浮気調査を必ず成功させる為に探偵がやっていること

浮気調査を必ず成功させる為に探偵がやっていること

浮気調査はどれだけプロで経験豊富な探偵がやったとしても、突然のアクシデントやトラブルなどで失敗してしまう可能性があります。もし今、浮気調査を探偵社に依頼しようと思っていらっしゃる方にとっては、自分が依頼する調査が失敗されてしまうことは絶対に避けたいと思われるでしょう。しかし現実の浮気調査の現場では、100%成功が約束された浮気調査などは存在しません。

但し、そんな中で失敗のリスクを極限まで減らして成功率を100%に近づかせる為の努力や行動を行うのが、プロの探偵と言えるのです。そこで今回は、浮気調査を必ず成功させる為にプロの探偵がやっていることを紹介していきたいと思います。

1.浮気調査を成功させる為には事前調査を必ず行い、調査人数や使用する車両を決めておく

浮気調査

依頼者との契約を交わし浮気調査を実施することが決まった時点で、調査を開始する場所の下調べを行う、通称事前調査を実施します。主には調査の拠点となる対象者の自宅を行うことが多いです。対象者の自宅が存在している周辺の環境や建物の出入り口数を確認し、張り込みに必要な調査人数や、周辺に溶け込むことが出来る調査車両の選定を行います。

又、対象者の移動手段が車の場合にはGPSを取り付けます。

徒歩や自転車で移動する対象者の場合には、勤務先まで移動する際の最寄り駅やバスの停留所の位置を確認しておきます。この事前調査をしっかり行うことが、調査の成否を大きく分けることになります。

2.浮気調査を成功させる為に、現場には必ず予定の30分前には到着し現地の様子を確認する

調査を開始する時間については事前に依頼者と打ち合わせして決定していますが、探偵はその決定された時間の30分前には現場に到着します。というのも、調査当日の現地の様子や、近隣住民の様子をある程度観察しておき、警戒して通報しそうな住民や、当日の状況において最もベストの張り込み位置を確認するからです。

又、時折あるのですが、依頼者が言っていた時間よりも早く対象者が自宅を出てしまうことがあります。そういったアクシデントに対しても対応出来るよう、余裕をもって現地到着しておくことで、精神的な面での余裕も生まれ、調査を円滑に進めることが出来るのです。

3.浮気調査を成功させる為に撮影機材や調査に必要な機材を用意しておき調子を確認しておく

準備

まず最も大切なことはカメラの時刻合わせです。現地に到着する移動中には必ず、117の時報に電話をかけ、カメラの時刻が当日の月日と時間に設定されているのかを確実に確認します。

カメラ用のバッテリーは複数用意し長時間の調査になったとしても対応出来るようにしておきます。当然ながら、現場に入る前に全て充電しておき、いつでもフルバッテリーで使用可能な状態にしておきます。

事前にGPSを取り付けている場合には、検索ソフト上でバッテリー残量が確認出来る為、残量が少ない場合には念のために早めに交換しておきます。

三脚などの撮影する上で必要不可欠な機材なども忘れず用意します。当然ですが、調査車両のガソリンは満タン状態でETCカードが入っている状態とします。

参考:探偵が教える!浮気調査をする前の5つの準備

4.浮気調査を成功させる為に調査依頼書と対象者の顔写真を何度も確認する

顔 半分

調査現場に入る探偵には、調査に関する情報をまとめた調査依頼書というメールが配信されています。そこには対象者に関する情報が全て記載されていることになります。

記載されている主な内容としては以下の通りです。

  • 氏名
  • 年齢
  • 職業
  • 身長/体重
  • 住所
  • 通勤手段
  • 使用車両

これを元に、どのような行動をとるのか?想定しておき、全ての行動に対応出来るようにしておきます。又、対象者の顔写真を何度も見直し、出てきた際にすぐ確認出来るようにしておきます。くれぐれも見落とすことがないようにしなければいけません。

