裁判で通用する浮気や不倫の証拠ってどんなもの?上手な証拠の使い方と集め方を紹介

裁判で通用する浮気や不倫の証拠ってどんなもの?上手な証拠の使い方と集め方を紹介

浮気や不倫をしていたことを相手に認めさせ、その上で法的な追及をする為にはきちんとした証拠を取る必要があります。

正式な裁判であれば、特にそれ相応のものが必要になってくるのです。

例えば、メールや手紙などで浮気・不倫の事実を掴んでおり本人の口から自白したとしても、後々に「そんなこと言ってない」「そんなことをしていない」と言われてしまえばそれまでになってしまうようなケースもあります。又、自分が掴んだ証拠が100%裁判認められるかどうかについても、専門家が事前に確認しておいた方が良いのです。それが不明な段階で、行動を起こすべきではありません。

証拠を取った後の行動には大きく2パターンあり、「夫婦関係を修復する」のか「離婚する」のかどちらかになります。きっちりと自分の目的を達成させる為にも、不十分な状態で見切り発車してしまうのではなく、何が必要なのか?どう行動すべきなのかを把握した上で行動してほしいと思っておりますので、今回は浮気・不倫についての通用する証拠とはどういったものなのか?集め方と上手な使い方について詳しく解説していきたいと思います。

目次

1.浮気・不倫の証拠には法的に通用するものとしないものがある

裁判で通用する浮気や不倫の証拠ってどんなもの?上手な証拠の使い方と集め方を紹介

浮気や不倫の事実があった場合、相手が認めやめさせることが出来るものでなければ問い詰めるべきではありません。浮気・不倫している事実をきちんと認め、やめさえることが出来るものである必要があるからこそ、言い逃れができないものでないと、面倒なことになってしまいます。

法的に有効な証拠がどういったものなのかを解説していきます。

1-1.法的に通用する浮気・不倫の証拠とはどういったもの?

法律用語として、浮気や不倫は不貞行為と言われています。簡単に言うと継続的な肉体関係の有無が焦点になってくるのです。その為、メールやライン、手紙などのやりとりや、手を繋いでいたりキスをするところだけだと、本人たちが認めなければ証拠とはなりません。

不貞の事実を証明する為には肉体関係の有無が推測される映像が必要になってきます。

1-2.不貞の証拠は動画で撮影する

不貞の証拠とする為には動画で撮影する必要があります。というのも建物から出てきていることを確実に証明する為に連続性を確認できなければいけないからです。写真だと、たまたまホテルの前を歩いていただけと言い逃れすることができます。

参考:プロの浮気調査はココが違う!恐ろしい最新技術のカメラたち

参考:探偵が作成する、裁判で使える浮気の証拠【調査報告書】ってどんなもの?

1-3.1回だけでは不貞の証拠にはならない

ホテルや家に出入りしている様子を確認出来たとしても、1回だけでは肉体関係があったと認められないことが多いです。その為、何回か確認する必要あります。また、何度も確認することで継続性を証明することもできます。

密会する建物により、必要な撮影回数は異なってきますので注意してください。

裁判で通用する浮気や不倫の証拠ってどんなもの?上手な証拠の使い方と集め方を紹介

2.法的に通用する浮気・不倫の証拠とは?不貞の証拠4種類

①最も有効なのはラブホテルから出てくる様子

裁判で通用する浮気や不倫の証拠ってどんなもの?上手な証拠の使い方と集め方を紹介

ラブホテルを利用する目的というのは、誰が見ても肉体関係を結ぼうとしていると認識できます。その為、不貞の証拠としては最も有効な証拠であると言えます。

最も理想的なのは入る所を撮影し、そのまま出てくるまで張り込んで出てくる瞬間も撮影することになりますが、なかなか入る瞬間を撮影することは難しく、証拠としても出てくる瞬間の映像があれば問題ありません。但し、ラブホテル内に最低でも1時間は滞在していたことを証明出来た方が良いでです。一度、当社の担当した案件で40分の滞在では肉体関係は無いという驚くべき判決を受けてしまったケースがありましたので、時間も重要な要素となっています。必ず張り込みを開始した瞬間から撮影を開始し、出てくるまでに何時間経過したかを証明します。

