【大阪】で浮気調査を探偵社や興信所に依頼する前に知っておくべきこと

【大阪】で浮気調査を探偵社や興信所に依頼する前に知っておくべきこと

大阪は近畿地方にある人口8,840,086人(平成28年8月1日、推定人口)の日本でも主要な都市の1つです。近年では観光客数も急増している街であり、西日本の行政・経済・文化・交通の中心ですので、必然的に浮気調査を行う機会も多くあります。その多くは大阪に居住している方からの依頼による調査にはなりますが、それ以外でも近隣に居住していて勤務が大阪の方や、出張や旅行の際の調査ということで他府県からの依頼もあります。

日本の中でも大規模な都市である大阪において、浮気調査を探偵社や興信所に依頼しようかと悩んでいらっしゃる場合に注意すべきことがいくつかありますので、出来るだけ詳細かつ具体的に紹介していきます。

1.大阪で浮気調査を行っている探偵社や興信所の実態

大阪

(1)推定される大阪の探偵社数は法人が95件、個人が293件

大阪において届出されている探偵社や興信所の数については、正式な数が公表されておらず問い合わせても回答してはもらえませんでしたが、想定される数としては400社程度です。この数字の根拠としては、正式に公表されている日本全体の探偵業の届出数が平成27年度時点で5,667件(警察庁生活安全局生活安全企画課による平成27年中における探偵業の概況参照)であり、大阪の全人口における人口割合(大阪の人口比率は、全人口のうち約7%)で考えると、396件という数字が算出されます。その上、探偵業における届出の組織内訳(届出されている組織形態の割合として、法人の割合は26%、個人が74%)で考えると、推定される大阪における探偵社や興信所の法人の数は95件で、個人の数は293件です。

(2)大阪で従業員を雇用している探偵社は、わずか5社程度

驚くべきことですが、大阪で活動している地元の探偵社で、探偵1人以上雇用して活動している探偵社はわずか5社程度と聞きます。びっくりする数字ではありますが、実際に活動している立場としては、おそらく実態として大きく外れていない数字という実感もあります。

探偵の人数が少ないと、当然いろいろな支障をきたすことになりますが、具体的には以下のような点となります。

  • 出入り口数の多い建物から出てくる所を確認できず見落としてしまう
  • 交代する要員がいない為、対象者に警戒されたら失尾したり発覚してしまう
  • 余剰人員がいない為、即日の緊急対応が出来ずチャンスを逃す
  • 急な調査の変更に対して融通が利かない為失敗してしまう

2.大阪で浮気調査を依頼する探偵社を探す場合には大阪市内の法人にすべき

探偵社や興信所は、大きく分けて3種類あります。

①絶対に頼んではいけない個人探偵社

1つめは個人探偵で、届出は出しているもののほとんど調査依頼もなく、よって経験も無いところです。こういったところは、とりあえず届出を出しておき、時折入ってくるような調査を1人で行っているようなところになります。探偵業の届出には自宅であっても許可される上に、費用は最初の登録にかかる4千円程度だけしか発生しないので、個人探偵が増える原因でもあります。よほどの理由が無い限りは依頼しない方が良いでしょう。

見分け方としては、ホームページが無かったり、あったとしても更新されていなかったり広告を出していなかったりしています。現在の探偵社の集客のほとんどはインターネットになっていますので、そこに力を入れていない会社というのは、おのずと調査量が少なく経験のない所だと判断できます。1日の調査を10万円以下で出来ると言ってきて、調査内容がメチャクチャだったり、実際は何もしていないかったりという被害をうける可能性があります。

②高額な割に確実に証拠が取れない可能性がある大手探偵社

大手探偵社として本社が大阪では無く、相談室だけが大阪にある会社がありますが、実態として大阪に従業員を在籍させている会社はありません。相談予約が入った際だけ相談員を配置し、契約がとれた際には①のような地元の業者に外注します。その為、新幹線ですぐに移動可能な新大阪駅付近に事務所を構えている傾向にあります。

この場合問題なのは、大阪の調査において車を使う対象者が多いことです。何が問題かというと、車で行動する対象者の場合には予めGPSを取り付けておくことで、怪しい時だけピンポイントで調査することで料金を低額にすることが可能ですが、これにはすぐに動けるだけの余剰人員を抱えた探偵社でなければ対応できません。