顔を覚えるコツとしては、何度も繰り返し見ることです。ジーッと長時間見続けるのではなく何回も見ることが大切になります。大抵の場合には笑顔の写真を提供されますが、張り込み場所から出てくる対象者は普通の表情をしているので、そこまで想定しておく必要があります。

5.浮気調査が長時間に及ぶ場合には

長時間調査を行っていると対象者に感づかれたり警戒されたりして、失尾したり最悪は発覚してしまうことがあります。その為にも対象者の記憶に残らないようこまめに服装を変えて印象を変えます。

又、尾行は必ず2名体制で行い、見られた自覚があった方は現場から一時的に退避して、しばらく時間を空けた上で服装を変えて再度現場に戻ります。

その他、長時間になった場合に起こりうる問題としては集中力の低下です。浮気調査では長い調査になると48時間連続などの調査もあります。こまめに交代して仮眠して体力を回復させます。探偵は「寝れる時に寝て、食べれる時に食べる」という思考で調査に入っています。

6.浮気調査の目的を把握しておくことで成功につながる

会議

離婚目的なのか修復目的なのか?により調査方法は異なるので目的は共有しておく

実施する浮気調査の案件が、離婚を目的にしているのか?もしくは修復を目的にしているのか?により調査の方法は若干異なります。

例えば、離婚が前提の場合における浮気調査であれば多少無理してでも証拠を撮りにいきますが、修復目的であれば感づかれることなく水面下で証拠を撮る必要があります。

それは、調査をして証拠を撮った後の対応に違いがあるからであり、離婚をするのであれば少々強引であっても証拠が撮れた方が良いですが、修復が目的となると調査がバレる訳にはいきません。バレてしまっては、余計に関係が悪化してしまうことにも繋がる以上、修復目的の調査は無理をしないことを徹底します。

離婚目的であれば強引にでも確実な証拠を撮りにいく

証拠を撮る方法にも若干の違いがあり、離婚目的であれば裁判になる可能性もありますので絶対に言い逃れが出来ないものを撮りに行きます。不貞行為の回数についても、絶対に覆ることがないよう多くとることになります。

ご依頼者様が証拠を撮る目的を、調査する探偵が共有していることにより、調査の成功に繋がることになるのです。

7.浮気調査を必ず成功させる探偵社の選び方と依頼方法

見抜く

選び方はインターネット検索で出来るだけ上位の会社

主要な検索キーワードで上位の会社を選んで問い合わせしていった方が良いです。露出度=仕事量に比例し、それだけの経験が期待できます。浮気調査の技術は、会社の歴史でも売り上げでも無く、純粋に経験に比例します。

毎日調査をしているのと、数日に1回だけしかしないのとでは感覚に大きな違いがあります。浮気調査は経験年数も大切ですが、いかに現場の感覚を常に持てているのかが成功に影響することとなります。

調査を成功させる自信がある会社は後払いで対応している

浮気調査に100%はありません。どれだけ頑張って全力を出したとしても、急なアクシデントや対象者の警戒などで調査が失敗に終わることもあります。だからこそ探偵社や興信所は調査前に料金を貰っておき、失敗しても取りっぱぐれの無いようにしています。

しかし後払いの会社だと、失敗してしまったらお客様は料金を支払ってくれません。だからこそ後払いで対応している会社というのは調査を成功させる自信と、成功させる覚悟を持って調査に取り組んでいるのです。

まとめ

何度も言いますが、浮気調査に100%はありません。どれだけ熟練の探偵でも、どれだけ全力を尽くしても、通報や警戒などの急なアクシデントにより失敗する可能性をはらんでいるのです。プロの探偵はその可能性を痛い程分かっているからこそ、出来る限りの行動でそのリスクを軽減し成功に導こうとします。

ご依頼社様には見えない水面下での行動や努力が、調査の成功に結びついているのです。一人でも多くの浮気調査が成功することを心から願っております。

参考:探偵社や興信所に浮気調査を依頼する前にチェックすべき23のポイント