弁護士に聞く! 離婚慰謝料の相場や高額獲得の方法

弁護士に聞く!  離婚慰謝料の相場や高額獲得の方法

離婚を決意し慰謝料請求を考えているという方の中には、離婚慰謝料の相場がどれくらいの金額なのか知りたいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。パートナー(夫や妻)からの不当な行為が原因で離婚問題になっている場合は慰謝料請求をしたいと思って当然です。また、慰謝料が高額であれば離婚後の生活での不安も減ると考るでしょう。まずは慰謝料請求が可能なケースを整理します。
・パートナーに浮気・不倫があった
・パートナからDVをうけた
・パートナーからモラルハラスメント(精神的な暴力)をうけた
・生活費を渡していない
・理由なく同居を拒否している
・セックスレス
こういった内容がパートナーの不当な行為に挙げられますが、精神的なショックや事情で慰謝料の額も変わってきます。一般的に慰謝料の金額は100万円~300万円が相場だと考えられ自身の慰謝料請求額が高額なのかどうかの基準になるかと思います。それぞれのケースでどのようにすれば正当な慰謝料を獲得できるのか考えていきます。

目次

1.離婚慰謝料が請求できる条件とは?

見抜く

離婚慰謝料の相場を知る前に抑えておきたい点は請求できる条件です。ポイントを整理していきます

(1)浮気・不倫が原因での慰謝料請求

パートナー(夫・妻)に浮気・不倫があった場合で主に不貞行為(性行為)の有無が基準になる事が多いです。風俗に行っているや、異性とデートしただけでは慰謝料の額もあまり期待できないでしょう。継続的な関係や確実な証拠があれば高額な慰謝料も考えられます。

(2)DV(身体的暴力)やモラハラ(言葉・精神的暴力)が原因での慰謝料請求

パートナー言動により夫婦間だけでなく子どもにまで肉体的・精神的苦痛を与えているケースもあります。言動によって精神的に苦しめられている事例も程度により慰謝料は認められますが、身体的な暴力では病院での診察など早急な解決手段が必要でしょう。離婚慰謝料が高額になるという事はそれだけ危険な状態といえます。

(3)悪意の遺棄が原因での慰謝料請求

正常な夫婦であれば、夫婦の同居義務・協力義務・助け合う義務が守られていると考えられますが、義務に違反した場合は悪意の遺棄といえます。どういった内容が悪意の遺棄に該当するのか整理します。

①専業主婦の妻に夫が生活費を渡さない

②パートナーが理由なく同居を拒否する

③パートナーが家出を繰り返す

④パートナーが理由なく別宅で生活している

⑤夫婦どちらかがパートナーを追い出したり、家を出ざるを得ないよう仕向ける

⑥パートナーが同居家族(姑など)との関係が悪く実家に帰ったまま

⑦夫が理由もなく働かない

悪意の遺棄の具体的な内容は夫婦間での様々な事情がありますが、金銭面での理由が慰謝料に反映しやすいかと思います。

(4)セックスレスが原因での慰謝料請求

セックスレスが原因での離婚で慰謝料をする場合にポイントになるのは、パートナーが身体的原因(EDなど)が無い事や請求者自身に原因が無い事が前提でしょう。パートナーに性交渉を求めているのに拒否し続けてられているような時は理由によっては慰謝料の額も高くなる可能性があります。

2.離婚する際の慰謝料相場について!

shutterstock_318787385

(1)離婚慰謝料の金額は決まっている?

