あなたでも簡単にできる!浮気調査をする前の5つの準備。準備次第で、浮気調査料金が大幅に安くなります。

あなたでも簡単にできる!浮気調査をする前の5つの準備。準備次第で、浮気調査料金が大幅に安くなります。

パートナーに不信感を持つようになり、浮気の可能性があると確信した段階においては、まず出来る限り自分で下調べを行っておくことが大切です。それにより、実際に浮気調査を実施する際にとてもスムーズに調査を行うことが出来る上、調査料金も大幅に削減することが可能になります。

そこで今回は、浮気調査をする前に準備するべき5つのポイントをお伝えしていきます。

0.浮気するタイミングをチェックしておく!

浮気調査は、いつするのかという『タイミング』が非常に大事になります。

浮気をするタイミングをある程度予想することが、できれば証拠も取りやすいからです。

浮気調査を探偵に頼む場合、基本的に、調査した時間で料金が決まってきますので、確実に浮気している時間帯を予想できれば、探偵に支払う料金は安くなります!

つまり、夫や妻の行動をしっかり把握し、いつ浮気するのかというタイミングを常にチェックすることが大切になります。

1.夫や妻などの調査対象者の行動範囲(よく行く場所、お店)を把握する

理解する

(1)収集出来るものは可能な限り集めておく

「普段とは何かが違う」と言う違和感、そんな事を感じた時は、まず身近な物から確認をしましょう。自分と一緒に居ない時の事はそう簡単に把握出来る物ではありません。そんな時に役に立つのはレシートや領収書になります。どの辺りで食事や買い物をしたのか、一人分の買い物なのかと、紙切れ一つからでも沢山の情報を読み取る事が出来るのです。

ラインやメールだと消去されていたり、ロックを掛けられていて見られない可能性があります。携帯電話には勿論沢山の情報が入っていますが、その分警戒度も高くなります。レシートや領収書に対してはそれほど警戒心を持つ物では無く、容易に手にする事が出来ます。「ただの紙切れだ」と軽視しないで下さい。

(2)調査対象者の仕事の勤務日・休日の日程を把握する

 調査をする上で、仕事と休みの日を知る事は大切な事です。何故なら把握する事で怪しい行動を見極める事が出来るからです。シフトや定時が決まっている仕事であれば把握する事はそれほど難しくは無いのですが、自営業やフレックスタイムを採用している様な会社に勤めている場合は、少々難易度が上がります。しかし、難しい事を承知で無理に聞き出す行為はNGです。対象者の警戒心を高めてしまうだけで良い事は何もありません。

では、対象に悟られずに把握をしたい場合はどうすれば良いでしょう?シフトや提示が決まっているタイプであれば、勤務表を確認出来る可能性があります。その場合は素直に勤務日と休日を見る事も大切ですが、注意して見て欲しいのが対象者と同じ日に休みを取っている人物がいないかと言う事です。細かく見れば更に他のヒントと成り得る情報を入手出来る可能性もあります。

カレンダー

(3)自営業やフレックスタイム勤務の場合は普段の生活から見極める

自営業やフレックス勤務の場合ですが、こちらの場合は勤務表を見られる可能性はかなり低くなります。だからと言って無理矢理聞き出そうとしないで下さい。あくまでもいつも通り。そのいつも通りにヒントが隠されています。

今迄、休日出勤をしなかったのに最近する様になった。出張と言って外泊が増えた。飲み会と言い帰りが遅くなる。会社で寝泊まりしている。いつも通りを意識すれば、このようなケースが起きた時に違和感を感じる事が出来ると思います。冷静になりいつも通りを意識すれば、対象者の方からヒントを与えてくれるものです。

2.不審な行動や言動があったら記録する

注意点

 日常の何も変哲も無い会話の中にヒントは隠されている物です。その中でも相手が呟いた言葉には要注意です。特に名前を呼ぶ時は思わずいつも口走っている名前を呼んでしまうものです。学校で先生をお母さんと呼んでしまう子がいるあの感じです。

 他には、何かあれば直ぐに離婚話をしたり、別居話をします。勝手に別居先を決めてきてしまうケースもあります。別居先を教えて貰えているのであればまだ良いのですが、何も言わず勝手に別居先を借りているケースもあります。