探偵社の外注先には、予め調査する日時を決めてしか対応してくれない所だけですので、大手探偵社であると、こういったGPSを取り付けてピンポイントで対応出来る調査が不可能となり、証拠を取るまでに高額な費用がかかることになります。

又、常時待機している探偵が存在していないので、即日や緊急対応が出来ない点も懸念事項となります。

因みに、こういった会社に依頼して証拠を撮る場合には、100万以上はかかる可能性があります。料金は高いものの、会社としての信用性はあるので、安心ではあります。

③選ぶなら、組織化(法人化)しており大阪市内にある探偵社

%e8%b3%aa%e5%95%8f%e3%81%97%e3%81%9f%e3%81%84

3つめは組織化している上で、大阪市内に存在している探偵社を選ぶべきです。その理由としては、まともな運営をしている会社であれば、当然アクセスにしやすい市内を拠点にします。梅田、天満、淀屋橋、本町、難波、天王寺、谷町あたり以外にある会社だと、ほとんど活動の実態がないと思われます。市内に事務所がない理由としては「家賃が高いから」しかありません。そのような理由だけで利便性の低いような地方の駅や、しょぼくれた汚い事務所を選んでしまうような運営をしている会社に大切な個人情報を伝えることは危険ですので、絶対にやめた方が良いでしょう。

大阪及びその周辺における浮気調査を依頼するのであれば断然にこの③の会社に選ぶべきですが、それを見分けるには、以下のような質問をしてみればすぐにわかります。

  • 車を使う対象者であればGPSにてピンポイントで調査可能か?
  • 即日調査が可能か?
  • 1日(5時間程度)あたりの調査料金が15万以上かからないか?

これらの質問に対して、すべてYESと回答する会社に依頼しましょう。

関西地区で浮気調査を検討しているなら絶対に大阪市内の会社を選ぶべき

大阪以外の関西地区(京都、奈良、兵庫、滋賀、奈良、和歌山)で浮気調査を検討されているのであっても、自宅から少し遠くても確実に大阪市内にある探偵社や興信所に依頼した方が良いです。地元だからという理由で選んでしまった場合において、確実な証拠が取れるだけの技術力は期待できないと思われます。

浮気調査を成功させる為には、なによりも数多くの経験があるかがポイントです。又、組織化されており複数名の探偵が在籍している所として考えると、大阪市内以外にある会社でその条件を満たす会社は皆無と言えます。

しかも、経営状態も良く分からない所に自分の個人情報を伝えることになるので、適正に運営しているであろう経営基盤を持つ、経験豊富な会社を選ぶべきで、その点から考えても大阪市内で探偵社や興信所選びをすべきです。

土地勘のある地元のところに選んだ方が良いのでは?ということを聞かれることもありますが、その点は全く関係ありません。

要注意!大阪府で営業する探偵社だけに必要な、府への届出がなされている業者に依頼する

日本全国で唯一大阪だけの制度ですが、大阪府内で営業する探偵社や興信所は、警察への届出以外に大阪府へ届出する必要があります。これは大阪府に営業所がある場合においては必要不可欠のものとなりますので、大阪府に営業所のある探偵社や興信所に依頼する際には届出されているかチェックしておく必要があります。

大阪府 ピピっとネット より引用

府の区域内で、他人の依頼を受けて、個人調査、法人調査等、特定の個人の信用、資産、経歴等に関する事項を調査し、かつ、報告する営業を営もうとする者(興信所・探偵社業者)は、所定の事項を届け出る。

3.大阪で探偵社に浮気調査を依頼した場合の手順と費用

大阪における探偵社や興信所の料金水準はバラバラではあるものの、大きく分けて2階層に分かれています。東京や埼玉など、関東に本社がある会社は全国一律の料金設定であり、地元が大阪の会社と比べた場合には倍ほど費用がかかります。

東京や埼玉が本社の全国展開している探偵社 1日5〜8時間20〜40万程度
大阪にも拠点がある探偵社 1日5〜8時間10〜20万程度

事務所の維持費、広告費、大阪までの交通費などを考えると、東京や埼玉に本社があり大阪に拠点がない探偵社では、高額になってしまいがちになります。

逆にこれ以下の1日10万以内で調査する、というような所は、安いだけの理由が存在しており危険ですのでやめておいた方が良いです。探偵社への依頼時には、自分の個人情報を伝える必要がありますので、安いだけで選ばないようにしてください。