極端な言い方をすると離婚慰謝料の金額については離婚問題において、どの段階で慰謝料の額が確定したかによります。話し合いの段階で500万円と慰謝料請求し相手が納得して支払いが可能であれば成立します。裁判に進むような事例では裁判官の審判にゆだねられる要素が強くなるので判例が基準になります。

(2)離婚慰謝料の相場は

離婚慰謝料の金額は離婚のになった内容によって変わってきます。

①浮気・不倫が原因の慰謝料

パートナーの浮気・不倫を理由にした離婚慰謝料の相場は100万円~500万円となっています。

②DV(身体的暴力)やモラハラ(言葉・精神的暴力)が原因の慰謝料

DV(身体的暴力)やモラハラ(言葉・精神的暴力)を理由にした離婚慰謝料の相場は50万円~300万円となっています。

③悪意の遺棄が原因の慰謝料

悪意の遺棄を理由にした離婚慰謝料の相場は50万円~300万円となっています。

④セックスレスが原因の慰謝料

セックスレスを理由にした慰謝料の相場は100万円から300万円となっています。

3.慰謝料請求額が高額になる事情とは?

%e6%af%94%e8%bc%83%e3%80%80%e5%ae%89%e3%81%84

(1)離婚する原因の中で請求額に影響する事情

①婚姻期間

精神的苦痛の基準で婚姻期間があります。パートナーに不当な行為を受けた時の精神的苦痛は婚姻期間が長いほど大きいと考えられ慰謝料が高額になるケースがあります。

②パートナーの年収

金銭的な要素としては請求される側の収入は高いほど慰謝料も高額になる傾向があります。

③年齢

一概には言えませんが、年齢が高いほど離婚問題も大きくなりがちで慰謝料が高額になる事例が目立ちます。

④職業

社会的地位が高いや、高収入が想像できる職業では、慰謝料の請求額も高く設定するケースが多いといえます。

⑤子供の人数

養育が必要な子供の人数も慰謝料が高額になる要因になります。

(2)パートナー(夫・妻)の浮気・不倫が原因で高額慰謝料になる事情

①不倫関係が長期である(一般的には3年以上)

②不倫が原因で別居している

③パートナーが不倫相手同棲している

④不倫相手が妊娠や出産した

⑤パートナーの不倫行為をしって精神病を発病した(うつ病など)

(3)パートナーからDV(身体的暴力)やモラハラ(言葉・精神的暴力)が原因で高額慰謝料になる事情

①DVやモラハラをうける回数が多い

②DVやモラハラをうける期間が長い

③理由が無くDVや精神的暴力がはじまった

④DVにより怪我や障害・後遺症がある

⑤DVやモラハラをうけ精神病(うつ病など)になった

(4)悪意の遺棄が原因で高額慰謝料になる事情

①長期間の別居

②自身に得に落ち度や理由が無いのにパートナーが別居を選んだ

③妻が専業主婦で収入が無い状態でも夫が生活費をいれない

④身体的に異常のない夫がが働かず、借金を繰り返す。

(5)セックスレスで慰謝料が高額となる事情

①長期間のセックスレス(一般的には3年以上)

②結婚してから一度もセックスが無い

③不倫相手とのセックスは有るが、夫婦間ではセックスが無い

4.高額な慰謝料を獲得する為のポイント!

%e8%a9%95%e4%be%a1%e3%81%8c%e9%ab%98%e3%81%84%ef%bc%92

慰謝料を高額にするには客観的の証拠も重要になります。正当な慰謝料を希望する為のポイント整理します。

(1)パートナー(夫・妻)の浮気・不倫を証明する証拠

不倫があった事を証明する証拠とはパートナーと不倫相手の肉体関係を証明するものであり、間接的な事実を集め立証する事です。具体的にどういった物が証拠になるのか整理していきます

①パートナーと不倫相手がラブホテルを出入りしている写真や動画

②パートナーと不倫相手が外泊し同室で就寝した事を証明する写真や動画

③パートナーと不倫相手の間で明らかに肉体関係がある事を証明できるやりとりの記録(携帯電話や手紙など)

④パートナーもしくは不倫相手が不倫の事実を認めた書面

(2)パートナーからうけたDV(身体的暴力)やモラハラ(言葉・精神的暴力)を証明する証拠

①怪我や重度の精神病の診断書

②肉体的・精神的暴力を受けた時の具体的な記録

(3)悪意の遺棄の事実を証明する為の証拠

①生活費の流れのわかる預金通帳等

②別居に至った日時・経緯がわかる記録

③パートナーに別宅が有る場合は賃貸借契約書など

(4)セックスレスの事実を証明する為の証拠

セックスレスである事を証明できる具体的な行動記録

5.離婚慰謝料請求する際の進行ポイント!

