離婚したいけど離婚が出来ない!どうすればいいの?

離婚したいけど離婚が出来ない!どうすればいいの?

離婚をしたいけど、相手が応じてくれない、離婚後の生活が不安などといった理由で離
婚が出来ないという方は多いと思います。何故離婚が出来ないのかという原因をハッキ
リさせてその解決策を考えてみましょう。
今回は、よくある離婚が出来ない原因とその解決策についてお話したいと思います。

1.よくある離婚できない原因や理由

夫婦

離婚をしたいけど出来ないといった方には何かしらの原因や理由があります。その中か
らよくある原因や理由をご紹介していきます。

(1)離婚後の生活が不安

専業主婦をしていたり、非正規雇用で働いている女性に多いのですが、離婚をしてしま
うと、経済面で生活が出来なくなるのではないかといった不安があり、離婚を決意できな
いという問題があります。それに加えて子供がいるとなると、自分の生活だけではなく、
子供を養っていかなければならないといった責任も生まれてきます。社会と長く離れてい
て、子供もいるとなれば、就職先を見つける事はかなり困難になります。やはり、離婚に
おいて、離婚後の生活というのは大きな壁となるでしょう。

(2)配偶者が離婚を拒否している

離婚というのは相手に法的な責任がなければ、必ず相手の同意が必要になります。夫
婦間での話し合いで、配偶者が同意をすればいいのですが、拒否した場合は調停を申
し立てたり、場合によっては裁判もしなければなりません。調停や裁判は精神的な負担
が大きく、生活にも支障をきたしてしまいます。それに加えて、調停や裁判は費用がか
かりますし、貴重な時間も取られる事になり、決して楽なものではありません。

(3)自分に法的責任がある

法的に夫婦関係の破綻の原因を作った側を有責配偶者といいます。この有責配偶者か
ら離婚を求めた場合、相手の同意がなければ、たとえ裁判をしたとしても、離婚は認め
られません。その為、相手側を説得する必要があるので、離婚が大変困難になります。

(4)子供の教育や将来が心配

子供がいる場合は、子供の教育上良くないのではないかと考える人が多いのではない
でしょうか。夫婦仲が悪くても、子供には関係ありません。離婚をする事で、親権がない
側に会えなくなるというのは子供にとってはとても大きなストレスになってしまう事もあり
ます。さらに、引越しをしなければならなくなれば、転校など子供の環境まで変わってし
まいます。その為、子供の為を想って、離婚を踏みとどまる方も数多くいます。

(5)世間体が気になる

最近ではあまり気にする方も少なく、世間的にも昔ほどは悪く思われませんが、まだま
だ世間体が気になるという方もいます。特に女性は名字が変わりますし、周りに知られ
やすくなっています。子供がいれば、名字が変わったことで噂になったり、いじめられな
いかなど心配でしょう。
ではこれらの問題を解決して、離婚を決断するにはどうすればいいのでしょうか。1つず
つ解説します。

2.離婚後の生活を安定させる

shutterstock_318787385

(1)離婚に向けて貯金をする

離婚がしたいと思い始めた時点で貯金を作っておきましょう。離婚をすると、引越しなど
費用がかさみます。専業主婦ならパートを始めてみる、節約をするなど、工夫をして離
婚に向けてのお金を確保しておきましょう。

(2)離婚をすると貰えるお金を知っておく

・財産分与

財産分与とは、婚姻中に夫婦が協力して築いた財産の事です。離婚をすると、婚姻関
係を破綻させた責任などに関わらず、財産分与が行われます。これは夫婦の貢献度に
もよりますが、基本的には半分ずつという事になります。
しかし、婚姻前から持っていた物や、貯金は財産分与の対象にはならない為、注意が必
要です。こういった事を踏まえて、夫婦の財産がいくらあるのか、財産分与の対象となら
ない物はなにか、相手に隠し財産が無いかなど、しっかり調べておく必要があります。

・慰謝料

相手に婚姻関係を破綻させた法的な責任がある場合、離婚をすると慰謝料を請求でき
ます。離婚原因として認められるのは、不貞行為や家庭内暴力など法的に定められて
いるものだけなので、性格や考え方が合わないなどといった理由では、慰謝料を請求す
ることは出来ないので注意しましょう。

・婚姻費用

婚姻費用というのは、婚姻中に別居をした場合に、収入の少ない側が多い側に請求で
きる費用です。これは別居をしている時の生活費で、別居をしていたとしても、相手側に
生活費を請求できます。これは家庭裁判所が公開している基準もあるのであまり揉める
事はありません。婚姻費用は子供の数やお互いの収入などによって決められる事にな
ります。家庭裁判所が公開している、婚姻費用の算定表を見れば、あなたがどのくらい
請求できるのかがわかります。