安い探偵興信所での浮気調査料金
時間 料金
5時間 10〜15万円
10時間 20〜25万円
15時間 30〜37万円
30時間 60〜75万円
50時間 100〜125万円
全て含んだ料金であり、追加費用は発生しません。調査の難易度により変動します。調査員2〜3名まで、調査車両1台としています。

大阪で浮気調査を安く依頼する4つの方法

大阪やその近隣である京都、奈良、神戸などの浮気調査において、出来るだけ安い金額で探偵社や興信所に調査依頼したいという場合おいては、次のような4つの方法があります。

  1. 調査対象者の移動手段が車やバイクの場合には、GPSを取り付けてもらい、怪しい時だけピンポイントで動いてもらう
  2. これまでの動きの状況を探偵社側にきちんと説明した上で、証拠が撮れた段階で料金が発生する完全成功報酬の契約でお願いしてみる
  3. 調査経験が豊富な会社に相談し、対象者が動く可能性の高い日程を考えて絞ってもらい、ピンポイントで調査してもらう
  4. 完全後払いの探偵社に依頼すると、契約していた時間を超えても出来るだけ証拠を取ろうとしてくれるので、結果的には低価格で証拠が撮れる

4.大阪の地域ごとによる浮気調査方法

大阪北部(豊中、箕面、枚方、門真、寝屋川など)の浮気調査の特徴

北部における浮気調査の対象者の基本的な移動は車、もしくは電車移動が多いのが特徴です。また、北部の人は兵庫県や京都府など他県にデートをしに行く場合が比較的多い印象です。一戸建に住んでいる人は土地柄でしょうか家と家の間隔が狭いことがあり、住民同士密接に付き合いがある場合が多く張り込む場合は注意が必要です。マンションの場合ですと、調査で出現するマンションは基本的に高層マンションが多い気がします。反面、住民の数が多く、張り込んでいてもすぐには怪しまれません。しかし一度怪しまれますと、マンションの管理人がきっちりと周辺の監視を強化したりと一気に調査の難易度が上がります。

北部のマンションの近くには公園があることが多く、公園からマンションの玄関が見えると非常に調査がやりやすくなります。逆に、一戸建が密集している場所ににあるマンションを張り込みが一番やりずらいです。このような場所は大抵道路が狭い為、車を駐車させる事が難しく、なおかつ直ぐに警戒されやすいです。道路が狭く、車が駐車できない場所で張り込む場合は調査員を入れ替えたり、道路を徒歩で行ったり来たりしながら見続けるしかありません。

南部(藤井寺、河内長野、堺、岸和田、泉南など)の浮気調査の特徴

南部における浮気調査の対象者の基本的な移動は車です。次に多いのはやはり電車ですが北部に比べると圧倒的に車の移動率が高いです。南部の人で浮気をする人は何故か市内の方にはあまり出てきません。近場の飲食店で飲食した後、ラブホテルに行くパターンがほとんどです。なかには、出会ってからラブホテルへ直行する人もいます。

北部に比べて一戸建の間隔は広い場合が多いです。ただ、張り込みがしやすいかと言われればそうではありません。住民以外が立ち入らないだろうという場所や田んぼが目立つような土地に一戸建が建っている家が多く、やはり張り込むには苦労します。その際は、車を上手に活用するようにしています。無人を装う為にエンジンを切って張り込む場合もあり、真夏や真冬ですと正直辛い時もあります。

南部のマンションはどちらかというとオートロックのマンションが少ないイメージです。南部といっても堺の方になると高層マンションでオートロック付のところが多いですが、それよりも南部ですとオートロックが無いマンションが多いです。大体このようなマンションは路上から玄関が見える場合が多く、不貞行為に入った時は綺麗な映像が高確率で撮る事ができます。あまりありませんが、浮気相手の家を判明させる為に、不貞行為の後に別れた浮気相手を尾行しますが、徒歩の場合ですと警戒を与えてしまう場合があります。先程も申しました通り、近隣住民意外通らない道の場合が多く、また、夜遅く帰宅する場合ですと人が浮気相手と調査員しか歩いていないケースがあります。こういった時には車両班が先回りをして、調査員の人員交代を担う場合があります。

