定年退職後の浮気に注意!

定年退職後の浮気に注意!

最近熟年離婚という言葉をよく聞くようになりました。定年後、自由な時間が多くなり、退職金や年金を貰って余裕が出来ます。その結果浮気をする様になる人もいます。もう60代だしそんな事するわけないと思って安心してはいけません。暇な時間に外に出て、新たな出会いもあるかもしれません。配偶者がいない時間帯が増えていて、洋服など何か変わった点があれば、一度調査してみてもいいかもしれません。

1.定年退職後は暇が多い

定年退職をした後、する事がなくなり、外に出たがる人も多く存在しています。ただ外に出るだけではなく趣味としてなにかを学びに行ったり、パチンコやスロットなどのギャンブルに出かけたりする人もいます。そういった教室やパチンコ店などで新たな出会いは必ずあります。その結果、嘘をついて家を出て、浮気をしてしまう人が出てきます。定年退職後で暇を持て余しているという事もあり、嘘をついて家を出ても特段怪しむ事はないのではないでしょうか。配偶者がいない時間帯が多い方は一度配偶者の財布の中身や携帯電話を一度チェックしてみてください。

2.久しぶりの恋愛に熱くなる

60代にもなると夫婦の関係は結婚したばかりの時と比べて、なかなか恋愛とは呼べない関係となっているのではないでしょうか。定年退職をすると、時間が多く余っており、今まで浮気をしたくても出来なかったといった人は浮気をしてしまう可能性があります。仕事をしていた時は帰りが遅くなると怪しまれる、子供が小さいので早く帰らないといけない等といった気持ちが心にストッパーを掛けていて、浮気が出来ず、定年退職後に時間が余分に出来た事で浮気してもバレないだろうと考える人もいることは事実です。配偶者がほとんど家にいないという方も多いと思います。一度配偶者が家にいるときの様子をじっくり観察してみてください。なにか怪しい点が出てくるかもしれません。

3.浮気の原因はセックスレス

年齢を重ねてくるにつれて、夫婦間でのセックスは減ってしまいます。60代にもなると全くセックスをしない夫婦がほとんどなのではないでしょうか。その結果男性側が不満を抱いているケースも多くあります。その為、外でセックスが出来る相手を探す男性がいます。なので、結婚当時から配偶者の性欲が強かったという方は要注意です。男性は自分の老化をなかなか認められません。精力増強剤などを飲んででも行為に及ぶ方がいます。

4.60代の浮気チェックはハードルが低い

浮気をしているかどうかの確認は高齢になればなるほど容易になってきます。なぜなら、携帯電話を完全には使いこなせない、ロックをかけるとめんどくさいという人が若年層に比べて多い為です。連絡の取り合いにはほとんど携帯電話を使っているでしょうから、メールや電話帳を確認したら、見知らぬ異性の連絡先が入っているかもしれません。後は、財布の中身や衣服のポケットなども確認してみましょう。なにか趣味に興じているはずの時間が刻印されている飲食店やホテルのレシートがあるかもしれません。

5.定年後の離婚

最近は定年後に離婚をする夫婦が増えています。長年配偶者に対して不満を感じていたが、子供がいたり、離婚をすると自分の生活が不安だといった理由で仕方なく我慢して結婚生活を続けていた方が、定年退職という区切りを機に離婚に踏み切るといった夫婦が多いと思われます。また、定年退職後に離婚をすると退職金が入って、財産分与の際の取り分が増えるといったこともあるでしょう。浮気をしているのなら、探偵社に依頼し証拠を撮り、慰謝料を請求すれば十分な金銭を受け取る事が出来るでしょう。

6.子供が浮気を知っている

配偶者が浮気をしているなんて夢にも思っていなかった人でも、子供が浮気をしている事を知っていたという事もよくあります。子供は浮気を知っていても、両親の関係が壊れてしまう事を恐れて黙っている事が多く、成人し、独立した後、実は…と教えてくれたという依頼者様がいます。また、子供がお父さんやお母さんの調査をして欲しいと直接依頼をしてこられる方もいます。怪しいと感じていて、子供とそういった事も気軽に話せる間柄なら一度聞いてみてもいいかもしれません。きっとあなたの味方をしてくれるはずです。

7.定年退職後の浮気調査事例

ここで実際に定年退職後に浮気をしていた男性を調査した事例を紹介したいと思います。

依頼内容:対象者は2年前に定年退職をした男性で、最近よくパチンコへ行くといってほとんど家におらず、帰ってきてもご飯も食べず寝る事もあり、怪しい。ジャケットのポケットからホテルのレシートが見つかり、確実に浮気していると思う。対象者は車を使っていてどこにいっているかはわからない。離婚をして慰謝料をとりたい。

調査内容:対象者の車にGPSを設置。ほぼ毎日いないという事で対象者宅が見える位置で調査を開始。張り込みを開始して十数分後に対象者が車に乗車し発進。自宅から少し離れた位置のパチンコ店に車を停めて入店。そのまま対象者はパチンコを打ち始めたが、調査を続行。数時間後、女性が現れて、対象者はパチンコをやめて、対象者の車に2人で乗車した。飲食店に行き、食事をした後、車でそのままラブホテルに入っていった。数時間後に出て来てそのまま女性の自宅と思われるマンション前に停まり女性を降ろして走り去った。調査員はそのマンションの住人のふりをして一緒に入り、相手の女性の部屋の割り出しに成功し、その後郵便物で氏名を確認して調査を終了した。

調査結果:依頼者様はわかっていたもののショックを受けた様子だったが、専属カウンセラーの力もあり、すぐに立ち直って弁護士に依頼し見事に離婚、慰謝料を勝ち取った。

8.浮気をしているのかどうか全く分からないが不安を感じている

定年退職後は、外で何をしているのかわからず、外出が多いが浮気かどうかの手掛かりは全くないという方もいると思います。そういった場合でも、ずっと不安で家で待っているよりは、配偶者が外で何をしているのかを知るだけでも十分な結果です。せっかく子供も独立して、自由な時間が増えたのにも関わらず、ずっと不安な気持ちを抱えていては、毎日苦しい思いをしているだけです。探偵に調査を依頼し、配偶者がパチンコをしている、趣味の教室に通っている、旧友と居酒屋で語り合っているなどわかるだけでも、不安が解消され、また違った毎日を過ごせることでしょう。せっかくの時間ですから、嫌な気持ちを抱えず、すっきりとした気持ちで老後を過ごしましょう。

まとめ

定年退職後、配偶者が外で何をしているのか知るだけでもずいぶん気持ちが違ってきます。もう歳だからと安心せず、少しでも怪しい点があれば調査を依頼してみてはいかがでしょうか。実際に定年退職後の浮気調査は珍しくはありません。お金と時間に余裕があるので、浮気のバレるリスクも少ない為、浮気をしてしまう人も多く存在しています。もやもやと不安などを抱えて毎日を過ごすよりも、いっそ調査をして真実を知ってすっきりした気持ちで老後を迎えるのもいいかもしれません。

定年退職後の浮気に注意!