逆に言うと、入った所だけを撮影したとしても、それだけでは「その後すぐに出た」という言い逃れが出来るので、一定時間が経過した後に出てくる所までは撮影しなければいけないのです。

回数としては2回あれば間違い無いと言える証拠となります。但し、デートシーンやキスシーンなどの2人の関係性を証明出来るような調査内容であれば1回で問題ありません。その他、メールやラインのやりとり証拠などがあっても大丈夫です。

滞在時間の目安

最低でも1時間以上

撮影回数の目安

2回以上

撮影のポイント

入るところは無理でも、出口から出てくる瞬間からの連続した映像は必須。その際に2人の顔がしっかりと認識出来るレベルのものであること。

直接車に乗り込めるモーテル型の場合には、車のナンバーを確実に撮影した上で、ホテルから出てから降車するところまで確実に撮影し続けること。

警戒してホテルからバラバラで出てきた場合には、それぞれの顔をきちんと撮影しつつ尾行し、再度合流するところまで撮影をする。

探偵が撮影したラブホテルでの証拠映像

②ラブホテルに次いで有効なシティホテル・ビジネスホテルへの出入り

シティホテルやビジネスホテルを利用する対象者もいます。特に高所得であったり高齢の不倫では、シティホテルを利用することが多いです。その他、最近ではビジネスホテルのデイユースという昼間の時間帯だけが利用可能なプランを使って不倫する方も増えてきています。

この場合において必要な証拠としては、最も良いのが部屋の出入りの様子となります。しかし、シティホテルやビジネスホテルの部屋の出入りを撮ろうと思うととても難しく発覚してしまう可能性があるので、探偵はあまり無理をしないよう注意しています。最近ではエレベーターが宿泊者しか利用できないシステムにもなっています。

その為、まずはチェックインしている様子とチェックアウトする様子は確実に証拠として撮影します。ホテル内の施設を利用したと言い逃れされない為であり、客室を利用したことを証明する為です。裁判で通用する浮気や不倫の証拠ってどんなもの?上手な証拠の使い方と集め方を紹介

裁判で通用する浮気や不倫の証拠ってどんなもの?上手な証拠の使い方と集め方を紹介対象者が利用する部屋がわかっている場合には、同じフロアに部屋を取り、その部屋のドアスコープや、ドアを開けた隙間からカメラを撮影して部屋からの出てくるところを撮影します。

又、ビジネスホテルやシティホテルは比較的ドアに隙間がある為、室内の音声が漏れ聴こえますので、室内からの性行為時の音声をICレコーダーに録音して証拠にすることもあります。

ビジネスホテルやシティホテルは「ただお茶を飲んでいただけ」「仕事の打ち合わせをしていた」という言い逃れがしやすいので、録音データは非常に有効なものとなります。

ビジネスホテルやシティホテルの場合には、通常だと3回以上の出入りは取る必要があります。

裁判で通用する浮気や不倫の証拠ってどんなもの?上手な証拠の使い方と集め方を紹介

滞在時間の目安

最低でも1時間以上

撮影回数の目安

3回から5回(宿泊だった場合だと3泊程度)

撮影のポイント

チェックイン風景、チェックアウト風景。可能であれば客室の出入りする様子。可能であればドアの開閉が一定時間なかったことを証明する為の葉っぱ※なども撮影しておく。

裁判で通用する浮気や不倫の証拠ってどんなもの?上手な証拠の使い方と集め方を紹介裁判で通用する浮気や不倫の証拠ってどんなもの?上手な証拠の使い方と集め方を紹介

探偵が撮影したシティホテル・ビジネスホテルの不貞映像

③複数回確認が必要な愛人宅へのアパート、マンションに出入りする様子

愛人宅のアパートやマンションに出入りすることもよくあります。但し、ラブホテルなどとは違って肉体関係目的かどうかを証明する必要がありますので、宿泊の場合は3泊、短時間の滞在であれば7回は出入りを撮ります。但しこの回数はあくまで過去の判例を元に、絶対に大丈夫であろう回数なので、その他のデートシーンやラインのやりとりなどの証拠があればもっと少ない回数でも大丈夫です。

愛人宅の証拠の場合において重要な点としては、ベランダから見える室内の灯りです。電気が消えたのであれば撮っておき、暗い部屋の中に2人がいたことを証明することが重要になってきます。アパートやマンションの場合には、建物の構造によっては部屋が見えない場合がある為、玄関エントランスからの出入りを撮影することになります。

