妊娠中に夫が浮気するのはなぜ?浮気をする理由と対策

妊娠中に夫が浮気するのはなぜ?浮気をする理由と対策

浮気には起こりやすいタイミングがあります。妊娠中もその1つのタイミングです。

新しい命を授かってこれから更に夫婦の関係を深めていかなければならないときに、なぜ男性は浮気してしまうのでしょうか。

これには男女で妊娠への感じ方や考え方が大きく異なることが影響しています。ここでは妻の妊娠中に夫が浮気してしまう理由や、その対策について紹介していきます。

妻の妊娠中に浮気に走ってしまう理由

妊娠中に夫が浮気するのはなぜ?浮気をする理由と対策

妊娠中に浮気が多くなる原因の1つとして、セックスレスが挙げられます。妊娠中のセックスは母体に負担がかかるため、自然とセックスの回数は減っていきます。夫がセックスを求めても、赤ちゃんへの影響を懸念したり、つわりでそれどころではなかったりと、拒むことも多くなります。その結果、不満が溜まり浮気に走ってしまうのです。

また、妊娠した女性は、赤ちゃんを育てる体になることから、ホルモンバランスが急激に変化します。その結果、情緒が不安定になり、イライラしたり、つい旦那さんに当たってしまったりすることもあるでしょう。ストレスをぶつけられた男性は本来なら安らぐ場所である家庭に居づらくなり、外に相手を求めてしまうケースがあります。

夫に対して構っていられる時間が減少することも原因の1つとして挙げられます。妊娠すれば病院に通ったり、子育ての準備に時間を取られることが多くなります。そのため、夫を構う時間がなくなり、寂しさから浮気をする場合があります。仲が良く、一緒にいる時間が多い夫婦だからこそ、かえって陥りやすいといったケースもあります。

父親になるプレッシャーから、夫が浮気に走るケースもあります。妻が妊娠すると、自然と夫も父親になることを意識するようになります。それがプレッシャーとなり浮気する場合があります。「何を当たり前のことを」と思うかもしれませんが、女性が妊娠を通じて母親としての意識を高めるのに対し、男性が父親として自覚を持つのは赤ちゃんが生まれてからだと言われています。奥さんや周囲からプレッシャーをかけられることがストレスになり、そこから逃げるように浮気をしてしまうことがあるのです。

夫婦間のやり取りを増やして浮気を防止

妊娠中、夫が浮気に走るのを防ぐには、夫が陥りやすい精神状態を理解した上で対策を取ることが大切です。

まずお互いにコミュニケーションを取ることを大切にしましょう。赤ちゃんを迎えるにあたり、お互い何を感じ、どういった不安を持っているのか、分かっていないことも少なくありません。お互いを理解することを忘れないようにすれば、夫が外に癒しを求めることもなくなるでしょう。赤ちゃんを迎えるための心の準備にも繋がります。

改めて話すのは恥ずかしいかもしれませんが、妊娠中のセックスについても話し合うことも大切です。それにより、妊娠中のセックスレスによる不満を和らげることができます。セックスの回数が減る分、スキンシップを増やすというのも有効です。

手を繋いだり、キスをしたり、ハグをしたりというスキンシップを増やすようにしましょう。妻からの愛を感じられれば、夫も浮気に走らなくなります。逆にスキンシップまで拒否してしまうと、夫の側は優しさやぬくもりを求めて、気持ちが外へ向かう恐れがあります。

将来について話し合おう

お腹の中でわが子の成長を感じる女性とは違い、男性はどうしてもわが子の存在を実感しにくく、父親になるという意識が湧きづらい部分があります。盛り上がる周囲に対し、置き去りにされたように感じる人もいます。

そのような方には、是非一度、定期検診やマタニティ教室に夫を誘ってみてください。一緒に行くことで、夫も自然と父親になる自覚が芽生え、赤ちゃんを迎える心の準備が整っていきます。

最近は父親向けのプレパパ教室を行っている自治体や病院も増えており、似たような立場の人と会話をする機会も増えてきています。同じ悩みを共有することができれば、精神的にも随分楽になります。父親としての立場を家庭の中ではっきりさせることで、浮気の衝動も治まっていくことでしょう。

妊娠中は将来について夫婦で話し合う機会が自ずと増えてくるものです。お金や仕事の話題も大切ですが、それらを「責任」として、プレッシャーを感じる男性は多くいます。現実的な会話も大切ですが、子供が生まれたら「連れて行きたい場所」や、「将来どんな子供に育ってほしい」など、幸せを夫婦で描いていくことも必要です。ポジティブな会話は将来の楽しみを引き出し、夫婦の関係性を深めることにつながります。

気を付けたいこと

まず、妊娠中は精神的に不安定になるということをお互いに自覚しておきましょう。赤ちゃんを授かることにより、ホルモンバランスが変化し、精神状態は不安定になります。男性はそのことを理解しておく必要があります。また、女性側としても、男性が父親になる上でプレッシャーや不安を抱えていることを忘れてはいけません。不安な気持ちをお互いが持っているということです。

妊娠中はストレスが溜まりやすい状態でもあります。意識的にストレスを発散することも大切です。赤ちゃんを大事にしようとするあまり、安静にするばかりではストレスは発散できません。映画で大泣きしたり、友達とおしゃべりしたり、ストレスを軽減させる工夫をしていきましょう。

お医者さんに相談して適度な運動を取り入れたり、たまのご褒美で美味しいものを食べるのもおすすめです。ストレスが与える影響は赤ちゃんにも及ぶので、妊婦さんがストレスを取り除くことは家族みんなのためにもなるのです。

また、支えてくれている夫に対して、感謝を伝えることも大切です。夫としても、自分の頑張りを認めてくれていると分かれば、家庭での身の置き場が定まってきます。体調不良でどうしても夫とのコミュニケーションが難しいときは、理由を伝えるようにしましょう。そうすることで、夫としてもストレスを軽減することができます。

もし浮気されてしまったら

実際に夫が浮気をしてしまった場合、妻はどのような対応をすればいいのでしょうか。今後も一緒に夫婦として生活していくことを選択する場合、より慎重に行動することが求められます。

当然ながら浮気をした側が悪いのですが、常に夫にイライラをぶつけていたことで、ストレスを強く感じていた場合もあります。許せない行為に違いはありませんが、この時に腹を立てるあまり、問い詰めることは逆効果だと言われています。また、自分や夫の両親に告げ口することも、収集がつかなくなる恐れがあるため、一旦冷静になり考える必要があります。

一番大切なことは、話し合うことです。なぜ浮気に走ってしまったのか確かめ、今後浮気をしないようにしっかり釘を刺しておくことが重要です。

話し合い、やり直すことを決めたならば、夫を信頼するよう努めることも重要になります。もちろん、簡単に信頼できるようにはなりませんが、夫婦生活がギクシャクした状態で夫婦生活を過ごしていくことはお互いにとってストレスです。関係修復のための努力を心掛けるようにしましょう。

理由を知り、浮気を防ごう

妊娠中に夫が浮気するのはなぜ?浮気をする理由と対策

妊娠を機に浮気することは、生まれてくる赤ちゃんに対して失礼な行為です。お互いに対する配慮や愛情が欠如することも、赤ちゃんは望んではいません。

妊娠中の夫の浮気を回避するためには、妊娠中に陥りやすい精神状態をお互いに理解しておく必要があると言えるでしょう。感謝の気持ちを忘れず、普段より意識的にコミュニケーションを取ることを心掛けましょう。