%e5%a5%91%e7%b4%84

(1)話し合いからスタートする

①同居しているケース

同居している状態で離婚慰謝料の話を切り出す事は気まずくなったりする事もあるでしょうし勇気のいる行動だと思います。話す以上は慰謝料支払いの意思をしっかり確認し、希望する金額も伝えるようポイントをおさえた会話が必要です。

②別居しているケース

別居している状況では慰謝料の話し合いが直接できない事が予想されます。メールやLINEなどで慰謝料請求する意思や希望する金額を伝える方法が記録を残す意味でも定番です。話し合いによう応じないような場合は内容証明郵便を送付します。内容証明郵便は法的に慰謝料支払いの効力はないですが、郵便局が内容を証明してくれるので証拠としては有効です。

(2)話し合いがまとまらない場合は民事提訴や離婚調停に移行

話し合いで解決しない場合は民事提訴か離婚調停をどちらかに移行してすすめていく事になります。民事提訴では民事事件として地方裁判所や簡易裁判所に提訴する事になりますが話し合いの色合いは薄いといえます。一方、離婚調停では離婚問題の話し合いの場としてあります。どちらの場合も相手方の住所地のある裁判所で行われます。

(3)離婚調停で解決しない時は離婚裁判へ

離婚調停で話し合いがまとまらない時は離婚提訴を起こし、離婚問題と慰謝料請求を裁判で審判する形になります。

①離婚裁判のポイントは離婚原因

離婚の成立は法律で定められており離婚の原因(民法770条1項各号)が必要になきます。
・不貞行為(不倫での肉体関係)
・悪意の遺棄(別居など)
・3年以上の生死不明
・回復の見込みのない強度の精神病
・婚姻を継続しがたい重大な事由(DV・浪費・犯罪・セックスレス・性格の不一致など)

②離婚訴訟の進行

離婚提訴では調停前置主義というシステムがあり、提訴の前に調停をしておく事が前提です。
・訴状を作成する
・訴状を提出する
・相手方へ訴状を送達する
・第一回口頭弁論期日が決定する
・数回の口頭弁論を繰り返す
・判決
場合によっては途中で和解が成立する事もあります。

③裁判での証拠の重要性

裁判は話し合いや調停とは違い裁判官の審判で結果がでます。相手の違法性を証明する確実な証拠が有利な判決の鍵になります。

6.慰謝料以外にもお金がもらえる!

shutterstock_151349420

(1)慰謝料以外にもらえるお金

離婚慰謝料以外にも支払いの義務が生じる可能性のあるお金がありますので整理していきます。

①財産分与

離婚時には結婚している間にあった夫婦の共有財産を財産分与として請求できます。結婚している間に財産が増えたり、パートナーの収入が大幅に増えた事実等があれば請求額もあがります。

②養育費

夫婦の間に子どもがいる場合は養育費の請求も可能です。親権を持つことが絶対条件です。

③別居から離婚までの間の婚姻費用

夫婦が結婚生活にかかる費用(食費・交際費・医療費など)を婚姻費用といいます。別居していている場合の専業主婦などで請求事例があります。

(2)助成金をもらえるケース

離婚してシングルマザーになった等の様々な事情に合わせた制度の利用もあります。一定の条件を充たせば生活保護や児童扶養手当などがあります。

まとめ

離婚時の慰謝料請求や相場についてまとめてきましたが参考になりましたでしょうか?高額な離婚慰謝料とは簡単に得られるもので無く、知識や方針を精査して得られる物と理解していただけたと思います。言い換えれば高額な慰謝料とは正当な慰謝料と言え、ケースにより違いそれぞれのケースで対処する項目がものです。ご自身の離婚問題に当てはめて役立てていただければと思います。

弁護士に聞く!  離婚慰謝料の相場や高額獲得の方法