・養育費

子供がいて、親権を獲得した場合、相手側に養育費を請求できます。これも家庭裁判所
が公開している基準があるので見ておくと良いでしょう。しかし、養育費が決まっても、払
わなくなる人もいるので、そういった場合の対処法もしっかりと確認しておきましょう。

・自治体の支援

離婚をして、親権を獲得した場合、母子家庭や父子家庭を対象とした支援を行っている
自治体があります。これは、自治体によって、どういった支援があるのか、又その金額も
様々なので、一度確認しておくと良いでしょう。
金銭面の支援だけではなく、家賃の安い公営住宅に優先的に入居する事が出来るなど
、様々なメリットがあります。

3.相手が離婚を拒否している場合

悩み

(1)法的責任があるか

相手が離婚を拒否していて離婚が出来ないといった状況の時に一番重要なのが、法的
に責任があるのかという事です。相手が法的責任のある有責配偶者だった場合は、ど
れだけ拒否していても、裁判を起こせば必ず離婚は成立します。しかし、いきなり裁判を
起こす事は出来ず、まずは夫婦間での話し合いをした後に、離婚調停を行います。離婚
調停は大きなストレスがかかりますが、最終的には離婚が成立するという事を頭におい
て、しっかりと対応しましょう。
尚、相手が有責配偶者なのかどうかわからないといった場合には弁護士に相談すると
良いでしょう。

(2)なぜ離婚を拒否されるのか

相手が有責配偶者ではなかった場合は、離婚が難しくなります。相手が有責配偶者で
はない場合、相手が同意しない限りは離婚が出来ない為です。そういった時は、まず相
手が何故離婚をしたくないのか考える必要があります。拒否をしている理由は大きく2つ
に分けられます。
1つは離婚自体をしたくないといった理由です。これはまだ愛情がある、子供に悪影響
を与えてしまう為離婚をしたくない、等といった理由です。
2つ目は離婚条件に納得がいかないといった理由です。この場合は、あなたが離婚条
件について譲歩をしたり、条件を飲んでもらえるように説得をすれば、離婚に合意しても
らえるでしょう。
しかし、1つ目の場合は相手をどうにかして説得しなければなりません。離婚をしたいの
はわかりますが、焦ってはいけません。相手は離婚をしたくないわけですから、何度も離
婚の話をされると、話をする事自体嫌になってしまい、逆効果です。しかも相手は離婚を
したくないと主張しているのにも関わらず、離婚の話を強引に進められると嫌な気持ち
になってしまいます。その為、ゆっくりと相手の言い分もしっかり聞いて話し合う事によっ
て、相手の気持ちを徐々に軟化させる必要があります。冷静な話し合いを重ねるか、離
婚調停を申し立てて、第三者である調停委員を含めた話し合いをするなどして、対応し
ましょう。

4.自分が有責配偶者である場合

基本的には有責配偶者からの離婚請求は認められない為、この場合はかなり離婚が難
しくなります。しかし、例外があります。
例外としては、別居期間が長い、未成年の子供がいない、離婚をする事によって相手が
過酷な状況に置かれないといった点を全て満たす場合です。
3つの点を満たしていない場合でも、3つの点を満たせば離婚が認められるという事を
相手に説明する事によって、離婚の同意を引き出します。その場合は、離婚条件に何
かしらの譲歩が必要となるでしょう。

5.子供が心配で離婚できない場合

離婚をすると子供の環境が変わってしまいます。名字が変わってしまったり、転校をしな
くてはならなくなるでしょう。それに、親権がない側の親にも会う機会が限られるなど、と
てもストレスになってしまいます。
自分が今の状況に耐えられるのか、今後のことも含めてゆっくりと考えてみましょう。子
供の事が気になるのはわかりますが、今の生活を10年20年と続けられるなら離婚をし
なくてもいいでしょうが、そのストレスによって子供に強く当たってしまうなど、悪影響を与
えかねない状況なら、離婚をしたほうが良いでしょう。

6.世間体が気になる

特に女性は、離婚をすると名字が変わってしまいます。その為、周りに離婚をした事が
知られてしまう事になります。その為、離婚を踏みとどまるといった方がいます。しかし、
子供が心配な場合と同様に、自分が今の環境に耐えられるのかどうかです。冷静に分
析し、天秤にかけましょう。

まとめ

今回はよくある離婚が出来ない理由や原因を紹介しました。現在悩んでいる方も多いと
思います。そういった方に参考にしてもらえれば嬉しいです。

離婚したいけど離婚が出来ない!どうすればいいの?