【新潟県】で浮気調査をするなら!新潟県の浮気調査の特徴や事例を紹介

【新潟県】で浮気調査をするなら!新潟県の浮気調査の特徴や事例を紹介

雪深い気候や、細長い地形が特徴的な新潟県での浮気調査では、多様な調査方法が要求されます。

複雑な環境での浮気調査でも、地域の特性や文化を理解する事で、浮気問題解決の糸口がみつかるはずです。田中角栄など大物政治家も生んだ新潟県では、人間関係も複雑に絡み合っているのではないでしょうか。

ここでは、新潟県で浮気調査を考えている方の為に、調査の特徴や事例を紹介していきます。

1.新潟県での浮気調査の特徴

1-1.地理からみる特徴

【新潟県】で浮気調査をするなら!新潟県の浮気調査の特徴や事例を紹介

新潟県の位置関係をみると、中部地方や北陸地方、さらに関東甲信越地方や東北地方まで繋がる位置にあります。浮気調査では、対象者の行動範囲を見極める作業が重要ですが、こういった多くの地域が関連する立地条件では、行動範囲のわかる情報がポイントになってきます。

まず、パートナーの生活圏の把握や、他府県に行動が広がる可能性を考える事が調査の第一段階になってきます。具体的な情報となる物証を見付ける事は、難しい状況もあると思います。移動手段が車である場合で有れば、GPS機材を使用しての調査方法も有効です。

土地面積が全国で5番目に大きく、縦長の形が特徴的な新潟県での浮気調査では、同県内であってもエリアによって各地方の影響を強く受ける事を頭に入れておく必要があります。

また、日本海に面した立地から、観光やレジャーで他県からの人の流れもある土地柄です。こういった特徴もあり、新潟県の浮気調査ではエリアによって山岳地や田園といったシチュエーションから、町中といったシチュエーションまで幅広い調査が行われます。

対象者と浮気相手の接触する場所は、お互いの事情のによって決まってきます。普段は都心部に行かないパートナーでも、浮気相手の都合で都心部で密会する等は想定しておく必要があるでしょう。

対象者の帰宅時間や、スケジュール等を正確に記録していくと、行動パターン分析の参考資料として活用できる事もよくあります。

1-2.エリア分けからみる特徴

浮気調査を行う際は、調査が行われる都道府県をエリア分けして考える事も重要な行程になります。

具体的な調査方法を立てるうえで、必ず必要な作業です。新潟県をエリア分けすると北から、下越・中越・上越、となり、佐渡島と合わせ4エリアになります。

実際には、対象者に合わせた細かなエリア分けを進めますが、このように大きく分ける事で案件の全貌を整理していきます。エリア分けをすると、県の中央部に政令指定都市である新潟市があり、中越エリアを中心とした分かりやすい構図が浮かびます。

調査を予定するエリアが下越エリアや上越エリアであっても、浮気相手の生活拠点が中越エリアにあるといった背景は予想しておく必要があります。また、不貞の現場になる確率の高いラブホテル等の分布をエリア分けする事も、探偵社では日常的に行います。

新潟県全体でみると、インターチェンジ等のラブホテルが集中するエリアも含め8エリアに分けられますが、中でも新潟市エリア・長岡エリア・上越エリア等が件数が多いエリアとして挙げられます。

特に県の中心街である新潟市エリアでは、駅前のラブホテル街や幹線道路沿いに並ぶラブホテル等の不定行為が起こりやすい条件が揃っています。

パートナーの不貞現場について考える事は、つらい時間だと思いますが、行動パターンや怪しい場所の候補を把握しておく事は浮気問題解決の近道です。不貞の現場を抑える時は、至近距離での尾行や張り込みが長時間続きますので、事前の調査で警戒心を抱かせない事が重要になります。

具体的な情報が欲しくなり、パートナーの所持品を探ったり、感情的に問い詰めたりしてまい問題が深刻になってしまう事もあります。

浮気調査のプロである探偵社には、様々な情報収集ノウハウがあるので、しっかりアドバイスを聞いて実行できる忍耐力も必要です。

1-3.データからみる特徴

全国の離婚率をみると、新潟県は離婚の少ない県の上位に入っています。

人口も多い環境の中で、離婚率が低いというデータは浮気調査の視点からは、大きなポイントになります。浮気調査は、離婚問題解決の方法の手段として選ばれるものの一つであり、離婚率とは大きく関わってきます。

こういった特徴からみえてくる背景は、離婚を考えた時に、離婚後の周囲との関係やの環境の変化などで不安になる要因が多い点ではないのでしょうか。米どころとしても有名な新潟県では、古くからの家柄も多く、気候面からも積雪のある地域では、家族の結び付きが強い事が予想できます。

