迷子になったペットを探偵に見つけてもらうケースが急増中!?

迷子になったペットを探偵に見つけてもらうケースが急増中!?

迷子になってしまったペットを絶対に見つけたいと考えている方は多いのではないでしょうか?行政や、ボランティア団体に保護され、返還されるケースもありますが、ほとんどのペットは返還されないのが現実です。

そのため、近年、ペット探しを探偵に依頼するケースが増加しているのです。探偵に依頼することでどれくらいの確率でペットが見つかるのでしょうか?

1.迷子のペットは年間どれくらいいるのか?

犬 迷子

ペットブームは年々加速しており、ペットがもたらす経済効果も社会に大きな影響力をもっています。

一方で、迷子のペットの数も年々増加傾向にあり、全国で10万頭にも及ぶといわれています。

迷子になったペットは行政やボランティアの団体に保護され、元の飼い主に返されるために飼い主探しが始まりますが、残念ながら返還できないケースの方が多く、行政によって殺処分となってしまうという最悪のケースも少なくありません。

こうしたかわいそうな運命を辿る子が少しでも減るように、動物病院でのICチップの装着や、迷子札の装備などを呼びかけています。迷子札をつけていれば、捕獲と同時に飼い主が分かり、速やかに飼い主の元へ返すことができます。

2.迷子のペット探しで、探偵に頼む方が増えているって本当か!?

探偵

探偵は、浮気調査や素行調査をすることがメインですが、近年多様化を見せていますので、浮気調査や素行調査以外にも様々な仕事を受けています。

例えば、ペット探しを請け負う探偵が増加しており、実際に頼む方も増えています。探偵は、様々な独自の情報網を活用して、その依頼者のペットを探し出します。時には聞き込みをしたり、実際に探し回ったりと大変な作業で、確実に見つかるわけではありませんが、見つかるケースも多いです。

3.探偵がペットを探す方法とは?

犬 探偵

探偵がペットを見つけるために行うことをご紹介していきます。

まず、調査の依頼を受けた探偵はポスターを作成し、目立つところに貼ります。

そしてポスターやペットの写真を利用して周囲の聞き込みを行い、目撃情報などを集めていきます。

そうした情報を元にペットを探していくこととなりますが、見つけた場合は餌などを利用して誘いこみ、捕獲器などを利用して捕獲するという方法がとられることとなります。

探偵社ごとに探す方法は違いますので、相談の際にはどのような方法で見つけるのか、捕獲するのかはよく確認しておきましょう。

4.ペット探しを探偵に依頼した場合の調査費用はいくら!?

費用

探偵は、浮気調査も、ペット探しも基本的に作業時間で調査費用を請求する会社が多いです。すぐに見つかってくれれば安く済むケースもありますが、どこを探してもなかなか見つからない場合には、調査費用が高騰するケースもあります。

5.ペット探しを探偵に依頼した場合の発見率は?

発見

ペット探しを探偵に依頼した場合の発見率は、失踪から依頼までの期間が1週間以内と短い場合は、およそ80パーセント~90パーセントの確率で発見されています。

発見や保護が遅くなればなるほど、行政などに迷子ペットとして引き取られ、最終的に殺処分されてしまったり、交通事故などにあって死んでしまっている場合も少なくありません。

ペットが逃げ出したり迷子になってしまった場合には、少しでも早く探偵に依頼した方が発見率が高いとお考えください。

まとめ

近ごろでは、大切な家族の一員としてペットを飼っている人が増えてきています。毎日の生活の中で散歩やトイレなどの世話をしながら癒してくれる存在として育てています。しかし、散歩中にうっかり迷子になってしまう犬や家を出たまま戻ってこない猫など行方不明になってしまうペットも多いのです。そのような場合に頼りになるのが、探偵会社です。

素人ではなかなか見つけられないペットの行方を徹底的にあらゆる手段を使ってみつけてくれる可能性が高いですので、絶対に発見するためにも早く依頼をした方がよいのではないでしょうか。

 

迷子になったペットを探偵に見つけてもらうケースが急増中!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です