【三重県】での浮気調査方法と良い探偵社の選び方

【三重県】での浮気調査方法と良い探偵社の選び方

三重県の人口をみると約183万人であり日本の中では22位となっています。愛知県と関西地区に隣接している土地柄であり、有名な観光地も多いことから浮気調査の現場となることが多い県となります。

隣接する奈良県の人口が約140万人である事から比べると人口も多い三重県では浮気調査が行われる事例も多くなります。さらに市町村別にみると四日市市、津市、鈴鹿市と人口の多い都市が続き、これらの町が浮気の舞台になります。

浮気調査において重要になるエリア分けをすると北勢エリア、中勢エリア、南勢エリア、伊賀エリア、東紀州エリアと分けたり、津・松坂エリア、四日市・鈴鹿・亀山エリア・、伊勢・志摩・鳥羽エリア、伊賀エリア、熊野・尾鷲エリアといった分け方をします。

関西地方や中部地方の間にあり、それぞれの文化や人の流れの影響を受ける三重県では、各エリアの特徴を把握して調査を進める事が重要になります。三重県での浮気調査の特徴や実際にあった調査事例をあげ浮気問題解決のポイントを整理していきます。

1.三重県での浮気調査の特徴

日本の中でも関西地区と中部地区に交わる三重県は、文化的にはどちらともいえず独特でもあります。浮気調査においてどのような特徴があるのか?詳しく解説していきます。

1−1.関西地方や中部地方まで調査範囲を想定する

三重県の形状をみると南北の長さは180キロメートル、東西の幅は108キロメートルと南北に長い地形が特徴的です。浮気調査では対象者の自宅や職場といった調査の起点になるエリアも重要なポイントになりますが、隣接する他府県へ調査範囲が広がる事も多々あります。

特に関西地方と中部地方の中間にあたる三重県では、浮気調査で想定される範囲を限定せず調査方針を立てる必要があります。パートナーの移動手段にもよりますが、普段の行動範囲と違ったエリアでの行動が確認できるレシートや履歴から浮気の足取りを掴む事もあります。

1-2 観光地や各エリアの特徴を把握する

関西地方と中部地方の間にある三重県では、それぞれの地方の文化や環境が各エリアで色濃く反映されています。浮気調査においても、各エリアの特徴が調査内容を左右する為、エリアごとの観光地や特徴を把握する事が重要なポイントになってきます。

浮気が疑われるラインやメールでのやりとりからデート予定が判明する事もよくあります。頻繁に浮気相手に会っている対象者では、行動パターンから密会場所まで距離を想像できますし、具体的に遊園地などでのデートが解れば、不貞の証拠を抑えるチャンスもあります。

2.三重県の浮気調査で探偵社に依頼するには

2−1.車社会の三重県ではGPSは必須!

三重県は車社会であり、車を使っている対象者を調査することがほとんどです。その為、GPSを取り付けた浮気調査が必須となります。又、山間部が多く電波が弱い地域が多い三重県での調査には、精度が高い高性能のGPSを使用しなければ、正確な位置が出せなかったり測定不能になることが多いという点に注意する必要があります。

2−2.長時間の調査に対応出来る探偵社

三重県の浮気調査で不貞の現場をあげるとラブホテルは勿論ですが夜間に車内で密会を繰り返すケースもあり時間に余裕を持った調査が要求されます。浮気調査では、対象者の帰宅時間や生活リズムを把握し、浮気が行われる時間帯を掴む事が重要な作業になります。

不貞が行われる場所のバリエーションが多い三重県での浮気調査では、不貞の証拠を掴む為に長時間の調査が必要になる事が想定されますので、GPS等の機材も駆使して長時間の調査に対応できる探偵社に依頼する事をお薦めします。

2−3.調査範囲の広い探偵社

三重県での浮気調査では、デートや不貞の現場が対象者と浮気相手の交際内容により大阪府や愛知県まで広がる事があります。浮気相手の情報や、有力な行動予定の情報がある場合は調査範囲を絞りこみ、調査を進める事が出来ますが、多くのケースで調査範囲を広く想定し調査方針を立てる必要があります。

浮気相手が関東地方からの出張や単身赴任といった事例もあり、中間地点の愛知県などで密会する事例もあります。

三重県で浮気調査を依頼する場合は、そういった可能性も考え対応できる探偵社に相談する事が浮気問題解決の近道です。

3.三重県の浮気調査で対象者がよく行く場所

ナガシマスパーランド

桑名市にある大型アミューズメントパークです。敷地面積はディズニーランドにつぎ日本で2番目の規模を誇ります。豊富なアトラクションやイベントがあり、人気のデートスポットです。

なばなの里

桑名市にある植物園です。夜には日本最大級のイルミネーションが楽しめ多くのカップルが訪れます。ナガシマスパーランドに隣接していて、アクセスも良く人気です。

鳥羽水族館

鳥羽市にある水族館です。展示されている生物は日本トップレベルの約1200種で珍しいジュゴンやアシカショーが楽しめます。まったりデートに人気のスポットです。

伊勢志摩スカイライン

伊勢市にある有料のドライブウェイです。伊勢と鳥羽の間を16、3キロ通り「天空のドライブウェイ」と言われます。ドライブデートに人気です。

鈴鹿サーキット

鈴鹿市にあるサーキットや遊園地を複合した施設です。F1日本グランプリを筆頭に、4輪・2輪のメジャーレースが行われます。モータースポーツ好きのカップルに人気です。

志摩スペイン村

志摩市にある複合リゾート施設です。スペインの街並みを再現し、アトラクションやイベントも楽しめます。グルメスポットやお土産も充実した人気のデートスポットです。

伊勢神宮

三重県に住んでいる人よりも、他府県に住んでいる対象者が立ち寄るデートスポットとしてかなり人気の場所です。周囲にある飲食店やお土産やさんなどをブラブラと歩くデートをする不倫カップルが多いです。人が多く入り組んでいる建物が多い為、失尾してしまうことや、目に付きすぎて警戒されてしまうことに注意します。