大阪市内(梅田、福島、本町、心斎橋、難波、天王寺など)の浮気調査の特徴

大阪市内市内における浮気調査の対象者の基本的な移動は車と徒歩ですが、市内の徒歩率は北部南部と比べると圧倒的に多く、特に仕事場が本町や梅田などのビル群ですとほとんどが徒歩移動です。

大阪の調査の半分近くは市内が舞台になる場合がほとんどです。市内に住んでいる人は、どこに行くか分かりません。しかし、大体市内で行動する事が多く、また、例えば難波で行動する人は基本的に難波から出ないケースが多いです。社長や水商売の方ですとタクシーの移動が多く、車両班と徒歩班の連携が要求されます。

浮気する場合は堂々と浮気相手と会う場合が多く、その理由としては人口密度が高く目立たないからです。逆に、我々調査員も目立ちません。ですので、尾行するときは見失わないように気をつける事に比重を置く事になります。

デートで使う事が多いショッピングモールは注意が必要です。出入口が複数個所あったりして見失ったり、買い物中やエスカレーター・エレベーターなどで姿を常時見られる危険性があります。姿を見られた時が我々調査員の見せ場です。記憶に残らないように自然にふるまったり、一瞬の隙をついて服装を変えたりして記憶に残らないように尾行を続けます。

市内は一戸建が少なく、マンションである場合がほとんどです。そして、オートロック付きでないマンションはほぼありません。ですので、浮気相手の居住先が市内のマンションであった場合、様々な方法で一緒にマンションに入り、号室までを判明させます。

一番安全で確実な方法はマンションに入る時、浮気相手が郵便ポストを開けてくれることです。ポストを開けた時、しっかりと号室を確認しておくことで、その後エレベーターに乗られても、警戒具合に応じて階数だけ、出来るならエレベーターを降りてからどっち側に歩いて行ったのか?まで確認できれば、後で見に行くことができます。そのままエレベーターに乗車した場合で警戒している場合は、やはりどちら側に行くか見届けます。そして外で待機している別の調査員に、その階数の部屋の明かりを見てもらいます。もし一人暮らしならば、電気が消えている場合が殆どで、絞り込む目安となります。いけそうなら、一緒にエレベーターを降りて、一発で号室まで判明させますが、調査員は無理はしません。次回以降も調査があるような場合が殆どだからです。しかし、ある程度絞り込んでおくことで、次回以降の調査で号室を判明させることができます。大事なのは次回も調査をできる様にしておくことです。

5.探偵が大阪の浮気調査において注意している点

大阪で対象者が良く行く場所と、浮気調査をする上での注意点

ルクア

ルクアは大阪駅直通になっているショッピングモールです。正直に申しますと梅田・大阪エリアですとこのルクアが失尾する可能性が最も高いといっても過言ではありません。ルクアはルクア1100というルクアより専門店が少し強い建物とアトリウム広場という空中庭園を挟んでつながっています。その為、大阪の他の大きなショッピングモールと比べても単純に出口の数が多いです。外で待機するというようなことはルクアでは行いません。必ず調査員総出で尾行を行います。幸い、他のショッピングモールと違い、ルクアではあまりエレベーターを使用しない場合が多いですので、調査員を入れ替えながら尾行する事で調査を成功させています。

グランフロント

グランフロント大阪は、梅田駅北側にある複合商業施設です。ショッピングモールや飲食店、オフィスや劇場、マンションも入っている為に、この建物のオフィスフロアやマンションフロアなど一般人が立ち入れない場所に入った場合の張り込みは困難を極めます。梅田駅直通になっており、複数階から出る事が出来るからです。また、地下は駐車場となっており、移動手段の限定が難しい為、調査員の増員を視野に入れる必要があります。

そのほかグランフロントにはレジデンス部分もあり、ここに住んでいる対象者を追跡することになった場合、出口が3箇所あるのですべてを監視する必要があります。車でいきなり出てきた場合の対応をするには事前にGPSの装着が必要ですが、装着するには依頼される方の協力が必要になります。