裁判で通用する浮気や不倫の証拠ってどんなもの?上手な証拠の使い方と集め方を紹介

裁判で通用する浮気や不倫の証拠ってどんなもの?上手な証拠の使い方と集め方を紹介

滞在時間の目安

最低でも1時間以上

撮影回数の目安

5回から7回(宿泊だった場合だと3泊程度)

撮影のポイント

玄関エントランスの出入り風景。可能であれば部屋玄関の出入りする様子。夜の場合には、室内灯が消えているところなども撮影。不法侵入にならないよう、敷地内に出入りしない。

ベランダに喫煙や洗濯で出てきている際も撮影し、滞在していることを証明したりもします。

裁判で通用する浮気や不倫の証拠ってどんなもの?上手な証拠の使い方と集め方を紹介

探偵が撮影した愛人宅の不貞映像

④旅館・民宿などの宿泊風景も証拠となる

不倫カップルが温泉地や田舎、地方都市などに行く場合において、旅館や民宿を利用することがあります。その場合にはシティホテルなどと同様に、チェックイン・チェックアウトの様子をきちんと撮影することが重要となります。旅館や民宿などの場合には、外からの監視による撮影が難しく、しっかりとした証拠を撮る為にも探偵も一緒に宿泊し施設内から証拠となる映像を撮影します。施設内で浴衣姿になっている対象者達の様子や、食事している様子などをしっかりと撮影していきます。

滞在時間の目安

8時間程度

撮影回数の目安

3泊

撮影のポイント

チェックイン風景・チェックアウト風景。施設内での様子。浴衣姿での移動や食事風景など。部屋出入りは可能であれば撮影する。

3.浮気・不倫の証拠になるかどうか専門家による確認が必要なもの

①性行為の写真、動画

ここで重要な点としては、行為に及んでいる2人の顔が分かるかどうかです。発見される写真や動画のほとんどは、浮気相手の顔は分かるものの自分の顔は映されていないことがあり、それだけでは誰と行為があったのかを証明することが難しくなってきます。又、浮気相手だけが写っている裸の写真なども、それだけでは何の証拠にすることもできません。

但し、発見したのであればきちんと別の場所にコピーして保存しておき、浮気調査によって得られた証拠に付随する証拠として提出出来るようにしておきましょう。

②カーセックス

裁判で通用する浮気や不倫の証拠ってどんなもの?上手な証拠の使い方と集め方を紹介

地方都市での浮気調査において時折あるのがカーセックス案件です。この案件こそが探偵泣かせです。というのも、カーセックスを不貞の証拠とすることはほぼ不可能であり、その上カーセックスする対象者はなかなかホテルに行かないからです。

まずカーセックスする場合には、暗い駐車場の隅などに駐車して行為に及ぶことが大半です。だいたいはフロントガラスにサンバイザーなどをかけ、後部座席で行為に及んでいることが多いです。ほとんどの車は後部座席にフィルムやカーテンがあり中を確認することは不可能になっています。

その為、中で何が行われているのか?を確認することはほぼ難しく、誰がどうみても怪しい行動であったとしても肉体関係の有無を証明することが不可能なのです。

ただ、それでも探偵は本人達からの自白が得られるような決定的な瞬間を撮影しようと試みます。

カーセックスの場合には大体が後部座席にいることが多いので、後部座席への乗り降りする風景や、車体の小刻みな動きなどです。

暗視カメラなども駆使して、車内の様子を少しでも確認し、服装の乱れなどもチェックします。

裁判で通用する浮気や不倫の証拠ってどんなもの?上手な証拠の使い方と集め方を紹介

暗闇で活躍する暗視カメラ

そして、カーセックスが終わって車を発進させた後、途中で対象者がゴミを捨てた場合には、それを拾い中にコンドームなどの性行為の証拠を確認します。

③デートシーン(手繋ぎ・キスシーンなど)

裁判で通用する浮気や不倫の証拠ってどんなもの?上手な証拠の使い方と集め方を紹介

手を繋いでいたりキスしたりしている姿は、それだけで浮気・不倫していることが分かるものではありますが、それだけで不貞の証拠とはなりません。あくまで肉体関係の有無となります。