熊野古道

ハイキングデートをする対象者が多いです。事前に行くことが分かっておらず突然行ってしまう場合、服装が普通だと浮いてしまい尾行が非常に難しくなります。

4.三重県での浮気で実際にあった調査事例

対象者は40代前半の女性で子供が1人います。依頼者様とは東京都で出会い、依頼者様の地元である三重県に転勤した事をきっかけに家族で三重県に引っ越しして5年になります。

依頼者様は普段から出張が多く対象者の行動を把握できていませんが、知人から対象者と男性が一緒に居たという情報があり浮気を疑うようになったそうです。

今回、依頼者様の出張とお子さんのクラブの合宿が重なり、対象者の行動が自由になるタイミングができた為に調査を依頼されました。

調査1日目:平日の対象者の行動調査

対象者は平日は鈴鹿市内にある工場で内勤をしており、自宅のある津市から車移動で出勤します。

調査初日は対象者の出勤の様子から監視する事から始めました。調査開始時間は7時からで、対象者が自宅から出たのは調査開始から1時間後でした。

自宅から出た対象者は使用車両であるピンクの軽自動車に乗車し、勤務先まで30分程度走行し、勤務先内の駐車場に駐車しました。調査を一度中断し、勤務後の行動調査を行います。

対象者が勤務先から出たのは17時半で自宅方面へ走行し、幹線道路沿いにある商業施設に入りました。この商業施設で対象者は車から降りず、30分程度車内で携帯電話を操作する様子が伺えました。男性との接触も予想されましたが、それ以上の動きは無く、対象者は帰宅し、初回の調査は終了しました。

調査2日目:浮気相手を特定する

調査2日目は対象者の休日前の金曜日に調査を行います。対象者の勤務先から調査を開始します。対象者が勤務先より出たのは、前回同様の行動パターンで5時半に退社し、幹線道路沿い商業施設に駐車しました。

15分程度経過した時、対象者の車の横にシルバーのミニバンが停車しました。対象者が自分の車から降り、隣に停車したミニバンに乗り込むと、ミニバンは猛スピードで発進します。ミニバンは10分程度走行した後、焼き肉の駐車場に停まり、中からスーツ姿の男性と対象者が降り店内に入りました。飲食する対象者と男性の様子は笑顔も見え、デートと思われました。1時間程度して焼き肉店を出た対象者と男性は、男性の運転するミニバンで伊勢方面に走行し、ドライブデートをしているようでした。

しばらくドライブをしていた対象者と男性の乗るミニバンは伊勢市内を走行中にラブホテルが並ぶエリアに向かい、その中に一軒に入りました。ラブホテルで不貞の証拠を録るには、ラブホテルの構造や周囲の環境で撮影条件が違ってきますが、対象者と浮気相手(スーツの男性)の入ったラブホテルは好条件で一部始終を撮影する事ができました。撮影条件も味方し、2時間後に対象者と浮気相手がラブホテルより出る姿もしっかり抑える事ができ、確実な不貞の証拠が撮影できました。対象者と浮気相手の乗ったミニバンは、接触が確認できた商業施設に戻り、対象者を降ろし別れました。

調査は浮気相手の追尾に移行します。浮気相手は鈴鹿市方面に走行し、一軒家に入りました。浮気相手の自宅を判明させ、2日目の調査を終了しました。

調査3日目:浮気相手の背景を調べる

浮気相手の自宅が判明した事で、浮気相手の勤務先や家族構成を割り出す調査を行います。調査は浮気相手の自宅から始めます調査開始は6時からで、最初に出てきたのは小学生の男の子でした。浮気相手が自宅から出たのは、その10分後で自宅駐車場に停めてあったシルバーのミニバンに乗車し、発進しました。

浮気相手の運転する車は15分程度走行し、対象者の勤務先と同じ工場に入りました。対象者と浮気相手が職場で不倫している事がわかりました。浮気相手の自宅の監視では、妻と思われる女性が子供を幼稚園に送る姿も確認でき、浮気相手の職場や家族構成を判明させ、3日目の調査を終了しました。

まとめ

三重県で浮気調査を考えておられる方の中には、どういった探偵社に相談するのが良いか悩まれている方がいらっしゃるかと思います。本文で紹介したとおり三重県の浮気調査では必ずしも地元の探偵社が有利という訳ではありません。

浮気調査は最初の相談の段階で信頼出来る探偵社を探す事から始まりますが、調査終了後のアフターフォローで弁護士紹介を行う等、一括した体制の探偵社に依頼する事も安心できる材料になります。地域密着型の探偵社といえば聞こえは良いですが、あまり調査経験の無い点がマイナスポイントでもあります。

結果が出ないかもしれない小規模な地元密着型の探偵社ではなく、名古屋や京都・大阪まで足を伸ばして依頼した方が良い結果を得られる可能性が高く、調査後のフォロー体制も整っているので安心です。もちろん、別途料金が発生しないことを相談の段階で確認しておきましょう。

専任の相談員がしっかり話しをお聞きし、ベテラン調査員が臨機応変に対応してくれる探偵社に依頼する事が、浮気・離婚問題解決の為のステップになります。