天王寺ミオ

繁華街天王寺のショッピングモールの一つであるミオは天王寺駅と繋がっており、人の出入りが激しいのが特徴です。JR天王寺駅がミオから出て、すぐありますので待ち合わせ場所としてもよく出てきます。ショッピングモール全般的に言える事ですが、ミオは出入口が非常に多く、一度見失ってしまいますと再び見つける事はほぼ不可能です。2階の立体歩道を通じて阿倍野ハルカス・近鉄百貨店・キューズモール等複数のショッピングモールに移動することができ、建物の地上すぐにはタクシーが常に待機していますので、注意が必要です。

天王寺動物園

天王寺動物園は天王寺駅から歩いてすぐのところにあります。入場料もお手頃ですので、お小遣いが決まっていて財布が厳しいサラリーマンの方などがデートで使います。お弁当を持参する事でピクニックのようなデートができます。

通天閣

通天閣は新世界という大阪の飲み屋街にあります。昼間は観光名所ですが夜になると飲食店が賑やかになります。通天閣付近の道路は車が通行できない場所が多く、車両班がフォローできません。また、道が細く、急にUターンされるとやり過ごすことができませんし、曲がり角が多いので距離を取ると見失いやすいです。

道頓堀付近

道頓堀道頓堀付近は飲食店が密集しています。平日祝日朝昼晩関わらず、常に人が沢山います。観光客が多い為、徒歩で尾行する場合、周りも見ておかないと危険です。また道頓堀のドン・キホーテは出入口が北と南に二方向ある為、抜ける場合もあります。しかし、繁盛しているように見せる店舗が多い為、外からはガラス張りで見える場合が多く尾行に慣れているベテラン調査員ですと、警戒を少しも与えることなく尾行できるスポットでもあります。

大丸

難波の大丸は商店街側と御堂筋側に出入口があります。商店街側は人が沢山いて、出た瞬間に人ごみに紛れて見失ってしまう可能性があります。また、出てすぐのところに心斎橋駅がありますので注意が必要です。

アメリカ村

難波の北西の方にある飲食店やアパレル店の密集している場所、それがアメリカ村通称アメ村と言われている場所です。シティホテルも多く、出張で大阪に来た人が宿泊地として選ぶ場合があります。ここも人の往来が激しい為に尾行する際は距離を取らない事が大切です。難波の店と違い、外から店内が見えない造りが多く、飲食しているシーンが撮りづらいのが特徴です。

チラホラとラブホテルが点在しているので、いきなりホテルに入ってしまうことがあります。

ヨドバシカメラマルチメディア梅田

梅田で一番大きい家電量販店です。梅田駅から直通になっており、見失いやすい場所です。下の方の階は家電量販店ですが上の方の階はアパレル店や飲食店も入っており長時間の尾行で調査員も集中力を持続する事は大変です。ですので梅田で徒歩尾行する場合は複数班に分かれて尾行を行うようにしています。

大阪駅(梅田駅)

大阪駅は飲食店が多数あり、またタクシー乗り場が近くにある為に移動手段の限定が難しい場所です。今までバス、タクシー、電車、浮気相手が迎えに来るなどの事例があり、調査員が緊張する場所でもあります。

直結して大きなデパートや百貨店があり、しかも人数が多いことから大阪で尾行調査する際に最も難易度が高い場所になります。

北新地

北新地北新地は大阪の高級飲み屋街です。難波は私服の人や観光客が目立ちますが北新地はスーツの男性が目立ちます。初めから北新地に行くと分かっている場合は調査員もスーツで望みますが、そうでない場合は私服ですと非常に目立ちます。その場合、車両班の車に用意しているスーツに直ぐさま着替えます。

愛人女性が北新地のホステス、というケースは多く張り込む機会は多くあります。調査車両を駐車しておくスペースが無く、タクシーに急に乗られた場合に失尾してしまう可能性が高い場所です。

ヤマダ電機ラビ千里

千里中央駅にある巨大家電量販店です。複数駅と繋がっており、意外と店と店の間が狭い為、尾行しているターゲットに感づかれいやすい場所でもあります。バスやタクシーに乗る人も多く、距離を取りたいが距離を取れない尾行がし難い場所です。

大阪国際空港(伊丹空港)

国内線を使用する人はここです。空港から調査を開始する場合もあり、その際には到着ゲートを常に確認します。

到着ゲートが変更になったり、時間が変更したりしますので、最新の情報を得れるようにベテラン調査員を配置します。空港からの移動手段も多岐にわたりますので、調査員同士の連携が大切です。

