性1名が降り、残ったのは対象者と浮気相手と思われる女性のみとなりました。電車内では特に親密な様子はありませんでしたが、同じ駅で降りた2人は手を繋ぎ駅からでました。

タクシーをひろい、2人で乗車すると10分程走りラブホテルに入りました。不貞の証拠をしっかり撮れる配置を行います。対象者はかなり酔った様子でふらつきながら入っていきます。対象者と浮気相手がホテルから出たのは、翌朝3時頃でした。

ラブホテルの中でタクシーを呼んだらしく、横付けされたタクシーに2人は乗り込みます。15分程タクシーを走らせると、一軒家の前で浮気相手は降車し、同宅に入っていきます。対象者はそのままタクシーで帰宅しました。

不貞の証拠と浮気相手の自宅を判明する事ができ、調査を終了しました。

調査2日目

浮気相手の家族構成等を確認する調査を行います。監視をした結果、浮気相手は実家住まいで両親と暮らしている事が判明しました。家族構成も無事わかり、調査を終了する事となりました。

3.埼玉県の浮気調査でデートに使われるスポット

【埼玉県】で浮気調査をするなら!埼玉県での浮気調査の特徴や事例

東部動物公園

南埼玉郡と白岡市にまたがる大規模レジャー施設です。遊園地・動物園の両方で楽しめ、広大な敷地は1日で回りきれない程の設備が用意されています。冬にはイルミネーションも飾られ、カップルに人気です。

越谷レイクタウン

越谷市にあるショッピングモールです。ショッピングモールでのデートが多い埼玉県の中でも代表的な施設です。ファッションからグルメまで幅広い店舗が揃っており、雨の日のデートにもよく使われます。

トトロの森

ジブリ映画「となりのトトロ」の風景が楽しめる人気のデートスポットです。所沢市や入間市にまたがる狭山狭山丘陵にあり、3500ヘクタールの敷地内にはトトロの世界観が広がります。ジブリファンのカップルが多く訪れます。

アクアパラダイス・パティオ

深谷市にある屋内プールが人気の施設です。北関東では最大規模で、地中海沿岸のリゾートをイメージさせる造りが特徴的です。流れるプールや波の起こるプールがあり、沢山のカップルで賑わう人気のデートスポットです。

まとめ

埼玉県の浮気調査では、今回紹介したケースの他にも多くの浮気調査の事例があります。車中心の移動手段をとる対象者も、よくみられ、そういった調査ではまた違った調査内容が報告されます。探偵社に相談される際は、面談員としっかり打ち合わせ調査を進めていく事が浮気問題解決の近道になります。

【埼玉県】で浮気調査をするなら!埼玉県での浮気調査の特徴や事例