法的なアフターケア等、浮気問題を総合的に解決してくれる探偵社を探す事で、調査後の生活に対しての不安が解消されると思います。

2.新潟県で実際にあった浮気調査の事例

【新潟県】で浮気調査をするなら!新潟県の浮気調査の特徴や事例を紹介

2−1.依頼内容

依頼者様は新潟市にお住まいの30代男性で、会社員をされています。妻(対象者)とは結婚して2年、お子さんはいらっしゃいません。

浮気を疑いだしたきっかけは、結婚後に仕事をやめアルバイトをしている対象者の帰宅時間が遅くなり始めた事からでした。アルバイト先の仲間としゃべっていた等の理由でしたが、頻繁に遅くなる事が多くなり不信感が強くなってきた。

そんな中、対象者が男性とやりとりをしているラインを発見して浮気を確信した。デートの約束をしている日があったので、その日を調査してほしいとの御依頼です。

調査1日目

対象者のラインでわかっている内容は、アルバイトを早く上がり、浮気相手と思われる男性と合うという約束だけでした。対象者のアルバイト先は、自宅から自転車で15分の距離にあるファミリーレストランで、お昼前の11時頃から勤務しているとの事でした。

指定の調査日、10時45分頃に対象者が職場に入る事を確認し、調査を開始します。通常の勤務体系であれば、16時頃までの勤務が予想されます。

対象者が職場のファミリーレストランから出てきたのは、ランチタイムが落ち着いた14時過ぎでした。店から出た対象者は、停めてあった自転車に乗り、近くのスーパーマーケットで駐輪しました。

店内に入った対象者は、エレベーターに乗り2階にある駐車場に向かいます。駐車場に付くと対象者は、一台の車に近づいて行きます。対象者が近づく先には、白いセダンが停まっており、中に人がいる気配は確認できました。

対象者はそのまま白いセダンの助手席に乗車しました。対象者を乗せたセダンは発進し、スーパーマーケットを後にします。白いセダンが向かった先は、新潟市の中心街にあるラブホテル街でした。
白いセダンはその中の1件に入り、駐車しました。

車内から出てきたのは、対象者と40代中盤と思われる男性で、スラックスにシャツといった服装ですがラフな印象です。対象者と腕を組みホテルに入る様子から、この男性が浮気相手である事は間違いないと判断できます。

2人がラブホテルから出てきたのは3時間後でした。白いセダンに乗り込んだ2人は、接触したスーパーマーケットに戻り、対象者が降車しました。浮気相手の運転する車はそのまま発進します。ここで、対象者の監視は解除し、浮気相手の追尾に移ります。

浮気相手の向かった先は、20分程度走った場所にある一軒家でした。ここが浮気相手の自宅であると判断し、1日目の調査を終了しました。

調査2日目

不貞の証拠を抑える事ができ、浮気相手の職場や家族構成を調査する事になります。朝6時から調査を開始し、妻と幼稚園児、1才くらいの子供が確認でき家族構成は判明しました。浮気相手が車に乗り家を出たのは、9時頃でした。

向かった先は、対象者の勤務するファミリーレストランでした。店内の様子から、店長らしい行動を確認できます。勤務先も判明し、調査を終了しました。

3.新潟県の浮気調査でデートに使われるスポット

【新潟県】で浮気調査をするなら!新潟県の浮気調査の特徴や事例を紹介

魚の市場通り

三島郡寺泊町にある鮮魚店が並ぶストリートです。国道沿いに約10件程度の鮮魚店が並びカニやタイ等、地元で採れる新鮮な幸が楽しめます。魚のアメ横と呼ばれ、新潟県を代表するデートスポットです。

月岡温泉

新発田市にある温泉街です。温泉デートの多い新潟県でも、代表される人気のデートスポットになります。石畳の広い街道や足湯施設が印象的な街並みで、駐車場もしっかり完備されています。

鵜の浜海水浴場

上越市にある海水浴場です。温泉施設やキャンプ場といった施設も充実していて、人気の海水浴場です。
お祭りや花火大会といったイベントもたくさん催されます。

GALA湯沢

魚沼群にあるスキー・スノボ施設です。東京駅から上越新幹線で1時間あまりで付く抜群のアクセスは、新潟県のみならず全国から利用者が訪れてます。全長2000メートルのロングコース等の様々なコースや、きれいな施設が人気のデートスポットです。

まとめ

新潟県の浮気調査では、都会エリアの調査だけでなく山岳地帯や田園地域など自然相手の調査もよく行われます。それぞれの調査で、違った環境があり、ワンパターンという訳にはいきません。人間関係の深い地域では、浮気の証拠を抑えるだけでなく、浮気問題を総合的に解決していく事が必要になります。

探偵社に相談をする際は、ご自身の背景を理解し話を進めてくれるカウンセラーが居る探偵社を見付ける事がポイントになると思います。

【新潟県】で浮気調査をするなら!新潟県の浮気調査の特徴や事例を紹介