ハーベストの丘

南大阪の農業公園です。家族連れやカップルが多く、調査員が浮いて目立ってしまう場所でもあります。一度スーツの状態で準備していたのにもかかわらずハーベストの丘に行かれた事が有りました。直ぐさま私服に着替えて尾行しましたが、スーツで尾行していたらどうなっていたことでしょう。一番自然なのは男女の調査員が尾行する事です。

りんくうアウトレット

泉佐野市にあるアウトレットモールです。奈良や京都など他県から利用する人も多いです。海も近く、様々な施設が集まっており、GPSがここに止まっていても、探すのは不可能な場所です。

関西国際空港

海外出張に良く行く人や社長ですとバカンスで利用したりします。大阪国際空港と違って、到着ゲートの数が多く、空港自体の大きさも関西国際空港の方が大きい為に、より入念に準備しなければ、ターゲットを見つけることすらできないでしょう。

愛人と旅行に行っていることがわかり、帰国した様子を撮って欲しいという依頼もあります。この場合において、便名が分からなければ出てくる可能性のある到着ゲートを絞り込めないので確認ができません。正確な便名が分からないにしても、どの国から何時頃帰ってくるかがわかっておきたい所です。

ユニバーサルスタジオジャパン

西のディズニーランドと言われる巨大テーマパークです。人数はご想像の通り多く、まず見失ったら再度園内で見つけ出すことは不可能です。もし見失った場合は、出口が一か所ですので外で待機している調査員と全力で出口を固めます。ちなみに園内で発行されたチケットがないと入れない場所もあり、その場合は無理矢理入る場合もあります。見失った一例は、アトラクションに入っていったので出口を固めているのに出てこなかったことがありました。おそらく途中で引き返したと思われます。できれば二名以上で尾行するのがベストです。

大阪ドーム

野球観戦やコンサートなど様々なイベントを行う巨大ドームです。予め依頼者様から情報を頂いておかないと入場までにチケット購入が間に合いません。また、ドーム内で見失うと再び見つけることができません。ターゲットが車やバスで来てくれているといいのですが、徒歩で入った場合は何としてもドーム内で見失うわけにはいきません。

海遊館

海遊館は大阪で一番の水族館です。海遊館の館内は薄暗い為、尾行しやすい環境です。しかし尾行する相手の姿形も見えずらくなっていますので、特徴が無い場合は距離を詰めるようにしています。出口が一か所ですので、中に入ったからといっても慌てず、出口を固めてから、調査員が館内に入るようにしています。中は一本道ですので必ず、館内で見つけられます。

枚方

枚方は、一戸建住宅が多く、治安も良い為、比較的直ぐに通報されてしまいます。また、張り込む際に人が立っていたら不自然な場所かつ車を駐車できないような場所が多く、張り込みの難易度は高いです。坂道が多く自転車や原動付自転車を利用する人が多いのも特徴です。

箕面

箕面も一戸建住宅が多く、近隣住民間の繋がりが深いです。しかしマンションの場合は比較的低い建物が多く、大抵玄関も外から確認できる為、難易度はやや低めです。一戸建の張り込みの場合、作業車両を装うなどします。箕面も坂が多いので、基本的には自転車移動です。バスの人も目立ちます。

東大阪

東大阪は奈良県に近いものの人が多いエリアです。東大阪で浮気相手と接触する場合は、奈良のラブホテルに行ったりする場合もあります。東大阪では森之宮が勤務先の場合が多いです。東大阪に住んでいる人はデートする場合、よく歩く傾向にあります。

京橋

京橋は少し外れた場所にマンション群があり、一戸建は昔ながらの長屋や新築等入り混じっている。住宅街でもマンションが多い為、張り込みはしやすい。京橋は電車移動する場合、複数の線がある為、電車を使う人を尾行する場合は、混同しないように下調べを準備しておく必要がある。

豊中

豊中は坂道が多く、自転車や車移動が目立ちます。飲み屋の町である十三が近い為、デートでは十三が多い。十三はホテルがすぐ近くにあり、豊中の人とは切っても切れない関係にあります。豊中駅から直接建物に入れる場所が多く、見失いやすい場所とも言えます。

