離婚時の財産分与で住宅ローンはどうなる?

離婚時の財産分与で住宅ローンはどうなる?

離婚の際によくトラブルになる点としては、それまで住んでいた住宅(持ち家)をどうするの?を疑問を持たれた方も多いのではないでしょうか?

特に、住宅ローンが残ったままの場合において自宅をどうするのか?という点については、ローンを組んで自宅をもっている方がほとんどであると思われますので、非常に気になる点かと思われますし、実際の離婚時には、この住宅の処理をめぐって協議が難航する場面をよく目にします。

離婚時においては財産分与を行うことになりますが、他の資産と比べてなぜこの問題が難しいのでしょうか?

モメる理由は、住宅の場合には、夫婦ともに所有名義を持っていたり、夫婦ともに債務を負っていることが多いからです。

そこで今回は、モメごとが多い住宅における財産分与について詳しく解説していきたいと思います。

1.住宅の所有権を得た場合、残りの住宅ローンを払わなければならないのか?

悩み

住宅を購入している場合、夫が自分名義でローンを組み自分名義で所有権登記を行っているケースが一番多くありますが、これ以外にも、所有権を夫婦で2分の1ずつ共有名義にしている場合があります。

ローンについても、夫婦ともにローン契約を締結している場合や、夫の住宅ローンを妻が連帯保証している場合もあります。こういった場合、離婚しても所有名義や債務、保証人が自動的に解消されることはありませんので、その点をはっきりと処理する必要があります。

財産分与で家(不動産)の所有権を得たとしても、住宅ローンは金融機関との契約なので、 ローンが残っているものを受け取る場合、残念ながら住宅ローンの名義は変わりません。自分は住まない家でも支払い義務があります。

2.離婚したら保証人としての責任はなくなる?

夫の名義で借りたローンの、連帯保証人に妻がなっていた場合、夫が支払いを滞らせた時点で、銀行(金融機関)からは連帯保証人である妻の元へローンの請求がやってくることになります。

夫からすると、自分が家を出て行く形になった時点で、ローン返済に対する責任感が薄れ、何故自分が住んでもいない家のローンを払わなければいけないのか?という感情から支払いをしなくなることがあります。だからこそ、離婚が成立して別居する前には、妻がその家に住み続けることになったとしても、銀行と協議して連帯保証人からは外してもらうようにしておいた方が良いです。

仮に支払いを無視し続けて住み続けたとしても、結果的には競売により立ち退くことになってしまいます。

【ポイント】

夫が住宅ローンを組んでおり、妻がそのローンの連帯保証人だった場合には、離婚後すぐに銀行と協議して連帯保証人から外れるべきです。

もし外れなければ、夫が、ローンの返済を滞った場合には、妻が支払うことになります。

3.住宅ローンが残っている住宅の財産分与はどのように決めるのか?

住宅ローンが残っている住宅を売却した場合には、損益を基準に考えます。

ローン残高よりも高い金額で売却できた場合の売却益については、財産分与の対象となります。

逆パターンのローン残高が売却金を上回っているオーバーローン(債務超過)状態の場合には、経済的価値は無く売却しても手元には全くお金は残らず、売却金額を差し引いたローン残高だけが残る形となります。

住宅ローンという負債についてどう考えるか?ですが、財産分与における借金についての考え方としては分与の対象では無く、各自がそのまま責任を負う形になります。

離婚を理由として名義を変えれることも、連帯保証から外してもらうこともできません。あくまで貸し手である銀行(金融機関)が承認する必要があります。離婚後に住宅ローンをどちらが払い続けるのか?支払いが滞った場合にどうするのか?は離婚前にしっかり協議し書面に残しておく必要があります。

売却を仮定し損益を算出した結果、売却せずにどちらかが離婚後も住み続けどちらかがローンを支払い続けるといった形をとるケースも多くあります。この場合には、離婚後の名義人やローンの負担者がどのようになるかによって、公平の観点から金銭での分与を検討する必要があります。

この点が非常に複雑なため、弁護士に相談するとよいのはないでしょうか?

4.住宅ローンを含めて名義変更することは可能か?

ローンの契約先である金融機関との話し合いになりますが、名義変更する方に一定の収入があり、金融機関(債権者)の審査と承諾があれば名義変更は可能となります。

住宅ローン付きマンションを分与した事例
  • 離婚時の評価額 2,000万
  • 住宅ローン残高 1,000万

このマンションを妻に名義変更することが可能で、分与割合は半々(50%ずつ)として妻が取得した場合

  1. 妻のマンション持ち分 2,000万(評価額)➗2=1,000万
  2. ローン負担分 1,000万(ローン残高)➗2=500万
  3. 妻はマンションの持ち分から、ローン負担分を差し引いた500万円(1,000万-500万)を支払い、単独で所有することになり、住宅ローン残高の1,000万を支払うことになります。

※この計算は簡易的な方法で算出しており、実際には税金なども含めたより複雑な計算が必要です。

まとめ

財産分与で家(不動産)の所有権を得たとしても、住宅ローンの名義は変わりません。

財産分与の際は離婚後のトラブルを回避するために、離婚前に夫婦間であらかじめ話し合いをしておくべきでしょう。絶対に離婚協議書もしくは公正証書を作成しておきましょう。