但し、だからと言って全く必要無い訳ではなく、デートシーンも重要な証拠の一部となります。このデートシーンをしっかりと撮影しておくことで、ホテルや愛人宅への出入りを確認する回数を少なくすることが可能になってきます。

いかに2人が親密な関係なのか?を証明することが大切になってきます。

④メール・ラインのやりとり

  裁判で通用する浮気や不倫の証拠ってどんなもの?上手な証拠の使い方と集め方を紹介

最近ではメールやラインのやりとりだけでも慰謝料請求が成功した事例も増えてきました。

ただ、メールやラインだけの場合には、よほどの内容でなければそれだけで証拠にすることは難しいです。やりとりの中で肉体関係があることがはっきり分かるかどうかが重要になってきます。

仮にあったとしても、それだけで成功するかどうかは100%とは言えないので、確実にするのであれば調査を実施して証拠を撮り、やりとりについても補助的な証拠として活用した方が良いでしょう。

参考:LINEの証拠で、慰謝料を成功した事例【実際の証拠写真付】

⑤ネットカフェ・漫画喫茶のカップルシート

裁判で通用する浮気や不倫の証拠ってどんなもの?上手な証拠の使い方と集め方を紹介

裁判で通用する浮気や不倫の証拠ってどんなもの?上手な証拠の使い方と集め方を紹介

最近では、若いカップルを中心にして人気なのがネットカフェにあるカップルシートと言われる場所です。ホテルに行くよりも安く、漫画なども見れる空間で、2人だけで過ごすことが出来る場所になっています。

この場所で性行為に及ぶカップルは多いので、ここでの行為について証明出来るようにしなければ、永遠に証明が難しくなってきます。

ネットカフェはそれぞれのブースが柵によって隔てられていますが、高さは1.8m~2.0mなので、上から覗いて確認することが可能です。

⑥音声データ

裁判で通用する浮気や不倫の証拠ってどんなもの?上手な証拠の使い方と集め方を紹介

配偶者が自分の自宅に愛人を連れ込んでいるようなケースで、そこにICレコーダーなどの録音器を使って性行為時の音を録音したデータなどはある程度有効な証拠にはなるでしょう。

また、配偶者が自室で浮気・不倫の事実を通話しているような場合の音声を録音することも有効です。但し、音声データ単体で証拠として戦っていくのは、少し不安点が残ることになりますので、あくまで補助的に活用した方が良いでしょう。

⑦本人の自白

裁判で通用する浮気や不倫の証拠ってどんなもの?上手な証拠の使い方と集め方を紹介

本人を問い詰めたら浮気している事実を告白したような場合や、本人から「好きな人ができたから別れてくれ」と言われた段階で話を進めてはいけません。そのような場合、ほとんどが具体的な離婚などの話になった場合に言い逃れをされてしまいます。当然ながら自分の不利になるような証言をする人はいませんので、浮気・不倫による責任追及は出来なくなってしまいます。

自白の内容を録音にとっておいたとしても、自分では無いと言われたら声紋鑑定するしかありません。但し声紋鑑定は多額の費用がかかる上、証明したところで不貞の事実があったかどうかを裁判所が認定するかは難しいところだと思います。

⑧領収書・レシート

裁判で通用する浮気や不倫の証拠ってどんなもの?上手な証拠の使い方と集め方を紹介

レストランやシティホテルで2名分の領収書を発見したとしても、それだけで早まって行動すべきでではありません。これまで述べたように、浮気・不倫の証拠(不貞行為の証拠)は肉体関係の有無があったかどうかが焦点となります。いくら2人で宿泊したかもしれない領収書があったところで、それだけで肉体関係があったと持っていくのは不可能に近いといえます。

4.裁判でも使える浮気・不倫の証拠はどうやって集めれば良いか?