阪南

大阪の南の方である阪南は、ほぼ車移動です。車両で張り込みをしていても直ぐ通報されることもしばしばあります。一度相手の目につくとすぐに発覚してしまう危険性がある土地ですので調査には細心の注意を払っています。

泉南

泉南の人も、ほぼ車移動ですが、南海線の便がいい為、電車移動の人も多いです。張り込みに関しては、あまり苦労しませんが尾行する場合は注意が必要です。目的地によっては住宅街ばかりを歩いて行く事になる為、目立ってしまします。距離を開けると住宅街特有の細い道に入られて見失うかもしれません。なるべく人員は多くして泉南の場合望みます。

大阪で浮気調査した場合に不貞場所となりやすい場所

谷町九丁目にあるラブホテル街

谷町のラブホテル

市内にも関わらず駐車場が完備されている為、市内で車を利用する人が頻繁に利用する場所です。特徴として、基本的に出入口が複数箇所ありますので調査員が複数必要な場合が殆どです。

港町にあるラブホテル街

市内にあるホテル街です。駐車場がある場所はあまり無く、主に徒歩の人が利用します。料金の安さやサービスの良さなどから会員になっている人もいます。出入口は基本的に一方方向ですので比較的証拠映像が抑えやすい場所でもあります。

長柄にあるラブホテル街

道が狭い為、車をホテルの前に駐車できません。ここのホテルの場合、カメラを仕掛けたりして映像を撮ったりします。サービスが良い為なのか、社長クラスの人も利用します。

十三にあるラブホテル街

比較的道が広く、車を駐車しやすいホテル街です。しかし、車の出入口が複数あるホテルが多く、車で利用する人を追いかけるのは中々上手くいきません。

京橋にあるラブホテル街

京橋駅から比較的近く、歩いていく人向けのホテル街であり、道幅が狭く駐車場のあるホテルはほとんどありません。京橋で食事やショッピングをした人が利用するホテル街であり、車での張り込みは不可能なので立って張り込みしか方法はありません。

桜ノ宮にあるラブホテル街

車を駐車しやすいのですが、出入口が複数個所あるホテルが多いのが特徴です。想像もしていないような場所から出てきたりと、ここのホテルで張り込む際はホテルの中に入って、出入口の確認を必ずします。

泉大津にあるラブホテル街

駐車場がかなり広いホテルが多く、その為、フロントへの入口が多い事も特徴です。フロントの出を撮る場合は多方向から映像を押さえ、保険として敷地内を押さえるようにしています。

堺ICにあるラブホテル街

通報する従業員が多いホテル街ですのでトラブルにならないように細心の注意を払います。特殊な造りのホテルが多く、フロントの映像は押さえにくい場所です。

堺東にあるラブホテル街

道が狭い為に外から映像を狙うことは比較的難しいです。駐車場が完備されている為、車移動の人が良く利用します。

浜寺石津町西にあるラブホテル街

川沿いで交通量が多いわりに道が極端に狭い為、調査員も車を敷地内に駐車してエンジンを切って張り込みます。値段が安い為、長時間利用する人が多いのが特徴です。

日本橋・難波にあるラブホテル街

日本橋

道幅が狭く車両が停車出来ない為、車からの張り込みは出来ません。その為、立って張り込むことになります。難波や心斎橋で遊んだついでに立ち寄ることが多いので、長時間滞在することは少ないです。デリヘルやホテヘル利用者が多く、そういった方がウロウロしているので長時間張り込みずらい場所です。

まとめ

大阪で浮気調査を依頼する上で知っておいていただきたいポイントをまとめてみました。探偵社や興信所の選び方というのは本当に難しく、特に地方の方だと探偵社の存在を探し出すことも難しいかと思われます。

ここまでで述べたように、関西地域での浮気調査を依頼するのであれば大阪市内にある探偵社や興信所に依頼すべきであり、その中でも複数の探偵が在籍している会社を選ぶべきであるといえます。

車を利用している対象者が多い場所ですので、複数の探偵が在籍している会社を選ぶことで、「低価格」で「確実」な証拠を撮ることができます。

浮気調査を頼もうとご検討中の方は、下記サイトを是非ご確認ください。

【探偵が教える】出来る限り浮気調査を安く依頼する為に知っておくべき11のポイント

【大阪】で浮気調査を探偵社や興信所に依頼する前に知っておくべきこと