不倫の原因はパートナーのせい!?6つの原因と解決方法!

不倫の原因はパートナーのせい!?6つの原因と解決方法!

お互いに愛し合って結婚した男女でも、夫婦生活がはじまると衝突することは度々あります。食の好みの違いや生活する上で現れる癖など、ちょっとした不満などもあります。

また、経済的な問題が生じた時の対処の仕方や子供に対する向き合い方など、二人の相性はより明らかになるでしょう。気づいた時には「夫婦の間に大きな溝が出来ていた」ということもあります。

今回は不倫の原因と解決方法についてみていきたいと思います。

(1)性格の不一致から不倫するケース

性格の不一致から起こる不倫は夫婦の内、どちらかが歩み寄ることによって防いだり解消したりすることができます。夫婦と言えども血の繋がっていない別人同士ですから、互いの価値観や振る舞いが異なるのは当然なのだと考えることで、受け入れられない問題を受け止められるようになります。

解決方法

男女共にパートナーへの感謝や謝罪はきちんと言語化することで、互いの間に起こる無益な衝突を避けられるようになります。家庭にいる時間が楽しくなれば、リスクを犯してまで外で不倫しようとは考えにくいものです。

もしもコミュニケーションで二人の関係性を修復するのが難しいと感じた時は、小さな気遣いを心掛けるようにしましょう。例えば、会社帰りにお土産を買ったり、リラックスできるように花を飾ったりするなど、パートナーに意識を向けていることが伝わるようにしましょう。

とくに快適な家庭生活を維持する上で大切なのは食事の時間です。本来は家族が向き合い、安らぐことができるはずの時間です。その食事の時間がお互いにとって心苦しい時間であると家庭で落ち着くことができなくなります。

夫婦の間で会話の糸口を見つけづらくなっている時は、パートナーの好きな料理を作ることで、相手を思いやる気持ちを伝えることもできます。料理は良いコミュニケーションになります。時には、ひと手間加える努力を惜しまないようにしましょう。

(2)寂しさから不倫するケース

場合によっては夫婦の仲が良くても不倫が起きるケースもあります。例えば仕事の都合で一緒に過ごす時間が限定的な場合、愛し合っているからこそ相手に寂しさを与えてしまいます。夫婦の働き方が日勤と夜勤で異なっていれば生活がすれ違い、出張が多い場合は物理的に会えない時間が増えてしまいます。パートナーを大切に思っていても、寂しさを紛らわすために外に癒しを求めてしまうケースもあるのです。

解決方法

仕事の都合で一緒にいられない場合、直接的な問題解決は難しいものです。ただし、「仕事だからしょうがない」、「取引先との接待だからしょうがない」といった考え方は夫婦がすれ違う原因になります。

パートナーも事情をわかってはいますが、埋め合わせの機会をもうけることも必要です。仮に離れていたとしても、電話やチャットで連絡を取ることは可能です。コミュニケーションを取る努力を心掛けるようにしましょう。

(3)性の不一致から不倫するケース

不倫や浮気をする人の中には精神的な問題ではなく、性的な欲求から不倫をするケースもあります。一般的にこうした衝動は男性特有のものと考えられがちですが、女性も性的な欲求から不倫や浮気に走る人はいます。

解決方法

もしもパートナーの欲求が満たされず浮気している場合、まずは問題を話し合うことが大切です。二人が愛し合う時間が少ないから問題が生まれているのか、別の不満が浮気を生み出しているのか知る必要があります。

性の不一致は離婚の原因にもなりうるものです。性生活は夫婦にとってのコミュニケーションでもあります。特に、夫婦の間に子供が生まれると、結婚生活の中心が夫婦から子供に移り、夫婦で向き合う機会は減っていきます。

育児は家庭を築く上で大切な要素です。出産前に夫婦で今後について話し合い、未然にトラブルを防ぐようにしましょう。

(4)異性として見れなくなり不倫するケース

夫婦生活が長くなるとパートナーを異性として意識できなくなるケースがあります。パートナーは大切な存在であっても、性愛の対象として見れなくなる場合があります。

解決方法

こうした問題を避ける上で欠かせないのは日常的な緊張感です。結婚後は男女共に家庭に安息を求めて気を抜きがちです。身なりに気を使わなくなったり、だらしない生活をおくっていると「異性」と言う感覚がなくなってしまいます。メリハリをつけることを忘れないようにしましょう。

(5)不倫をする気がなくても不倫に発展することも

不倫は自らが積極的に異性にアプローチして起こるとは限りません。逆に特定の異性から好意を寄せられることによって断りきれず、過ちを起こしてしまうケースもあります。

恋愛をたくさん経験してきた人の中には、異性を落とす術を心得ている人もいます。こうした人にアプローチされた場合、仕事の相談やグループで遊びに出かけたりしている内に気がつけば不倫関係に陥っていたということがあります。

このような不倫は特にあまり多くの異性と付き合ってこなかった真面目な人に多いため、一度関係を持ってしまうと泥沼になることもあります。

解決方法

異性からの積極的なアプローチは防ぎがたいものです。このようなケースは夫婦の間で特定のルールを設けておくことで問題が深刻化するのを防ぐことができます。例えば異性の相談にのる際は事前にパートナーにその旨を伝えることや、遅くなる場合は帰宅時間を伝えるなど、夫婦間での決め事を設けておくといいでしょう。

また、結婚は夫婦だけの関係で成り立つものではなく、お互いの親族の結びつきです。恋愛とは違い、社会的な責任を背負っています。その結びつきを再認識するだけでも浮気予防につながります。正月やお盆などはお互いの家族と過ごす時間をとり、親族との結びつきを強くしていきましょう。

(6)刺激を求めて不倫するケースは多い

夫婦関係がマンネリ化してくると、刺激を求めて不倫するケースは多くあります。こうした不倫はそもそも本気ではないため、離婚してまで遊びを続けたいとは思ってはいません。単なる火遊びである場合がほとんどです。しかし、中には火遊びが常態化し、何度も繰り返してしまう人もいます。

解決方法

常態化したパートナーの火遊びを防ぎたい場合、軽度なお遊びであったとしても問題の深刻さを認識させることが大切です。このようなケースは言葉と行動で自分の気持ちをしっかりと伝えるようにしましょう。

特に子供がいる場合、いかにパートナーが不倫を許せたとしても、子供の精神面に大きな打撃を与えてしまうケースがあります。不倫は夫婦間だけでなく、家族や親族までマイナス影響を与えるものであることを理解するようにしましょう。

まとめ

不倫の原因はパートナーのせい!?6つの原因と解決方法!

今回は不倫の原因と解決方法についてみてきました。不倫の原因は様々ですが、事前に予防することは可能です。

お互いがお互いにとってのパートナーであることを再認識し、歩み寄る姿勢を忘れないようにしましょう。みなさんの夫婦生活がうまくいくことを願っています。