4-1.自分で浮気調査を行うメリット・デメリット

証拠にはどのようなものが必要か?については理解していただけたとは思いますが、どうすればそれを集めることが可能なのか?について解説していきます。

まず第一に自分でやってみるという方法があります。

自分で浮気調査するメリット

・費用がかからない

自分で浮気調査するデメリット

・かなりの確率で発覚してしまい、やる前よりもさらに関係が悪化する

・事実を目の当たりにすることで、冷静な解決が不可能になってしまう

・長時間調査に費やしたにも関わらず、技術が無い為に決定的な瞬間を撮り逃してしまう

自分で浮気調査を実施したいという方の為に、探偵が浮気調査の方法について1から10までを解説した”【探偵が教える】自分で浮気調査する為の6つの完全マニュアル”をご覧ください。

4-2.バレてしまった場合のリスクを考えると、探偵に依頼した方が無難

浮気調査の目的は、相手にバレることなく不貞の証拠を撮ることです。

証拠を撮る目的は人それぞれですが、大きく分けると「夫婦関係の修復」の為か「離婚する」為になってきます。その為には、調査に気付かれてしまうということはあってはならないのです。万が一バレてしまうと、先手を打って対策を練られてしまったり、警戒をされてしまってせっかくの証拠が取れず泣き寝入りするしかなくなってしまいます。

5.不貞の証拠の利用手段|浮気問題の3つの解決方法

不貞の証拠というのは、実は撮ることよりも、撮ってからいかに活用するかの方が大切です。その為にも自分の気持ちを整理した上で、どのような結果が得たいのか?が重要になってきます。せっかく有効な証拠が撮れたとしても、使い方を間違えてしまうと撮った意味が無くなってしまいます。

大きく分けて3種類の使用方法がありますので紹介していきます。

解決方法① 離婚せず、夫婦関係の修復を目指す為に使用する

 裁判で通用する浮気や不倫の証拠ってどんなもの?上手な証拠の使い方と集め方を紹介

一刻も早く、浮気相手との関係を切ってやり直したいという方がとるべき方法です。不貞の証拠を、離婚をしない為の保険として利用していきます。

不貞の証拠があれば配偶者から離婚を求められたとしても拒否することが可能となります。又、浮気相手に対して慰謝料請求すると共に、2度と会わないよう誓約させることが出来るので夫婦関係を修復するきっかけを作ることが出来ます。

証拠を撮ったあと、すぐに愛人に対して慰謝料請求して愛人を排除し、再度夫婦関係の修復を目指します。

解決方法② すぐには切り出さず、いざという時の切り札にとっておく

まだ離婚かやり直しを決めていないという方や、子供の受験などの状況を見てから決めたいという場合にとる方法です。

今後生活していく中で、万が一離婚を切り出された場合にも大丈夫なように、お守りとしてとっておきます。すぐには使用せず、いざという時のためにとっておくのです。

可能性は低いですが、愛人と自然に関係を解消して戻ってくることも想定されるので、あまり現時点では波風を立てず様子見するという方針です。

もしくは、すぐには離婚を考えてはいないもののいずれ考えており、しっかりと準備していく上で念のために持っておき、自分の目的を達成していく為に何もせずに持っておくという方もいらっしゃいます。

「子供が20歳になるまでは我慢する」などの理由も多いです。尚、不貞行為の慰謝料請求の時効は不貞の事実を知ってから3年以内である点には注意してください。

解決方法③ 有利な離婚をする為の証拠資料として使用する

離婚を決めており、少しでも自分が有利な立場として離婚する場合や、すぐにでも離婚したいという方がとる方法です。

離婚する場合には、主に問題になる点については4つ(慰謝料・財産分与・親権・養育費あります。

裁判で通用する浮気や不倫の証拠ってどんなもの?上手な証拠の使い方と集め方を紹介

当然ながら、離婚協議する場合において不貞行為を理由として話し合いを進めることになりますので、4つのポイントについては出来るだけ有利に協議していくことになります。

但し、親権や養育費については子供がいることが前提になりますし、親権・養育費についても不貞のある無しに関わらず子供にとって良いかどうかが判断基準となってきますので、不貞の有無は関係してきません。

まとめ

浮気や不倫の事実を追求する為には、法的に有効な不貞の証拠=肉体関係を証明することが必要であることを説明させていただきました。今回解説したような映像を、複数回撮影することで不貞の証拠とすることが可能になります。

又、その証拠をどのように使用するかにより、結果は大きく異なってきます。証拠は武器です。正しい使い方を理解し、自分が求める結果に向かえるように適切に使用することが大切になってきます。

出来る限り、証拠の撮影も、証拠の使い方についても専門家に相談することで、間違いの無い結果が得られることになりますので、自分だけの考えで突っ走ってしまうのだけは避けて下さい。