それ以外の行動にも注意が必要です。携帯電話を片時も手放さなくなったり、ロックを掛けると言った様に、今迄と違う行動を取り出した時は注意しましょう。

3.怪しい時間帯や曜日を特定する

疑う

特定の曜日や時間帯がわかると言うのは調査をする上でプラスになります。ちょっとした会話の中からでも特定出来る為、決して難しい事ではありません。仕事に出掛ける前に「今日遅くなる」の一言でも違和感を感じられれば、そこから次々と違和感を感じられる様になります。それが決まった曜日に多ければ曜日の特定になり、帰ってくる時間が同じであればそれも特定する為の良い材料になります。

曜日と時間帯を特定し絞り込む事により無駄な調査をせずに済み、対象者に警戒心を与えたり悟られる可能性を減らす事が出来るのです。

4.身の回りの物をチェックする

(1)調査対象者が女性の場合の例

チェック
  • 下着(汚れていないか・勝負下着が増えていないか等)のチェック。
  • バッグ類やブランド物の趣味が変わったり香水を使う様になっていないか。
  • 髪型・爪にお金を掛ける様になっていないか。
  • 携帯電話(ラインやメールの確認・着信音が変わっていないか・ロックが掛かっていないか・カメラ機能の確認)のチェック。
  • お泊りセットを常に用意していないか。

(2)調査対象者が男性の場合の例

男性 チェック
  • 洋服の趣味が変わっていないか。
  • 財布の中身(写真や連絡先が入っていないか・領収書やレシートの確認・金遣いが荒くなっていないか・お店の名刺や女の子の名刺・避妊具)のチェック。
  • 携帯電話(ラインやメールの確認・着信音が変わっていないか・ロックが掛かっていないか・カメラ機能の確認)のチェック。
  • 車を買い替えたり新車を購入していないか。車内に女性の髪の毛や女性物の小物が落ちていないか。車内に毛布やタオルケットを持ち込んでいないか。車内のゴミ箱を確認する。
  • キーケースに見た事もない鍵が付いていないか

5.不審な領収書やチケットを見つけたら取っておく

レシート

前項でも説明しましたが、領収書やレシート・公共施設のチケットからは沢山の情報を読み取る事が出来ます。特にレシートは時間帯まで知る事が出来る為、対象者がもし嘘を付いていたとしても見破る事が可能になります。例えば、会社の同僚達と飲み会と言っていたのに、レシートを見たらお洒落なお店で2名分の料金だった。と、言った様に話が違う事を確認出来ます。

それ以外にも領収書を見る事でお金の使い方がわかり、状況を想像する事が出来ます。例えば、今迄あまりお金を使わなかったのに急に金遣いが荒くなった。同じ店を何度も利用している。他には、毎月のお小遣いの範囲を超えて使っていたり、ブランド店での見積書や担当者の名刺(裏に購入予定の商品番号と金額)が出てくる。

ただの紙切れですが見方によっては宝の山になります。対象者が大事に持っている物は勿論、丸めてゴミ箱に捨ててある物も確実にチェックしましょう。

まとめ

調査をする上で準備は最も大切な事になります。準備をしっかり出来るかによって成功率が格段と上がります。しかし、一歩間違えれば対象者に悟られてしまいます。

大切な事は普段通りの生活の中で違和感を感じ取り、そして対象者に気づかれない様に情報を収集すると言う事です。自分では何とも思っていなかった物が実は物凄いヒントになっていたなんて事は良くあります。そんなヒントを見逃さない様にする為にも、普段通りを貫き平常心を保ちましょう。男女問わず浮気を疑った時点から平常心ではいられなくなる人が殆どです。結果を掴み取る為に、平常心を保ち普段通りに徹して、少しでも多くの情報を入手しましょう。

準備が整い、浮気の確信を得たり実際に浮気調査を検討している場合には、まず探偵社や興信所に浮気調査を依頼する前にチェックすべき23のポイントを参考にして探偵社選びを行ってください。

あなたでも簡単にできる!浮気調査をする前の5つの準備。準備次第で、浮気調査料金が大幅に安くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です